本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市民活動・相談の中の旧町名復活から金石下本町だより
印刷用ページを表示する
 

金石下本町だより

まちの歴史・特色

旧町名の標柱と銭屋五兵衛旧宅跡の碑
旧町名の標柱と銭屋五兵衛旧宅跡の碑

本龍寺に訪れたまち散策の様子
本龍寺に訪れたまち散策の様子

 金石下本町は、金石地区の中心的役割を担う町人や商人が、多く居住していた「本町」の下(しも)に連なる町筋がその由来と思われます。
 この「下」(しも)とは、上方(越前方面)とは反対側に位置する町筋に付けられることが多く、因みに、金沢からの上街道は越前(福井)方面への街道、下街道は越中(富山)方面への街道をいいます。藩政期には、商店も多くあり、賑わっていたといわれています。
 町内にある本龍寺は1602年に井波より金石の地へ移り、平成29年11月に、本堂や山門、土塀、鐘楼が金沢市の有形文化財に指定されました。境内には藩政時代の豪商・銭屋五兵衛や明治時代の実業家・安宅弥吉の墓のほか、松尾芭蕉が、金石の地で読んだ句「小鯛さす柳すずしや海士が軒」の碑があります。
 金石下本町は、歴史ある金石地区の経済や風情に想いを馳せるができるまちです。

問い合わせ先

市民局 市民協働推進課
電話番号:076-220-2026
FAX番号:076-260-1178
kyoudou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。