本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップから意見公募案件 平成30年度第13回
印刷用ページを表示する
 

意見公募案件 平成30年度第13回

公募案件の詳細

案件番号平成30-13
案件名金沢市歴史的建築物における建築基準法の適用の除外に関する条例(仮称)の骨子(案)について
担当課文化スポーツ局 歴史都市推進課
〒920-8577(住所記載不要)
(市役所庁舎 3階)
連絡先TEL:076-220-2310
FAX:076-224-5046
意見募集期間平成30年12月25日(火)~平成31年1月24日(木)
関連資料●金沢市歴史的建築物における建築基準法の適用の除外に関する条例(仮称)の骨子(案)[PDF形式(143KB)]
(上記についてご意見を募集します。)
●参考資料
 参考法令 建築基準法 抜粋[PDF形式(36KB)]
※関連資料は、平成30年12月25日(火)以降、上記担当課、市政情報コーナー(市役所4階)でも閲覧できます。

意見公募の要旨

 近年、歴史的建築物をその価値を活かしながら、飲食店や宿泊施設、集会所等へ用途を変更し、活用する動きが広がっています。
 これらの歴史的建築物の多くは建築基準法施行以前に建てられており、改修の際に、工事の内容によって、同法の現行基準への適合が求められる場合があります。このとき建築物の歴史的な価値を残すことが困難となり、歴史的建築物の活用をあきらめ、建替に至ることもあります。
 建築基準法には、市町村の条例により保存の措置等が講じられた建築物について同法の適用を除 外できる規定があることから、これに基づき本条例を制定することで、歴史的建築物の活用の可能性を広げ、保存活用の推進を図りたいと考えております。
 つきましては、金沢市歴史的建築物における建築基準法の適用の除外に関する条例(仮称)の骨子(案)について、市民の皆様からご意見を募集します。
 なお、お寄せいただいたご意見につきましては、個人情報を除いて、本市の考え方とともに公表させていただきます。
 また、ご記入いただいた個人情報は、本件以外の目的には使用いたしません。

提出方法

・氏名及び住所(団体の場合は名称及び所在地)を明記してください。
・メール、郵便、ファクシミリ又は直接担当課の窓口へ提出してください。
《提出先》〒920-8577(住所記載不要)
        金沢市 文化スポーツ局 歴史都市推進課
        TEL:076-220-2310
        FAX:076-224-5046
        Eメール:rekishitoshi@city.kanazawa.lg.jp
 ※案件の内容については、案件詳細に記載された担当課へお問い合わせください。

結果の公表

意見概要、市の考え方〔PDF形式(199kbyte)〕

問い合わせ先

市民局 市民協働推進課
電話番号:076-220-2026
FAX番号:076-260-1178
kyoudou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。