本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市民活動・相談の中の旧町名復活から金石通町だより
印刷用ページを表示する
 

金石通町だより

まちの歴史・特色

町内にある宮腰緑地
町内にある宮腰緑地

通町獅子連の新調した獅子頭
通町獅子連の新調した獅子頭

 金石地区は、藩政期、北前船の中継港のまちとした大いに栄え、当時、宮腰湊に陸揚げされたたくさんの米や物資が、舟運や金沢へ伸びる(旧)宮腰往還によって、城下へ運ばれていきました。当時のまちの中心は、「本町」で、まち全体の中心的役割を担う町人や商人が、多く居住していました。
金石通町は、その「本町」へ通るために多くの人が利用したことから、「通町」と付けられたといわれ、商人も多く住んでいました。その後、昭和初期には、下本町にあった金石町役場(当時)が町内に移転のうえ、新築されました。
 そうした歴史は今も受け継がれ、旧金石町役場跡にある金石会館には、公民館や児童館、市民センターが入っており、金石通町は、金石地区の教育、行政等の中心を担うまちです。
また、金石通町は、金石地区に伝わる獅子舞を唯一継承するまちであり、平成30年には、約130年ぶりに獅子頭を新調しました。

問い合わせ先

市民局 市民協働推進課
電話番号:076-220-2026
FAX番号:076-260-1178
kyoudou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。