本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市民活動・相談の中の旧町名復活から袋町だより
印刷用ページを表示する
 

袋町だより

まちの歴史・特色

昭和42年の袋町の様子(右の建物は旧三和銀行)[写真提供:丸谷穣氏]
昭和42年の袋町の様子(右の建物は旧三和銀行)[写真提供:丸谷穣氏]

「ふくろう朝市」
「ふくろう朝市」

袋町は、北国街道がまちの真ん中を通り、藩政期には金沢城西内惣構堀がまちを横切っていた、貴重な歴史的遺構を抱えるまちです。
藩政初期には、浅野川の水運を利用した魚市場がありましたが、その後、片町近くにあった魚問屋と統合され、(旧)近江町周辺へ移されました。これが、現在の金沢市民の台所「近江町市場」の誕生となっています。
元禄9年(1696年)の記録では、町には、藩の米取引に携わる商人が多いほか、湯風呂屋、蒔絵師、紅商など、多種多彩なお店がありました。
まちの雰囲気は今も引き継がれ、袋町には、老舗の加賀麩、総合食品商社、美容室や呉服店など、多様なお店が軒を連ね、活気ある商店街を形成しています。

復活後のまちの様子・まちづくり活動の紹介

「ふくろう縁日」
「ふくろう縁日」

「ふくたろう」ランタン
「ふくたろう」ランタン

金沢市の中心市街地・武蔵ケ辻の一角を占める袋町は、平成13年から地元住民および商店街などが、まちの活性化を図ろうと検討を重ね、平成17年から旧町名復活を検討しはじめ、平成19年3月に袋町復活を果たしました。
袋町は町名復活に取り組みながら、もう一方で、まちの活性化策として、「ふくろう通り」の愛称で親しまれている町の通り(旧北国街道)において、湯涌地区の新鮮な野菜を販売する「ふくろう朝市」を毎年春から秋にかけて開催したり、夏には地元商店街による「ふくろう縁日」も開催しています。さらに、袋町に古くから伝わる「獅子頭」の復元や地元商店街のイメージキャラクターである「ふくたろう」を象ったランタンも製作しました。
地元住民および商店街は、旧町名復活をさらなる活性化への弾みとして、「賑わいの復活」に向けた様々な取組みを、引き続き展開しています。

問い合わせ先

市民局 市民協働推進課
電話番号:076-220-2026
FAX番号:076-260-1178
kyoudou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。