本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の届出・税の中の市税の中の個人市・県民税の中の税制改正についての中のふるさと納税(ワンストップ特例)についての中の寄附金税額控除
印刷用ページを表示する
 

寄附金税額控除

平成21年度分の市・県民税から適用します

対象となる寄附金

寄附金税額控除額の求め方

(1)基本控除額

寄附金の合計額 と 総所得金額等×30%の額 とのいずれか少ない方の金額…A
基本控除額 = {Aの金額−2千円(注1)} × 10%
(10%の内訳;都道府県民税:4%、市区町村民税:6%)

(2)特例控除額

都道府県、市区町村に対する寄附金については、以下の特例控除額が基本控除額に加算されます。
特例控除額={都道府県、市区町村に対する寄附金−2千円(注1)} × {90%−所得税の限界税率(注2)×1.021(注3)}

※特例控除額の上限は市・県民税所得割額の2割(注4)

(3)申告特例控除額

「ふるさと納税ワンストップ特例制度(注5)」が適用される場合は、所得税における控除額に代えて以下の申告特例控除額が加算されます。
申告特例控除額=特例控除額×所得税の限界税率×1.021(注3)÷{90%−所得税の限界税率×1.021(注3)}


(注)
1.平成24年度分(平成23年中に寄附をしたもの)から2千円に変更されました。
 平成23年度分までは5千円でした。
2.平成28年度分(平成27年中に寄附をしたもの)から、寄附金税額控除に係る特例控除額の算定に用いる所得税の限界税率を、課
 税所得4,000万円超の場合は45%とすることになりました。
3.平成26年度分(平成25年中に寄附をしたもの)から復興特別所得税率(2.1%)を乗じて得た率に変更されました。
4.平成28年度分(平成27年中に寄附をしたもの)から2割に変更されました。
 平成27年度までは、特例控除額の上限は市・県民税所得割額の1割でした。
5.平成27年4月1日以後に確定申告不要な給与所得者等が地方団体へ寄附(ふるさと納税)をした場合、寄附先団体へ申請を行う
 ことによって、所得税の確定申告を行わなくても、所得税・個人住民税の控除を受けられる制度です。

・総務省のホームページ「ふるさと納税 ポータルサイト」
・金沢市文化の人づくり応援寄附金(ふるさと納税)
 

問い合わせ先

総務局 市民税課
電話番号:076-220-2161
FAX番号:076-220-2154
shiminzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。