本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の届出・税の中の戸籍・住所異動・印鑑証明/各種証明の中の各種証明から住民票の写しの様式の変更について
印刷用ページを表示する
 

住民票の写しの様式の変更について

令和3年1月4日から金沢市の住民票の写しの様式が変わりました

本市では、住民基本台帳管理システムの更新に伴い、住民票の写しの様式が変更になりました。
令和3年1月4日以降、住民票の写しを請求する際には、以下の点にご留意くださいますよう
お願いいたします。
 
1.主な変更点
 ① 世帯を単位とする「世帯票」から、個人を単位とする「個人票」になりました。
 
 ② 同一世帯の全員又は一部の方を連記して証明することもできます。ただし、転出や死亡等で消除された方は記載されません。
         転出、死亡等で消除された方については、除票の写しとして個人単位でのみ交付します。
 
   ③ 基本の住民票の写しには、住所や氏名等の最新の情報のみが記載されます。ただし、住所は一つ前の住所も記載されます。
    続柄や本籍欄の記載の有無は、必要に応じて選んでいただけます。
 
   ④ 必要な場合には、住所、氏名、続柄、本籍欄等の変更の履歴を記載することもできますので、窓口でお申し出ください。
         ただし、令和3年1月1日付けで住民票を改製(作り替え)しています。改製以前の履歴の記載については『2.住民票の改製について』を参照してください。
 
2.住民票の改製について
  令和3年1月1日付けで、全ての住民票を改製しました。改製後の住民票の写しに、必要とする住所や氏名等の変更の履歴が記載されない場合は、別途、改製前の住民票の写しの請求が必要となりますので、窓口でご相談ください。
      なお、改製前の住民票の写しは、除票の写しとして個人単位でのみ交付します。
 
3.手数料
  手数料は、世帯全員、個人のみ、履歴の記載の有無にかかわらず、いずれも1通300円で変更ありません。

 

問い合わせ先

市民局 市民課
電話番号:076-220-2241
FAX番号:076-224-2163
shimin@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。