本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のビジネスの中の金沢のものづくりから調べてみよう!「金沢のものづくり」
印刷用ページを表示する


 

調べてみよう!「金沢のものづくり」

 金沢市のものづくり産業は、伝統(でんとう)工芸のような手仕事による「ものづくり」から、時代とともに繊維(せんい)工業や繊維を作るための機械工業へと広がり、そこから金属工業や印刷産業など、さまざまな産業へと発展(はってん)してきました。
 金沢ではどのようなものづくりが行われているのか、また、どのような「ものづくり企業」があるのかなど、いろいろと調べてみましょう。
 

金沢市の工業生産のいま(統計データ集)

金沢市内の事業所(じぎょうしょ)の割合(わりあい)

 金沢市内には、26,268の企業などの事業所があり、そのうち製造業(せいぞうぎょう)は1,911事業所で、全体の7.3%を占(し)め、事業所の割合では、6番目に多くなっています。
 

質問

「事業所」とは?

回答

企業や工場、事務所のことをいいます。

働いている金沢市民の業種ごとの割合

 働いている金沢市民は、およそ22万7,000人で、そのうち製造業で働く人はおよそ29,300人と、全体の12.9%を占めています。

 

金沢市内の製造業の生産額の割合

 金沢市内の製造業で、生産額が多いのは、ものを生産するとき(例えば、ボトリングや織物作りなど)に使われる機械です。次に食料品、そして医療で使われる機器など、仕事上で必要となるものの順となっています。
 機械工業が多いのは全国と同じですが、食料品や印刷の割合が全国より大きいのが金沢市の特徴(とくちょう)です。
 

最新の統計データを見るには?

ものづくりに関する業種ごとの特色

機械工業・金属工業(きかいこうぎょう・きんぞくこうぎょう)

 金沢では、機械工業が盛んで、「機械を作る機械」といわれる工作機械や繊維製品を作るための繊維機械、土木・建築(けんちく)の作業に使うための建設(けんせつ)機械、原料を加工し食料等を製造する食品機械など、さまざまな特色ある機械が作られています。また、金属をいろいろな形に加工し、テレビや冷ぞう庫、パソコンなど私たちに身近な製品の部品を作る企業も多くあります。

金沢市キッズページ(産業)機械産業          
一般社団法人石川県鉄工機電協会
 

食品工業(しょくひんこうぎょう)

 金沢は、さまざまな食材に恵まれているほか、お菓子や発酵(はっこう)食品、清酒などの加工食品が生み出され、多様な食文化が育まれ受け継がれてきたまちです。加賀野菜や日本海でとれる新鮮(しんせん)な海産物食材や加工食品は、地元の人に長く愛されてきたほか、日本のさまざまな地域でも販売(はんばい)されており、北陸新幹線(しんかんせん)で金沢を訪(おとず)れる観光客にも人気です。

金沢市キッズページ(和菓子)
金澤食文化100物語
一般社団法人石川県食品協会 
 

情報産業(じょうほうさんぎょう)

 金沢には、電子機器の製造からコンピュータを便利にするアプリの開発まで、さまざまな企業があります。近年では、人工知能(AI)や、モノをインターネットに接続する技術(IoT)に関連した製品・サービスの開発が進んでいます。これらの新しい技術は、私たちの生活のほか、工業など幅広い産業を支えています。

金沢市キッズページ(産業)情報サービス産業 
一般社団法人石川県情報システム工業会 
 

繊維産業(せんいさんぎょう)

 金沢の繊維工業は、着物などの絹(きぬ)織物にはじまり、その後はポリエステル、ナイロンなどの合成繊維を使ったさまざまな製品を製造することで、発展してきました。近年は、その優(すぐ)れた加工技術や、高いデザイン力を生かし、産業用資材(しざい)や医療用品など、衣服以外の分野に挑戦する企業も増えています。

金沢市キッズページ(産業)繊維産業 
一般社団法人石川県繊維協会 
 

印刷産業(いんさつさんぎょう)

 金沢には、百年を超える歴史をもつ印刷会社がいくつもあり、長い間地域の文化を支えてきました。今や印刷は紙だけではなく、ガラスや金属など、さまざまな素材に印刷が施(ほどこ)されて生活を彩(いろど)っています。近年では、これまで培(つちか)ってきた技術や経験(けいけん)を活かし、ゲームやデジタルコンテンツなど、新たな分野に挑戦する企業もあらわれています。

金沢市キッズページ(産業)印刷 
石川県印刷工業組合 
 

金沢の伝統工芸

 江戸時代、加賀藩(かがはん)の藩主(はんしゅ)が工芸を大切にしていたことから、金箔(きんぱく)や漆器(しっき)などさまざまな技術や職人が育ち、それらは今でも受け継がれています。また、これらの手仕事による「ものづくり」は、現在の金沢のものづくり産業の基礎(きそ)になっています。

金沢市キッズページ(産業)金沢箔加賀友禅
         (伝統文化)伝統工芸

金沢かがやきブランド認定製品について

 金沢市では、新しい製品の開発にチャレンジする企業を応援(おうえん)することで、ものづくり産業を元気にしたいとの思いから、市内のものづくり企業が作った新製品を募集(ぼしゅう)し、審査会(しんさかい)で優秀(ゆうしゅう)と認(みと)められた製品を「金沢かがやきブランド」として認定しています。

金沢かがやきブランド認定製品(金沢市ホームページ)

問い合わせ先

経済局 商工業振興課
電話番号:076-220-2193
FAX番号:076-260-7191
syoukou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。