本文へジャンプ

子どもデザイン教室

アイデア×デザイン=ものづくり

「自分のアイデアをどうやって表現する?」
金沢市では、小学生を対象として「アイデア」を「デザイン」する教室を開催します。
コースは全部で3つ。
デザインの専門家である金沢美術工芸大学の先生から直接指導を受けられる教室です。 
 
日時:平成30年8月4日(土)・5日(日)いずれも9:00~12:00
対象:小学4~6年生
場所:コースにより、ITビジネスプラザ武蔵4F(武蔵町14-31)
   または金沢美術工芸大学(小立野5-11-1)
料金:無料
申込:こちらよりお申込みください。(締切7月25日(水))

※お申込みをキャンセルされる場合は、必ずご連絡ください(TEL:076-224-6340)
 

チラシ

■自分の掛け時計をつくろう


真空成形機を使ってオリジナル掛け時計をつくります。
あらかじめ用意された厚紙の上に、自分の好きなモチーフを厚紙で切って載せて型紙を作ります。
プラスチックのシートを熱で熱して型紙の上に載せて、バキュームで型紙とプラスチックシートの間にある空気を吸い出すと、プラスチックが型紙と同じ形に成形されます。
完成したシートの必要な箇所をハサミで切り出し、時計ムーブメントを取り付けて完成です。

金沢美術工芸大学(小立野5-11-1)


筆記用具(鉛筆、消しゴム)、定規、ハサミ、汚れてもよい服装、自分で厚紙を切ってデザインしたもの(大きさ25cm☓25cm以内、厚さ1~2mm程度)

各日20人

■飛び出す数字をつくろう


「折る」ことから生まれる新しい世界。
ただ一本の折り線を入れて「折る」だけで、平面の世界から次元の違う世界へと導いてくれます。
伝統的な「折り」をモダンデザインの観点から捉え直し、立体造形の基礎を養います。

ITビジネスプラザ武蔵4階(武蔵町14-31)


筆記用具(鉛筆、消しゴム)

各日20人

■自分のマークをつくろう


まず、身の回りにある商品名などのネーミングの構造を学びます。
そしてシンボルマーク、ロゴタイプ、ロゴマークとはどんなものかを知ってもらいます。
これまでに作られたロゴマークに触れ、伝わりやすさ、センスの良さも感じてもらった後、自分の体には、実はアイデアの素が隠されていることを知ってもらい、その後、自分のロゴマークを作るためのアイデア出しを勉強し、オリジナルのロゴマークをつくります。

ITビジネスプラザ武蔵4階(武蔵町14-31)


筆記用具(鉛筆、消しゴム)

各日20人

本教室で作成した作品は、ITビジネスプラザ武蔵で1~2週間程度展示し、その後お返しする予定です。
当日は持ち帰れませんので、ご注意ください。
 

ページトップへ

問い合わせ先

経済局 産業政策課
電話番号:076-220-2204
FAX番号:076-260-7191
sansei@city.kanazawa.lg.jp