本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のパブリックコメントの中のパブリックコメント案件から金沢市における美しい沿道景観の形成に関する条例(案)の骨子について
印刷用ページを表示する

皆様からのご意見を公開しています



●
募集案件の詳細
案件番号
平成16−9
案件名
金沢市における美しい沿道景観の形成に関する条例(案)の骨子について
担当課
まちなみ対策課
〒920−8577(住所記載不要)
(市役所庁舎 3階)
連絡先
TEL:076−220−2364
FAX:076−224−5046(緑と花の課内)
意見募集期間
平成17年2月1日〜平成17年2月15日
意見募集は終了しました。
公開日
平成17年2月25日
関連資料
「(仮称)金沢市における美しい沿道景観の形成に関する条例」(案)の骨子 (PDF:25KB)

※関連資料は、上記リンク先のほか、担当課窓口、市政情報コーナー(市役所2階)でも閲覧できます。


●
意見募集の趣旨
 金沢市では、これまでに景観条例やこまちなみ保存条例、屋外広告物条例などを制定し、個性豊かで魅力的な都市景観の形成に努め、着実に成果を上げてきております。
 しかし、幹線・準幹線道路の沿線の大半が既存条例の対象区域外であることから、これらの沿道においては雑然とした統一感のない、魅力に乏しい景観となっているところが見られます。
 こうした状況をうけ、幹線・準幹線道路の沿道を対象として、周辺の環境と一体となった、市民が親しみ誇れるような美しい景観の形成を図るため、新たな条例の制定を検討しています。
 このことについて、皆様のご意見を募集します。
なお、お寄せいただいたご意見は、取りまとめのうえ、本市の考え方とともに公表します。

●
各意見の概要及びそれに対する市の考え方
 意見の概要
件数市の考え方(対応)
条例案は誠に結構なことだと思う。ソフトの充実が何より大切だ。

金沢市では、条例制定後の平成17年度から、市民、事業者、道路管理者等とともに沿道景観形成協議会を組織し、美しい沿道景観の形成のための計画策定を行う予定であります。その中で、ソフト施策を含めて総合的に施策を検討したいと考えております。
ゆきすぎた土地の私有制度のひずみが都市景観に影響しており、対策が必要である。
・不在地主の土地管理がゆきとどかず、雑草・除雪などの問題がある。
・所有者の高齢化に伴って、管理者不在の空き家が、廃墟となり、市街の景観を損なっている。

美しい沿道景観を保全・創出するためには、一定の区域の中で、地域の特性に応じた一定のルールを定め、その実現に向けて、金沢市、道路管理者等、市民、事業者が連携・協力し、それぞれの責務を全うすることが必要と考えております。このため、金沢市では、来年度から、関係者や都市景観審議会等の意見を聴きながら必要な施策を検討し、その実現のために、道路管理者等の理解と協力を得られるよう努め、市民及び事業者の意識の高揚を図りたいと考えております。


パブリックコメント制度に関する問い合わせについては、

部署名: 市民局 市民協働推進課
住所: 金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号: 076-220-2026
FAX番号: 076-260-1178
E-mail: kyoudou@city.kanazawa.lg.jp
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。