本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の金沢の伝統文化から狂言のmovie
印刷用ページを表示する
 

狂言のmovie

テレビ金沢'98.1.11放送から
movieをご覧になるには、QuickTimeのPlug-inが必要です。

狂言は能と同じく舞と謡を基本とし、能舞台で能と交互に上演されてきたため、能の影響を受けて発展しました。しかし、能にはないせりふによる演技が加わり、より写実的です。
演目には「おかし」、つまり格調高い笑いや楽しさを主題とした庶民的なものが多く、楽しくわかりやすいという点から、広く親しまれてきました。
藩政時代、前田利家は能・狂言を奨励し、五代藩主綱紀の頃から金沢では和泉流が主流となりました。その後、和泉流の東京進出に貢献した野村与作など、多くの実力者を排出しています。全国的にも、金沢出身の五世野村萬斎の流れにより占められた金沢三宅派が主流となっていきました。

問い合わせ先

経済局 営業戦略部 観光政策課
電話番号:076-220-2194
FAX番号:076-260-7191
kankou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。