本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のビジネスの中の金沢のものづくりからセミナー
印刷用ページを表示する
 

セミナー

金沢美大デザイン講座(デザイン入門セミナー・デザイン開発体験塾)

デザイン入門セミナー「これからのものづくりに必要なこと」

現在、世界中でサスティナビリティ(持続可能性)の考え方に関心が高まっています。デザ
インにおいても、環境に配慮した持続性のある製品開発が求められています。本セミ
ナーでは、金沢美術工芸大学の先生や大手企業の製品開発に関わる方の実例を基に分か
りやすく説明し、初めて学ぶ方でもデザインに関する理解を深めていただけます。
 
開催日時 令和3年9月27日(月)
午後2時00分~午後4時00分
募集期間 令和3年9月22日(水)まで
受講料 無料
会場 Zoom を利用したオンライン配信
対象 ものづくりに携わる企業経営者、企画開発者など
定員 30名
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

講座と申込書 (1,769kbyte)pdf
  

 デザイン開発体験塾「デザインワークショップで体験!企業間コラボレーションによるこれからのものづくり」(全5回講座)

金沢美術工芸大学の学生、講師陣と一緒に、製品開発のプロセスを学びます。ワークショップ
を通じて参加者同士がコラボレーションし、課題やその解決策について考え、製品企画を立
案し発表します。本講座では、ものづくりのプロセスにおけるデザインの重要性を理解し、企
画立案を体験することで、参加者の今後の経営や製品開発に活用していくことを目指します。
 
開催日時 令和3年10月12日から11月9日までの毎週火曜日(全5回)
各回とも午後2時00分~午後4時00分
募集期間 令和3年10月5日(火)まで
受講料 5,000円(5回分)
会場 金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
※第2回~第4回は自社からのリモート参加も可能です。
備考 Zoomを利用し、オンライン上で講師・学生とワークショップを行います。
※Zoomの利用に必要なPC等の機器についてはご自身でご準備ください。(事前にZoomのインストールをお願いします。)
対象 ものづくりに携わる企業経営者や企画開発者などで、金沢市内の事業所や
生産拠点にお勤めの方、又は金沢市内在住の方
5 回とも出席できる方
他の参加者とのコラボレーションに同意いただける方
定員 6名(申込多数の場合は抽選により決定します。1社あたり1名まで)
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

講座と申込書 (1,769kbyte)pdf
 

先端ものづくり技術交流セミナー

VOL.4~アフターコロナで自動車産業が目指すべき戦略~

2019年9月の国連主催の気候行動サミットにおいて、「パリ協定の目標である“産業革命以降の温度上昇2℃以下”では不十分であり、“1.5℃以下を必達目標”とすべき」と提示され、これを達成するため、多くの国が具体策を表明しました。また、昨年から新型コロナウイルスの蔓延により、経済は大きなダメージを受けていますが、これまで増え続けてきたCO2は、皮肉にも昨年8%の減少に転じています。まさにCO2削減が待ったなしの危機的状況の中で、すべての産業に早急な取り組みが求められています。自動車産業は100年に一度の大変革といわれる、CASE(ケース※1)やMaaS(マース※2)にも対応しなければなりません。
本セミナーでは、これらの環境課題、技術課題に今後どのような戦略で対応すべきか解説します。

※1「Connected(コネクテッド)」「Autonomous(自動運転)」「Shared & Services(シェアリングとサービス)」「Electric(電動化)」の頭文字をつなげたもの
※2「Mobility as a Service」の略で、直訳すると「モビリティはサービスと同じ」。意味合いは “移動”すること自体をサービスとしてとらえるという考え

 
演題・講師アフターコロナで自動車産業が目指すべき戦略
― CO2削減が待ったなしの中、CASE、MaaSにどう対応するか ―
 愛知工業大学 工学部 客員教授 博士(工学) 藤村 俊夫 氏
開催日時令和3年3月16日(火)14:00~16:00

※講演終了後、金沢市の補助事業(金沢市新製品開発・改良促進事業)を活用した製品開発の事例発表を行います。
 時間  講演終了後(16:00頃)~
 テーマ 発展していく医療現場に寄り添う歩行車のデザイン
 発表者 スギモト産業株式会社、金沢美術工芸大学
会場Zoomを利用したオンライン配信
※Zoomの環境がない方については金沢市ものづくり会館(金沢市粟崎町4丁目80-1)でスクリーンによる聴講も可能です。
参加費無料
申込方法参加申込書にご記入のうえ、FAXまたはEメールにてお申込ください。
申込締切:令和3年3月11日(木)
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191
詳細と申込書 (415kbyte)pdf

第2回キャリアアップセミナー(製造業の経営者・管理者のための基盤強化セミナー)

大規模自然災害や感染症流行のリスクに備える「事業継続計画策定ポイントセミナー」

台風や集中豪雨などの自然災害や新型コロナウイルスの感染拡大など、さまざまな不測の事態に対応するための事前対策の重要度が増しています。
今回のセミナーでは、そのような不測の事態に遭遇した場合の中核となる事業の継続、早期復旧を可能とするための計画づくりについて、策定方法、連携づくり、活用のポイントを分かりやすく解説します。
 
  • このセミナーは金沢市と中小企業基盤整備機構北陸本部、金沢商工会議所の共催で開催します。
 
演題(1)感染症の流行時や災害時における事業継続のポイントとは
(2)事業継続力強化連携計画の作成方法、支援施策について
開催日令和3年3月15日(月)14:00~16:00
会場金沢商工会議所 大会議室(金沢市尾山町9-13)
対象者・
定員
事業継続計画(BCP)、事業継続力強化計画、連続事業継続力強化計画の
策定をめざす中小企業・30名(先着順)
申込先・
申込方法
申込書に必要事項を記入のうえ、ファックス、メールでお申し込みください。
 申込締切 令和3年3月11日(木)11時
 申込先  中小企業基盤整備機構北陸本部 電話076-223-5546
 
 詳細や申込書はこちら(中小企業基盤整備機構北陸本部のホームページ)を
 ご覧ください。

先端ものづくり技術交流セミナー

VOL.3~マーケティングにおけるビッグデータの活用方法~

AIがバズワード(※)として世間を席巻してから数年が経過し、徐々にAI導入を検討する企業が増えてきています。しかし、目的と手段を履き違えたまま、AIツールを導入してしまうケースが散見されます。
AIをうまく活用するためには、データが最も重要です。正しくデータを集めて分析し、データに基づいたマーケティング戦略を立てることができれば、必ずしもAIを使わなくとも成果を出せる可能性もあり、データの正しい活用方法を学ぶことは非常に大切です。
本セミナーでは、そのようなデータ駆動型マーケティングの事例や手法などの先端技術のご紹介を交えつつ、集めなければならないデータとはどのようなものか、データを集めるとできることなどを分かりやすくお話しします。
※バズワード:それらしくは聞こえるが、実はあいまいな意味のまま世間に広まる言葉

 
演題・講師
  1. 「企業におけるデータ収集・分析・活用の基礎」
     北陸大学 経済経営学部 助教 藤本 雄紀 氏
  2. 「データに基づいたマーケティング活動を考える」
     北陸大学 経済経営学部 助教 日下 恭輔 氏                    
開催日令和3年3月2日(火) 14:00~16:30
会場Zoomを利用したオンライン配信
※Zoomの環境がない方については金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東 
    1400)でスクリーンによる聴講も可能です。
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

詳細と申込書  (386kbyte)pdf

マーケティングセミナー

コロナで変わるブランディング戦略と新たな販路開拓

新型コロナウイルス感染拡大・長期化の影響で、人々の消費行動は大きく変化しました。デジタル化が加速し、消費行動のど真ん中にオンラインが入り込み、それが新たな消費スタイルとなって私たちの生活の中に定着しつつあります。消費行動の変化にあわせて、生産者や商業者も、オンラインをベースとしたマーケティングを考えていくことが必要です。
本セミナーでは、コロナによって変化した消費行動と、ものづくりにおけるブランディング戦略、そして、製品の新たな販路開拓の手法であるクラウドファンディングについて分かりやすくお話しします。
コロナ禍の今、これからの企業経営に求められるマーケティングについて、一緒に考えてみましょう。
 
開催日令和3年3月1日(月) 15:00~17:00      
講師金沢学院大学 経済学部 経営学科 教授 大野 尚弘 氏            
会場Zoomを利用したオンライン配信
※Zoomの環境がない方については金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東 
    1400)でスクリーンによる聴講も可能です。
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

詳細と申込書  (305kbyte)pdf

キャリアアップセミナー(製造業の経営者・管理者のための基盤強化セミナー)

ECサイトを活用した販路開拓

金沢市では、ジェトロ金沢と連携して、製造業の皆様の基盤強化につながるテーマのセミナーを開催します。

「コロナ禍でどうやって海外に製品を売り込むか」
「対面での営業ができなくて困っている」


新型コロナウイルスの影響で、対面による営業、販路開拓等が大きく制限され、企業は変化への対応を余儀なくされています。
本セミナーでは、ECサイトを活用した国内・海外への販路開拓の手法について、基本的な知識やノウハウ、具体的事例を交えてわかりやすく解説します。

 
日時 令和3年2月19日(金) 14:00~16:00
会場 Zoomを利用したオンライン配信
[お申込みのメールアドレス宛にURLを送付します。]
定員 30名
[金沢市またはその近郊(石川県内に限る)に事業所がある方が対象です。]
テーマ ECサイトを活用した販路開拓
講師 山田 彰彦 氏
 ジェイグラブ株式会社 代表取締役
 JETRO新輸出大国コンソーシアム
 基準・認証/越境EC等分野 専門家
概要 ■ECサイトとは?
 インターネット上で商品を販売するウェブサイトです。
 海外の消費者に商品を販売できる越境ECサイトもあります。
 これらの活用方法についてわかりやすく解説します。
■中国の状況は?東南アジア、欧米は?
 世界各国におけるECサイト活用の最新事情を紹介します。
■BtoBもBtoCも
 ECサイトはBtoCだけではなくBtoBでも活用されています。
 様々な活用事例を紹介します。 
■海外展開支援の紹介
 ジェトロ金沢で行っている企業向け支援メニューを紹介します。
申込方法・締切 参加申込書にご記入のうえ、FAXまたはEメールにてお申込ください。
申込締切 : 令和3年2月16日(火)17:00まで
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1丁目1番1号
金沢市商工業振興課
E-mail:syoukou@city.kanazawa.lg.jp
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

先端ものづくり技術交流セミナー

VOL.2~地域産業活性化に向けた再生可能エネルギーの活用~

金沢工業大学地方創生研究所と株式会社成宏電機は、産学連携により、太陽光発電や風力発電、バイオマスシステム等の、熱と電気の再生可能エネルギーを活用して地産地消を実現する、エネルギーマネージメントシステムの研究開発及び実証実験を行っています。
本セミナーでは、再生可能エネルギーを活用した地産地消のありかたや、金沢工業大学・白山麓キャンパスでの実証実験などの実装事例や産学連携の取り組みについて紹介します。
 
演題・講師
  1. 「再生可能エネルギーと地産地消」
    金沢工業大学 工学部電気電子工学科 教授  泉井 良夫 氏
  2. 「再生可能エネルギーに関する産学連携の社会実装型取組事例」
    株式会社成宏電機 代表取締役
    金沢工業大学 地方創生研究所 主任研究員  夏梅大輔 氏                     
開催日令和2年10月28日(水) 14:00~16:30
会場Zoomを利用したオンライン配信
※Zoomの環境がない方については金沢市ものづくり会館(金沢市粟崎町4-80-1)で スクリーンによる聴講も可能です。
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

詳細と申込書  (420kbyte)pdf

先端ものづくり技術交流セミナー

VOL.1~次世代ロボット技術による生産システム~

近年、第4次産業革命の進展に伴い、工場等での作業効率化のためロボットの導入が進んでいますが、ロボットに意図したとおりに作業をさせるためには、大きな労力がかかります。
今回のセミナーでは、細かな動作指示を行わなくても、ロボットが自分で考えて動作を制御することができる、AI(人工知能)を活用した次世代のロボット技術による生産システムの開発について、金沢大学と株式会社デンソーの取組を紹介します。
 
演題・講師
  1. 「機械学習を用いた作業動作生成と組立作業システムの開発」
    金沢大学 理工研究域フロンティア工学系 准教授 辻 徳生 氏
  2. 「ディープラーニングのロボット分野への応用と今後の展望」
    株式会社デンソー AI研究部・AIエンベデット研究室            
                       課長 尾崎 智章  氏
開催日令和2年10月8日(木) 14:00~16:30
会場Zoomを利用したオンライン配信
※Zoomの環境がない方については金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)で スクリーンによる聴講も可能です。
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

詳細と申込書  (374kbyte)pdf

金沢美大デザイン講座(デザイン入門セミナー・デザイン開発体験塾)

デザイン入門セミナー「今から始めるデザイン経営」

2018年に経済産業省・特許庁が発表した「デザイン経営」宣言を契機として、現在、「デザイン」の考え方を企業経営や製品企画に取り入れることに関心が高まっています。
本セミナーでは、プロのデザイナーや金沢美術工芸大学の先生が分かりやすく説明し、初めて学ぶ方でも、デザインに関する理解を深めていただけます。
 
開催日時 令和2年9月25日(金)
午後2時00分~午後4時00分
募集期間 令和2年9月23日(水)まで
受講料 無料
会場 金沢市異業種研修会館
対象 ものづくりに携わる企業経営者、企画開発者など
定員 30名
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

詳細と申込書 (3836kbyte)pdf
  

 デザイン開発体験塾「デザインワークショップで学ぶ!みんなで考えるウィズコロナ時代の製品企画」(全5回講座)

金沢美術工芸大学の学生、講師陣と一緒に、製品開発のプロセスを学びます。ワークショップを通じて、参加者同士が課題やその解決策について考え、製品企画を立案し発表します。
本講座では、ものづくりのプロセスにおけるデザインの重要性を理解し、企画立案を体験することで、参加者の今後の経営や製品開発に活用していただくことを目指します。
 
開催日時 令和2年10月13日から11月17日までの毎週火曜日
(11月3日をのぞく全5回)
各日とも午後2時00分~午後4時00分
募集期間 令和2年10月6日(火)まで
受講料 5,000円(5回分)
会場 金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
※第2回~第4回は自社からのリモート参加も可能です。
備考 Zoomを利用し、オンライン上で講師・学生とワークショップを行います。
※Zoomの利用に必要なPC等の機器についてはご自身でご準備ください。(事前にZoomのインストールをお願いします。)
対象 ものづくりに携わる金沢市内の企業経営者や企画開発者で5回とも参加できる方
定員 6名(申込多数の場合は抽選により決定します。1社あたり1名まで)
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1-1-1
金沢市商工業振興課
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

詳細と申込書 (3836kbyte)pdf
 

マーケティングセミナー

組織成長のためのマーケティング

企業を取り巻く環境が激しく変化する中で、企業が継続的に利益を上げ、生き残っていくために、マーケティングの重要性がますます高まっています。さらに、近年では、企業のほか、自治体、病院、美術館などさまざまな組織にも応用されています。
本セミナーでは、マーケティングの基礎について解説するとともに、製品開発、事業開発について実務家の講師からお話を伺い、ディスカッションを行います。本セミナーを起点として、組織成長のための仕組みづくりを考えていきましょう。
 
演題・講師
  1. 「基礎から学ぶマーケティング」
    金沢星稜大学 副学長 経済学部・経営戦略研究科
     教授 岸本 秀一  氏
  2. 「成長のための製品開発・事業開発」
    株式会社ぶどうの木 代表取締役会長 本 昌康  氏
  3. ディスカッション                                           組織の成長のための製品・サービスの開発について、講師2人が参加者のみなさんとともにディスカッションを行います。
開催日令和2年2月25日(火) 14:00~17:00
会場金沢市異業種研修会館
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-0377
金沢市打木町東1400番地
金沢市異業種研修会館
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

詳細と申込書   (319kbyte)pdf

先端ものづくり技術交流セミナー

VOL.3~振動発電による電池不要IoTとその活用法~

機械や自動車を始めとした身近なものの振動や動きから発電を行う振動発電の技術により、電池を必要としない(電池フリー)無線センサシステムやIoTが実現し、生産機械・工作機械・電力設備の予兆保全やインフラ(橋梁など)の維持管理システム、見守り・防犯・防災など様々な分野で利用できます。
本セミナーでは、磁気により物体の形状が変化する現象を利用した磁歪(じわい)振動発電を行う
デバイスの概要や電池フリー無線センサシステムの活用法について解説します。
 
演題・講師
  1. 「磁歪振動発電デバイスの概要」
    金沢大学 理工研究域 電子情報通信学系 准教授 上野 敏幸 氏
  2. 「電池フリー無線センサシステムの活用法」
    金沢大学 理工研究域 電子情報通信学系 研究員 北 翔太 氏
開催日令和2年1月30日(木) 14:30~17:00
会場金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-0377
金沢市打木町東1400番地
金沢市異業種研修会館
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

詳細と申込書 (307kbyte)pdf

第3回 製造業の経営者・管理者のための基盤強化セミナー

今だから知りたい! IoT・ロボットでの業務改善

金沢市では、石川県鉄工機電協会と連携して、製造業の皆様の基盤強化につながるテーマのセミナーを開催します。

「ロボットの導入って高いんでしょ?」
「うちは小規模だからIoTなんて関係ない」
「というか、そもそもIoTっていったい何?」


機械分野だけでなく、食品、印刷など多くの分野で生産性向上への近道となる、IoTやロボット。でも、言葉はよく聞くけれども実はよく知らない、そんなことありませんか?
ここ数年、大規模な企業でなくとも、IoTやロボットを導入し、生産性を高めている企業が増えてきました。
この講演では、「IoTとは何か」から始まり、「IoT・ロボットの活用方法」や「小規模な企業での導入事例」を初心者にもわかりやすく解説します。


※食品製造、印刷業など、業種を問わずご参加いただけます!
 
日時令和2年1月15日(水) 15:00~17:00
場所金沢市ものづくり会館 第1研修室(金沢市粟崎町4丁目80-1)
テーマ今だから知りたい!IoT・ロボットでの業務改善
講師金谷 智昭 氏
(ロボコム株式会社 取締役、スマートものづくり応援隊アドバイザー)
概要■そもそもIoTって何ですか?
 IoTの基礎や便利なところを、初めてでもわかりやすく解説します。
■IoT・ロボットを業務改善に活かす手法
 経済産業省事業の導入支援アドバイザーならではの活用手法を紹介します。
■小規模な企業によるIoT活用の事例
 実際にIoTを導入した小規模な企業の事例をご紹介します。
■スマートものづくり応援隊のご紹介
  IoT・ロボットの導入をサポートする仕組みをご紹介します。
申込方法・締切参加申込書にご記入のうえ、FAXまたはEメールにてお申込ください。
申込締切 : 令和2年1月10日(金)
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1丁目1番1号
金沢市商工業振興課
 工業振興係
E-mail:syoukou@city.kanazawa.lg.jp
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

企業向け大学等シーズ発表会

「ものづくりの道をひらく」~企業と大学・高専の出会いの場~

 金沢市及び近郊の高等教育機関がシーズやデザイン、マーケティングなど様々な研究内容や産学連携による取り組みの事例などを発表します。
 各大学・高専の研究者、産学連携担当者との交流による、新たなビジネス展開につながるチャンスをお見逃しなく!
 
発表内容の一例熱可塑性炭素繊維複合材料、AI・IoT・5Gの活用、文化資源PRのツール開発、いろいろ使える兼六芋、各校の産学連携事例紹介、イノベーション人材育成 など

※詳細は、金沢市産学連携ネットワークのホームページ(下記参照)をご覧ください。
開催日令和元年11月27日(水) 14:00~17:00
申込締切令和元年11月26日(火)
会場ITビジネスプラザ武蔵(金沢市武蔵町14-31)
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-0377
金沢市打木町東1400番地
金沢市異業種研修会館
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

詳細と申込書 pdf
 

中小企業大学校 サテライト・ゼミ

チームを率いる管理者の業務改善の進め方

2019/11/11 申込受付を締め切りました。

金沢市では、中小企業大学校の質の高い講義を金沢市内で受講できる「中小企業大学校 サテライト・ゼミ」を開催します。
中小企業大学校で研修を受ける場合は瀬戸校(愛知県)または三条校(新潟県)まで出張しなければなりませんが、このサテライト・ゼミは金沢市内で受けられる絶好の機会です。
ぜひ、ご参加ください。

チームを率いる管理者の業務改善の進め方
~利益向上につながる業務プロセスの改善~


この研修では、現状では問題視されていないムリ、ムラ、ムダについて考え、改善を効率的に進めるノウハウや手法を講義と演習を交えながら学びます。また、業務プロセスの改善方法について自社内でで実践するための行動計画を作成し、会社全体の利益向上につなげます。
 
日時令和元年11月19日(火)~21日(木)(3日間)
場所ITビジネスプラザ武蔵 第1研修室
(金沢市武蔵町14-31 めいてつエムザ4F)
受講対象者中小企業・小規模企業の管理者、新任管理者等
定員15名(先着順)
受講料29,000円
※本市内で製造業等を営む企業には受講料の一部を助成する制度があります。
 詳細はこちらをご覧ください。
申込方法参加申込書にご記入のうえ、以下あてFAXにてお申込ください。
お問い合わせ・申込
 
■研修についてのお問い合わせ、お申込み
 中小機構北陸本部
 中小企業大学校 金沢キャンパス
 研修担当
 TEL:076-223-5573
 FAX:076-223-5762 

■受講料の助成制度についてのお問い合わせ
 金沢市商工業振興課
 工業振興係
 E-mail:syoukou@city.kanazawa.lg.jp
 TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

第2回 製造業の経営者・管理者のための基盤強化セミナー

自社の本当の姿が分かる決算書の読み方

金沢市では、中小機構 北陸本部と連携して、製造業の皆様の基盤強化につながるテーマのセミナーを開催します。

「会社の決算は税理士お任せで決算書が読めない」
「決算は黒字だがいつも資金繰りが苦しい」


そんな経営者は必聴!

決算書は財務面から企業経営を読み解くための重要なツールです。自社の姿を正しく見極めるためにも決算書の仕組みを理解し、その情報を企業経営に活かしていかなければいけません。
この講演では、「決算書とは何か」から始まり、「決算書の仕組み」「経営に活かすポイント」をモデルケースを交えながら、初心者にもわかりやすく解説します。
 
日時令和元年10月24日(木) 15:00~17:00
場所金沢市ものづくり会館 第1研修室(金沢市粟崎町4丁目80-1)
テーマ自社の本当の姿が分かる決算書の読み方
講師土屋 晴行 氏(公認会計士、中小企業診断士)
概要■経営者として知るべき決算書の内容
■決算書の数字の流れやつながり
■決算書から経営体質を読み取る基礎知識
■キャッシュフロー経営とは ほか

※モデルケースを用いた解説・演習があります。
 「電卓」、「ノート」をご持参ください!
申込方法・締切参加申込書にご記入のうえ、FAXまたはEメールにてお申込ください。
申込締切 : 令和元年10月23日(水)
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1丁目1番1号
金沢市商工業振興課
 工業振興係
E-mail:syoukou@city.kanazawa.lg.jp
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

先端ものづくり技術交流セミナー

VOL.2~ICT・RTによる次世代型営農システムの開発~

本セミナーでは、石川県白山市のいちご観光農園「いちごファームHakusan」において、金沢工業大学地方創生研究所と北菱電興株式会社が産学連携により行っている、ICT・IoT・RT(ロボット技術)などを活用した、いちご栽培の生産性向上・省力化等に向けた取り組みの実践事例等について紹介します。
 
演題・講師
  1. 「作業支援ロボットの開発と農業支援に向けた取り組み」
    金沢工業大学 工学部 ロボティクス学科 教授 竹井 義法 氏
  2. 「『いちご』栽培に係るICT・IoTの活用事例紹介と産学連携への期待」
    北菱電興株式会社 企画本部 新規事業企画室 室長 酒元 一幸  氏
開催日令和元年10月7日(月) 14:30~17:00
会場金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-0377
金沢市打木町東1400番地
金沢市異業種研修会館
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

詳細と申込書  (426kbyte)pdf

金沢美大デザイン開発体験塾

自社の特色を活かした記念品のデザイン制作を体験する

開催日時 令和元年10月8日から11月19日までの毎週火曜日
(10月22日をのぞく全6回)
各日とも午後2時30分~午後5時30分
募集期間 令和元年10月1日(火)まで
受講料 5,000円(6回分 教材費込み)
会場 金沢美術工芸大学
対象 アイディア発想からプロトタイプまでのデザインプロセスを体験し、魅力ある商品開発を実践したいと考えている金沢市内の企業の方々で、6回とも出席できる方
(操作・制作はスタッフが補助しますので専門知識は不要です。)
定員 6名(1社あたり1名まで)
申込先・
お問い合わせ先
〒920-0377
金沢市打木町東1400番地
金沢市異業種研修会館
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

詳細と申込書 (563kbyte)pdf
 

ものづくりデザインセミナー

地域のものづくりとデザイン

本セミナーでは、金沢美術工芸大学及び石川県工業試験場から講師をお招きし、デザインの入門講座として地域におけるものづくりとデザインの関係性や重要性についてお話いただくほか、これらの企業に求められるデザイン経営の考え方や様々なデザイン開発の実例を紹介していただきます。
 
演題・講師
  1. 「デザイン経営と持続可能性への取り組み」
    金沢美術工芸大学 製品デザイン専攻 教授 安島 諭 氏
  2. 「持続可能な地場産業とデザインの役割」
    石川県工業試験場 デザイン開発室 研究主幹  餘久保 優子 氏
開催日令和元年9月18日(水) 14:00~16:30
会場金沢市異業種研修会館
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-0377
金沢市打木町東1400番地
金沢市異業種研修会館
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

詳細と申込書 (334kbyte)pdf

第1回 製造業の経営者・管理者のための基盤強化セミナー

自社製品を海外に販売するための基礎

金沢市では、ジェトロ金沢と連携して、製造業の皆様の基盤強化につながるテーマのセミナーを開催します。

「うちはまだまだ国内取引で大丈夫」
「言葉も手続きも海外展開はハードルが高い」
そう思っている経営者は多いのではないでしょうか。

国内市場の縮小が年々大きな問題となっている中、現在はもちろん、将来的にも、海外市場を見据えることは、もはや企業活動には必要不可欠となってきています。
今回のセミナーでは、海外展開を成功させた中小企業2社の事例をもとに、公的支援を用いた海外展開の手法について学びます。
 
日時令和元年8月27日(火) 15:00~17:00
場所金沢市異業種研修会館 第1研修室(金沢市打木町東1400)
テーマ自社製品を海外に販売するための基礎
概要15:00~ 自社製品を市場ニーズに合わせて海外展開した事例
 スタイル・オブ・ジャパン株式会社 代表取締役 大森一生 氏
      
16:00~ 一(いち)から始める海外展開の取組事例
 羽二重豆腐株式会社 常務取締役 海外推進室長 東川直裕 氏

16:50~ 海外展開支援のご紹介
申込方法・締切参加申込書にご記入のうえ、FAXまたはEメールにてお申込ください。
申込締切 : 令和元年8月26日(月)
申込先・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1丁目1番1号
金沢市商工業振興課
 工業振興係
E-mail:syoukou@city.kanazawa.lg.jp
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191

令和元年度先端ものづくり技術交流セミナー

VOL.1~ドローン技術の最新動向~

本セミナーでは、農業、測量、災害対応、物流、インフラ点検など様々な分野での活用が広がっているドローンについて、研究開発の第一人者である野波健蔵氏をお迎えして、ドローンの最新技術や活用動向、今後の展望について解説していただきます。
また、ドローンの活用の一例として、インフラ構造物の点検などで、ドローンを活用した企業の先進的な取り組みについても紹介します。
 
演題・講師
  1. 「ドローン技術の現状と展望」
    千葉大学名誉教授
    一般財団法人先端ロボティクス財団 理事長
    一般社団法人日本ドローンコンソーシアム 会長 野波 健蔵  氏
  2. 「点検支援ロボットによるインフラ構造物点検の事例」
    三信建材工業株式会社 代表取締役社長 石田 敦則  氏
開催日令和元年7月11日(木) 14:30~17:00
会場金沢市異業種研修会館
参加費無料
申込先・
お問い合わせ先
〒920-0377
金沢市打木町東1400番地
金沢市異業種研修会館
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

詳細と申込書  (357kbyte)pdf

ものづくり実践塾セミナー

自社技術を活かして・・・オリジナル製品開発への挑戦

「自社製品を持ちたいけれどどうすれば…」
「過去に開発したけれど成果が出なかった」
「製品開発ってハードルが高いんじゃ…」

そんなお悩みをお持ちの企業は必聴!

下請企業がヒット製品を生み出した事例などを交えながら、自社技術・設備を活かした製品開発を行うポイントをわかりやすく説明します。

製品開発の流れからマーケティング、開発のきっかけになる情報(シーズ)の探し方など、これから製品開発を目指す企業はもちろん、すでに自社製品を持つ企業にも必ず役に立つ内容です。
 
日時令和元年5月23日(木) 14:00~16:00
場所金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
内容今年度新たに実施する「ものづくり実践塾※」で、参加企業に伴走してサポートを行う支援チームのメンバーが、製品開発の流れやきっかけの探し方について、事例を交えながらお伝えします。

■飯尾 豊 氏/(一社)金沢クラフトビジネス創造機構 デザインディレクター

1981年、金沢美術工芸大学を卒業後、松下電工協力会社のミサキ電機株式会社に入社、照明器具の企画・デザイン、開発を手掛ける。1985年にイタリアに渡り、ミラノ工科大学に通う。その後、ミラノ市内で事務所を開業。帰国後は国、県、市の事業のアドバイザーを務める傍ら、企業等の製品開発のサポートに尽力している。

■宮田 誠心 氏/宮田特許事務所 弁理士

金沢市出身、横浜国立大学工学部を卒業後、東京大学大学院工学系研究科を修了。東京の特許事務所への勤務を経て、宮田特許事務所に在籍。2017年、弁理士登録。2018年、弁理士知財キャラバン(知財コンサル)履修支援員研修修了。顧客の多くが中小企
業であり、事業に役立つ知的財産権の取得、活用に尽力している。
対象ものづくり企業等の方々
主催金沢市
(事業受託者 安原工業団地協同組合)
お申込・
お問い合わせ
参加申込書をダウンロード・ご記入のうえ、以下までFAXまたはメールにてお申込ください。

チラシ 兼 参加申込書 (330kbyte)pdf

〒920-0377
金沢市打木町東1400
安原工業団地協同組合
E-mail:yasuhara@mint.ocn.ne.jp
TEL:076-240-1411 FAX:076-240-1903

※「ものづくり実践塾」とは
 製品開発に取り組もうとする中小企業者に、金沢市ものづくりコーディネーター、製品開発(商品企画)に詳しいデザイナー、弁理士の3名で構成するチームが伴走しながら開発を支援していく製品開発塾です。適宜、チームが生産現場などに赴き、自社の事業分野や保有技術を活かした製品開発をサポートします。(平成31年度新規事業)

平成31年度 ものづくり企業支援施策説明会 を開催します!

平成31年度に国、石川県、金沢市が実施する、ものづくり企業への支援施策の説明会を開催します。
「ものづくり補助金」や「いしかわ中小企業チャレンジ支援ファンド」、「固定資産税の軽減措置」など、公的機関の支援情報を一度に収集できる大チャンス!
ぜひ、ご参加ください!!
 
 
日時平成31年3月26日(火) 14:00~16:30
場所金沢市ものづくり会館(金沢市粟崎4-80-1)
内容(1)石川県の支援メニュー
   説明:石川県 商工労働部 産業政策課
(2)中小企業基盤整備機構の支援メニュー
   説明:中小企業基盤整備機構 北陸本部
(3)平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」
   説明:石川県中小企業団体中央会
(4)金沢市の支援メニュー
   説明:金沢市 経済局 商工業振興課
対象ものづくり企業等の方々
申込方法・締切参加申込書にご記入のうえ、FAXまたはメールにてお申込ください。
申込締切 : 平成31年3月22日(金)
お申込み・
お問い合わせ先
〒920-8577
金沢市広坂1丁目1番1号
金沢市 経済局 商工業振興課
E-mail:syoukou@city.kanazawa.lg.jp
TEL:076-220-2205 FAX:076-260-7191
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。