本文へジャンプ

さつまいもの「キュアリング」について調べてみよう!

質問

収穫したさつまいもは、普通に保存するだけでは長く持たず、腐ってしまいます。金沢では、「キュアリング貯蔵法」が導入され、ほぼ1年を通して出荷できるようになりました。「キュアリング」について調べてみよう!

回答

  • 金沢には、粟崎町にキュアリング施設があります。
  • キュアリング施設の中を、決まった温度と湿度(高温多湿)にし、収穫したさつまいもを一定期間置くことで、さつまいもの表面にコルク層ができます。このコルク層が、収穫時についた細かな傷から病原菌が入るのを防ぐので、長く保存することができます。
  • 収穫したてのさつまいもは、キュアリング処理をせずに順次出荷しますが、キュアリング処理をしたものは12月から翌6月にかけて出荷されます。

問い合わせ先

農林水産局 農業水産振興課
電話番号:076-220-2213
FAX番号:076-222-7291
nourin_s@city.kanazawa.lg.jp