本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のパブリックコメントの中のパブリックコメント案件から(仮称)金沢市における駐車場の適正な配置に関する条例(骨子案)について
印刷用ページを表示する

皆様からのご意見を公開しています



●
募集案件の詳細
案件番号
平成17−10
案件名
(仮称)金沢市における駐車場の適正な配置に関する条例(骨子案)について
担当課
都市整備局 交通政策課

〒920−8577(住所記載不要)
(市役所庁舎3階)
連絡先
TEL:076−220−2038
FAX:076−220−2048
意見募集期間
平成18年1月10日〜平成18年2月10日
意見募集は終了しました。
関連資料
◆「(仮称)金沢市における駐車場の適正な配置に関する条例」(骨子案)
   [PDF形式(15KB)]

※関連資料は、上記リンク先のほか、担当課窓口、市政情報コーナー(市役所2階)でも閲覧できます。


●
意見募集の趣旨
 近年、無秩序な駐車場の増加が続き、交通渋滞や生活環境の悪化をはじめとする都市問題の要因となっています。金沢市では、歴史性を有する都市の個性を維持しつつ円滑な都市交通を確保していくために、公共交通主体の交通体系の構築を目指していますが、そのためには市域全体における駐車場の適正な配置を推進していくことが不可欠といえます。
 そこで、駐車場の適正な配置により、交通渋滞の緩和と歩行者の安全性向上を図り、金沢市の特性に対応した住みよい都市環境の形成に寄与することを目的として「(仮称)金沢市における駐車場の適正な配置に関する条例」の骨子案をまとめました。
この骨子案について、市民の皆様のご意見を募集します。

●
各意見の概要及びそれに対する市の考え方(対応)

 寄せられた意見市の考え方(対応)
第1章 総則 について
(基本理念)「市、市民及び事業者がそれぞれの役割を担い協働して行うこと」の協働の定義は何か。抽象的すぎないか。

「協働」とは、駐車場に関する施策推進に当たり、行政と市民が意志の疎通を図るとともに実現に向けて取り組みを行うことです。

まちなかの活性化には、クルマの流入を認めるとともに、中心部に大型駐車場を1箇所設置することが先と考える。

まちなかの活性化には、渋滞の解消、歩行者の安全性向上が不可欠であり、そのためには過度な自動車の流入を抑制することが必要であると考えています。また、1箇所の大型駐車場がカバーできる範囲には限界があり、中規模立体駐車場の分散配置が適切であると考えます。

第2章 まちなか駐車場 について
(行為の届出)届出対象除外は「4台以下」ではなく「10台以下」としてはどうか。

条例の目的の一つに、まちなか居住地区における無秩序な駐車場化の抑制があります。そのため、住宅用地としての適正規模を考慮し、狭小な敷地(4台規模→敷地20坪程度)を届出対象から除外することとしました。なお、主旨を明確化するため、「駐車の用に供する面積が50平方メートル未満」と表現を改めたいと考えています。

百万石通りの内側を駐車場禁止区域とし、その代わり、半径300m程度を目途に市営駐車場を設置し住民に提供してはどうか(その際、カーシェアリングをあわせて導入する)。

条例施行後、さらに駐車場禁止区域が必要であるという市民のコンセンサスが形成されれば検討していきたいと考えます。なお、半径300m程度に市営駐車場を設置することは、財政上の負担もあり、難しいと考えます。

第3章 パーク・アンド・ライド駐車場 について
外環状道路完成後、郊外からのパーク・アンド・ライドをどう考えるのか。

外環状を活用したパーク・アンド・ライドの充実は重要な課題と認識しており、「パーク・アンド・ライド駐車場の配置に関する基本指針」にも反映させたいと考えています。

第4章 その他の駐車場 について
(駐車場の設置の配慮)「周辺の居住環境を悪化させないこと、及び良好なまちなみ景観形成に配慮しなければならない。」は、「周辺の環境を悪化させないこと、本市が定める景観等条例に配慮しなければならない。」と明記すべき

「居住環境」は、駐車場設置に当たり最低限必要と考えられる騒音や排気ガス等への配慮を明記したものです。また、景観条例の遵守は大前提であり、ここでは条例適用地区以外でもまちなみ景観への配慮が必要であることを表しています。

第5章 援助等 について
財政的援助をする場合は,新設駐車場と既存駐車場の公平な市場競争原理を損なわないよう,優良な既存の駐車場業者への財政的援助が不可欠である。

支援制度は、今後設置される駐車場が本条例等を踏まえて適正に配置されるようなインセンティブを与えることを目的としており、新たに設置する駐車場のみを対象としています。

表彰とはどのようなケースがあるのか。

条例の主旨を十分酌み取ったり、駐車場に関する地区のルールをつくったりすること等により、駐車場の適正配置に貢献した団体等への表彰を考えています。より市民の関心を高め、実効性をあげるために活用していきたいと考えています。

その他の意見・質問 について
長い目で見ると、罰則規定が必要と考える。

現時点では罰則規定は不要と考えていますが、今後必要があれば、審議会に諮ったうえで、検討したいと考えます。



 ※案件の内容については、案件詳細に記載された担当課へお問い合わせください。


パブリックコメント制度に関する問い合わせについては、

部署名: 市民局 市民協働推進課
住所: 金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号: 076-220-2026
FAX番号: 076-260-1178
E-mail: kyoudou@city.kanazawa.lg.jp

※案件の内容については、各担当課へお問い合わせください。
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。