本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のパブリックコメントの中のパブリックコメント案件から新金沢市民スポーツ振興計画(骨子案)について
印刷用ページを表示する

皆様からのご意見を公開しています



●
募集案件の詳細
案件番号
平成16−10
案件名
新金沢市民スポーツ振興計画(骨子案)について
担当課
都市政策部 文化スポーツ局 スポーツ振興課
〒920−8577(住所記載不要)
(市役所庁舎 4階)
連絡先
TEL:076−220−2443
FAX:076−261−0257
意見募集期間
平成17年2月1日〜平成17年2月15日
意見募集は終了しました。
公開日
平成17年3月10日
関連資料
新金沢市民スポーツ振興計画(骨子案) (PDF:38KB)

※関連資料は、上記リンク先のほか、担当課窓口、市政情報コーナー(市役所2階)でも閲覧できます。


●
意見募集の趣旨
 本市では、平成3年の石川国体を契機として、21世紀に向けた生涯スポーツ振興のため、平成5年3月に金沢市民スポーツ振興計画を策定し、各事業を実施してきましたが、社会環境の急激な変化による市民のスポーツニーズの多様化や金沢健康プランなどの市民の健康に関わる計画の策定、さらに、生涯スポーツ社会の実現を柱とした国・県のスポーツ振興計画の策定など様々な背景のもと新金沢市民スポーツ振興計画の策定を進めています。これまでに市民3,000人を対象としたスポーツ意識に関する調査(平成16年8月)を実施し、市民の運動・スポーツの実施状況やスポーツに係るご意見、ご要望を把握するとともに、スポーツ活動実践者や専門家で構成される「金沢市民スポーツ振興計画策定検討会」で検討を重ねてまいりました。
 今回、計画の骨子案がまとまりましたのでお知らせするとともに、計画策定に市民のみなさんのご意見を活かすため、パブリックコメントの手続きに基づいてご意見を募集します。
なお、お寄せいただいたご意見は、取りまとめのうえ、本市の考え方とともに公表します。

●
各意見の概要及びそれに対する市の考え方

 意見の概要件数市の考え方(対応)

スポーツ活動の機会について

 
・金沢市において還暦野球や古希野球のチームが限られており、同年代で野球をしたいが機会がない。
・計画の中で、高齢者がスポーツに親しめる体制の充実が掲げられており、関連する部局やスポーツ関係団体等との連携を図りながら、幅広いスポーツイベントへの高齢者の参加を促していきます。

スポーツ施設について

 
(1)公園があっても高齢者の体力作りに役立つとは思えない。
・公園は軽スポーツや散歩・ウォーキングなど市民の体力づくりの場としても利用されています。
(2)公園で人の居ない時間居ない空間でプラスチックボールを打って遊ぶことまで禁止とすれば禁止の目的が忘れられ、方法が目的になっているのではないか
・公園の利用禁止事項は、誰でもが、安全に、安心して利用できる場とするための守るべきマナーであり、ご理解を願います。
(3)スポーツ歴のある高齢者が手頃で気軽に遊びながら楽しめる施設を身近に作ることが大切である。たとえば、犀川河川敷にターゲットバードゴルフのコースを設定する。・市民が気軽に楽しめる施設の整備は重要な課題であり、既存施設の有効活用を図るとともに市民のニーズに応じた施設整備を行っていきたいと考えています。

スポーツ機会解釈の拡大について


計画におけるスポーツの定義とは、運動技能の競技ではなく健康維持のために体を動かすこと全般を示すという解釈が現代的ではないか。
・ご意見のとおりと考えます。
 本計画では生涯スポーツを「社会体育」概念や「競技スポーツ以外のスポーツ」という旧来の狭い概念から、年齢や性、障害のあるなしを問わず、すべての市民がいつでも、どこでも、いつまでも、個人の関心や目的、体力に応じて親しむ運動やスポーツと理解しています。
  したがいまして、ウォーキングはスポーツと解釈しています。また、金沢健康プランのなかで、健康づくりに向けた市民の取り組みの方向として「自動車依存を見直し、歩くことを心がけ、楽しむ」とあり、徒歩や自転車による通勤についても、運動・スポーツ活動として関係部局と連携しながら推進していきたいと考えています。
  自転車や徒歩は、スポーツ施設を必要とせず、一人でも気軽にできる運動・スポーツとして有効であると考えています。
徒歩・自転車通勤もスポーツという解釈
ウォーキングがスポーツという解釈をさらに拡大して徒歩や自転車で通勤ということもまた健康維持管理型スポーツに該当するのではないかと思う。また、これを実施すれば、マイカー自粛規制や炭酸ガス排出抑制にもつながると思う。
田舎型不健康からの脱却
車社会の中で大都市では市民が歩き、地方では歩くことが少なくなっている。また、施設が足りないからスポーツができないというのではなく、自動車をやめて自転車、徒歩に変えることにより、施設を使わずに健康を維持できるスポーツ実施につながる。

 ※案件の内容については、案件詳細に記載された担当課へお問い合わせください。



パブリックコメント制度に関する問い合わせについては、

部署名: 市民局 市民協働推進課
住所: 金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号: 076-220-2026
FAX番号: 076-260-1178
E-mail: kyoudou@city.kanazawa.lg.jp
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。