本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の届出・税の中の市税の中の個人市・県民税から市・県民税の申告について
印刷用ページを表示する
 

市・県民税の申告について

1. 申告が必要な方

  • 1月1日(賦課期日)に金沢市にお住まいの方で、前年の1月から12月までの期間に次のような所得のあった方や所得控除を受けようとする方。
  1. 営業等、農業、配当、地代、家賃、公的年金等以外の雑所得、一時所得などの所得があった方
  2. 給与所得のあった方で、次に該当する方
    ア 給与所得以外の所得があった方(給与所得以外の所得が20万円以下の場合、所得税の確定申告は必要ありませんが、市・県民税では、これらの所得も給与所得と合わせて申告が必要になります。)
    イ 「源泉徴収票」に記載のない控除(医療費控除、生命保険料控除、扶養親族等)を受けようとする方
  3. 公的年金等の収入のあった方で、次に該当する方
    ア 公的年金等の収入以外の所得があった方(公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、それ以外の所得が20万円以下の場合、所得税の確定申告は不要ですが、市民税・県民税では申告が必要です。)
    イ 「公的年金等の源泉徴収票」に記載のない控除(医療費控除、生命保険料控除、扶養親族等)を受けようとする方

    ※所得がない方でも児童手当、保育所の入所、公営住宅入居の申込などの各種申請や国民健康保険料の軽減措置を受けるために申告が必要な場合があります。
    ※その他、税務署で確定申告が不要とされた方でも、市・県民税の申告が必要な場合があります。

     

2. 申告をしなくてもよい方

  1. 税務署へ所得税の確定申告書を提出される方
  2. 給与所得のみで、勤務先で年末調整を受けられた方
 ※上場株式等の配当・譲渡所得に関して所得税と異なる課税方式を選択する場合は申告が必要です。詳しくはこちら

 

3. 申告に必要なもの

  1. 市・県民税申告書 (市・県民税申告書のページからダウンロードできます。)
  2. 印鑑(認印可)
  3. 個人番号(マイナンバー)確認書類
  4. 本人確認書類
  5. 給与所得者は、給与所得の源泉徴収票又は支払者の証明書(給与の支払金額が分かる書類)
  6. 年金所得者は、公的年金等の源泉徴収票
  7. 事業所得者及び不動産所得者、その他の雑所得がある方は、収支内訳書(収入及び必要経費を計算できる書類)
  8. 所得控除を受ける場合はその証明書等
雑損控除 支払事実を証する書類、災害関連支出の明細書
医療費控除 医療費控除等の明細書
対象となる医療費については、国税庁のホームページをご覧ください。
社会保険料控除 国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料、その他社会保険料の支払金額が分かる書類
例)国民年金保険料控除証明書、国民健康保険料納付済額のお知らせ
生命保険料控除、地震保険料控除 保険会社発行の申告用控除証明書
寄附金控除 寄附金の受領証
対象となる寄附金については、寄附金税額控除のページをご覧ください。
障害者控除 障害者手帳等の証明書
勤労学生控除 在学を証明する書類(学生証等)

国外に居住する親族について扶養控除を受けられる方はこちらをご覧ください。

 
平成29年度から個人番号(マイナンバー)の記載が必要です
 
申告書に、個人番号を記載のうえ提出してください。
 ご提出の際、個人番号(マイナンバー)の確認と本人確認を行うため、下記【1】又は【2】の提示が必要です。
 【1】「個人番号カード(マイナンバーカード)※1」
 【2】「通知カード※2」又は「個人番号が記載された住民票の写し」及び「本人確認書類※3」のうち1点
   ※1 写しの場合は両面必要
   ※2 住民票の記載事項と一致している場合に限る
   ※3 運転免許証、写真付き住基カード、在留カード、身体障害者手帳、
      パスポート、保険証、年金証書、学生証(写真付)、運転経歴証明書等
  ※郵送で提出される場合は、写しを添付してください。

問い合わせ先

総務局 市民税課
電話番号:076-220-2161
FAX番号:076-220-2154
shiminzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。