本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のビジネスの中の金沢のものづくりからみらいクリエイター養成塾
印刷用ページを表示する
 

みらいクリエイター養成塾

11月16日(土)、30日(土)の開催予定

〇加賀友禅の技法と伝統的デザインを学ぶ
 講師:毎田 仁嗣(毎田染画工芸)
 会場:毎田染画工芸
 第8回・第9回は、金沢の代表的な伝統工芸である「加賀友禅」がテーマです。手描き友禅体験を通じ、手仕事の魅力や伝統的な技法・デザインに触れます。

11月2日(土)の様子

〇最先端AI技術を体験
 講師:出村 公成(金沢工業大学ロボティクス学科教授)
 会場:金沢工業大学扇が丘キャンパス 23号館1階 パフォーミングスタジオ
 第7回は前回に引き続き、金沢工業大学を会場に、自分が組み立てたロボットを用いた「ロボットサッカー大会(ロボカップジュニア KITノード大会2019)」を開催しました。
 午前中にロボットへのプログラミング手法を学んだあと、チームに分かれ、午後の大会に向けたプログラミングを行いました。
 午後の大会は、白熱した試合が繰り広げられ、得点が入った際の小学生の笑顔が印象的でした。

11月2日様子1

11月2日様子2

10月22日(火・祝)の様子

〇最先端AI技術を体験
 講師:中沢 実(金沢工業大学情報工学科教授)
 会場:金沢工業大学扇が丘キャンパス 6号館1階 演習室
 第6回は会場を金沢工業大学に移し、最先端AI技術に触れる体験会を開催しました。
 最近のAI事情について講義を受けた後、AIを活用した画像認識技術について演習を行いました。
 講師だけでなく、サポートの学生スタッフにも気軽に質問しながら、演習を重ねる姿が多く見られました。
 
 

10月22日様子1

10月22日様子2

9月14日・15日・16日の様子

〇IT・プログラミングキャンプ(中・高校生)
 講師:ライフイズテック㈱
 第5回は中・高校生を対象に、3日間のIT・プログラミングキャンプを開催しました。
 塾生に加え、追加募集により参加した総勢30名が、Webデザイン、iPhoneアプリ開発、映像制作、デジタルミュージック、Unity®ゲームプログラミングの5つのコースに分かれ、担当メンターのもと、開発に取り組みました。

9月7日の様子

〇ハックフォープレイでゲーム制作(小学生)
 講師:寺本 大輝(ハックフォープレイ㈱代表取締役)
 第4回は小学生を対象に、金沢が誇る未踏スーパークリエイター 寺本 大輝氏を講師に迎え、ハックフォープレイを題材に、JavaScriptによるゲーム開発を体験しました。
 講習会の最後には、他の塾生が開発したゲームの体験会を行い、交流を深めました。

受講風景1

受講風景2

8月19日の様子

〇デジタルアートで複合現実を体験
 講師:越野 亮(石川工業高等専門学校電子情報工学科准教授)
 第3回は、7月19日・20日に、金沢21世紀美術館において開催された、「金沢ナイトミュージアム」オープニングイベントを手掛けた、石川工業高等専門学校の越野氏を講師にお迎えし、実践講義とデジタルアートと複合現実の体験会を行いました。
 最先端の技術に触れ、講師や現役の高専生に直接質問している塾生の姿もありました。

7月27日の様子

〇デザインの持つ意味や表現方法を学ぶ
 講師:寺井 剛敏(金沢美術工芸大学デザイン科教授)
    河崎 圭吾(同上)
 第2回は、金沢美術工芸大学の寺井・河崎両教授のもと、デザイナーが使う見立ての力「~~のように見える」を養うため、身近にある「石」のカタチから想像できる「車」を描くワークショップを開催しました。

ワークショップ風景1

ワークショップ風景2

7月20日の様子

〇開講式
 山野市長から、受講生一人ひとりに受講証を掛けていただきました。
 受講生代表として、2名の受講生が「誓いの言葉」を述べ、養成塾がスタートしました。

受講生集合写真

〇「みらいを創る!」時代認識と4つのエピソード
 講師:松田 孝(金沢市プログラミング教育ディレクター)
 第1回は、金沢市プログラミング教育ディレクターである、松田氏から、受講生・保護者に向けて講義が行われました。
 

松田ディレクターからの講義

〇デジタルアートで複合現実を体験
 金沢ナイトミュージアムオープニングイベントを体験

金沢ナイトミュージアムオープニングイベント

みらいクリエイター養成塾

キミとセカイの未来はここから始まる!
最先端のテクノロジーと金沢が誇る伝統・学術・文化
学んで掛け合わせて、新たなものを創り出そう!

みらいクリエイター養成塾チラシ表

みらいクリエイター養成塾チラシ裏

【募集対象】
 プログラミングやテクノロジー、ものづくりに興味がある
 金沢市内在住又は金沢市内の学校に通う小学4年生~高校3年生(高等専門学校は1~3年生)

【募集人数】
 小学生(4~6年生)    :20名
 中・高・高専生(1~3年生):20名
 ※応募多数の場合は抽選となります。

【募集要件】
 ①年間を通じて参加できる方
 ②会場に持参できるノートパソコンを所有している方

【開催期間】
 2019年7月~2020年3月

【会  場】
 ・ITビジネスプラザ武蔵(金沢市武蔵町14番31号)
 ・金沢工業大学(野々市市扇が丘7番1号)
 ・毎田染画工芸(金沢市本多町3丁目9番19号)

【受講費用】(実費相当分)
 小学生     10,000円/年間
 中・高・高専生 18,000円/年間
 ※受講費用は開講式当日(7/20)に納入して下さい。
 ※ご都合により、プログラムの一部に参加できない場合でも、受講費用は返却いたしませんので、ご了承下さい。

【応募方法】
 応募専用フォームから必要事項を入力し、応募して下さい。

【応募締切】
 令和元年7月5日(金)

【結果通知】
 7月10日(水)までに、登録いただいたメールアドレス宛に通知します。
 

ページトップへ

問い合わせ先

経済局 産業政策課
電話番号:076-220-2204
FAX番号:076-260-7191
sansei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。