本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市民活動・相談の中の旧町名復活から南町だより
印刷用ページを表示する
 

南町だより

まちの歴史・特色

昭和初期の南町の風景(金沢市玉川図書館蔵「金沢市写真帖」)
昭和初期の南町の風景(金沢市玉川図書館蔵「金沢市写真帖」)

「金沢ゆめ街道」
「金沢ゆめ街道」

南町は、藩政期以前に「一向宗」が金沢御堂(現在の金沢城本丸跡がその遺跡であるといわれている)を拠点に寺内町を形成した永禄年間(1558-70年)にできたといわれる、金沢において、最も古い町のひとつです。
町名の由来は、当時は、金沢御堂の南側にあったことに因むといわれ、現在の位置については、文禄元年(1592年)頃からの金沢城拡張に伴って、現在の場所に移転したという説と、寛永12年(1635年)の大火を契機に町々が内惣構堀の外に移され、南町も罹災し移転したとの2説があります。
藩政時代初期から本町の一つに位置付けられ、当時の地図をみると、多様な商人が多数軒を連ね、その他、職人や上方の商人宿などもあったことから、経済活動が活発であり、他地域との交易や交流の中核であったことがわかります。
当時のまちの特色は連綿と続き、明治20年から25年には第一国立銀行金沢支店(現・日銀金沢支店)の設置を経て、現在、200を超える事業所が本・支店を構える金融街およびビジネス街であり、北陸経済の中心として栄えているまちです。

復活後のまちの様子 まちづくり活動の紹介

「南町大通り」のオブジェ
「南町大通り」のオブジェ

「金沢アートプロジェクト/秋のオフィスアート」
「金沢アートプロジェクト/秋のオフィスアート」

南町は、「南町通り商工会」が中心となって、平成17年4月から、「南町ブランドの再生」によるまちの活性化を図ろうと、旧町名復活の検討を始め、平成18年1月の「南町町名復活準備委員会」設置を経て、平成19年7月に復活を決議し、平成20年11月に復活を果たしました。
南町は、最近では、「まちなかアート」に市と協働で取組み、平成15年(2003年)から始まった「金沢アートプロジェクト/秋のオフィスアート」において、国道157号沿いのオフィスビルのショーウィンドウに、約1ヶ月間、学生による自由な発想で制作した作品を展示し、「魅力的な歩行空間」、「まちなかの憩いの場」を演出しています。
こうした地域貢献活動を通じて、事業所同士によるコミュニティのもと、まちなかの活性化や賑わい創出に取組み、さらに、アートやファッションという新たなまちの付加価値をもって、「南町ブランドの再生」を目指しています。

問い合わせ先

市民局 市民協働推進課
電話番号:076-220-2026
FAX番号:076-260-1178
kyoudou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。