本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の防災・安全の中の防災
印刷用ページを表示する
 

防災

新たな避難情報及び警戒レベルの運用について

 令和元年台風第19 号(令和元年東日本台風)において、本来避難すべき避難勧告のタイミングで避難せず、逃げ遅れにより被災する者が多数発生し、 避難勧告と指示の違いも十分に理解されていないなどの課題が顕在化し、その課題解決の検討を行うため内閣府が設置した「令和元年台風第19号による災害からの避難に関するワーキンググループ」等からの報告により、令和3年5月に災害対策基本法の一部が改正され、併せて「避難勧告等に関するガイドライン」も「避難情報に関するガイドライン」に改正されました。これを受けて、本市では、頻発する自然災害に対応して、災害時における円滑かつ迅速な避難の確保及び災害対策の実施体制の強化を図るため、令和元年度に作成した「防災情報シート」について、金沢市の公式Twitter・LINE・アプリなどのQRコードを追加し防災気象情報・避難情報を充実させ、居住地における浸水・土砂災害区域等のハザードや、避難のタイミング等の確認項目欄を設ける等の見直しを行いました。
 
行動を促す情報と警戒レベルの関係
警戒レベル 市民がとるべき行動 気象情報・避難情報等
警戒レベル5災害が発生又は切迫している状況であり、直ちに安全確保行動をとる!緊急安全確保※
警戒レベル4・危険な場所から全員退避する。
・指定緊急避難場所等への立退き避難を基本とする避難行動をとるが、災害が発生するおそれが高い状況で、立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合は、近隣の安全な場所への避難や建物内のより安全な部屋への移動等の緊急の避難をする。
避難指示
警戒レベル3避難に時間を要する高齢者等の要配慮者は危険な場所から立退き避難し、その他の方は立退き避難の準備又は危険を感じたら自主的に避難する。高齢者等避難
警戒レベル2ハザードマップ等により災害リスク、避難場所や避難経路、避難のタイミング等の再確認、避難情報の把握手段の再確認・注意など、避難に備え自らの避難行動を確認する。・大雨注意報
・洪水注意報
(気象庁が発表)
警戒レベル1防災気象情報等の最新情報に注意するなど、災害への心構えを高める。早期注意情報
(気象庁が発表)
 ※「緊急安全確保」は可能な範囲で発令されるもので、必ず発令されるわけではありません。

避難情報に関するガイドラインの詳細は内閣府のホームページをご覧ください。

災害情報メール通知サービス(金沢ぼうさいドットコム)の登録

災害に備えて情報収集が大切です。金沢ぼうさいドットコムに登録しましょう!

 「金沢ぼうさいドットコム」は、大雨、洪水、土砂災害といった災害に備え、最新の気象情報、避難情報などを携帯電話、スマートフォンにメール配信するサービスです。近年、局所的な豪雨や大型台風による大規模な災害が全国各地で発生しています。日頃からの情報収集に心がけ、災害から命を守るための避難行動に備えましょう。
 登録方法は下記リンクのホームページでご確認ください。

緊急情報電話案内サービス

同報防災無線の放送内容を電話で確認いただけます。
TEL:0180-99-7171

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、市民の皆様へお知らせします。

弾道ミサイル発射発直後の情報伝達

・弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
・ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

【屋外にいる場合】
・近くの建物(できれば頑丈な建物)の中や地下街などに避難する。
・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

【屋内にいる場合】
・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。

なお、さらに詳しい情報については、関連リンクをご参照ください。

関連リンク一覧

国民保護ポータルサイト(外部リンク)
弾道ミサイル落下時の行動について(外部リンク)
弾道ミサイル落下時の行動について 概要(外部リンク)
弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(外部リンク)
Jアラートの概要
Jアラートによる弾道ミサイル情報の伝達について(外部リンク)
Jアラートによる弾道ミサイル情報の伝達に関するQ&A(外部リンク)
スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について

メニュー

災害の心構え

地震に備えて

津波に備えて

雨や風に備えて

原子力災害に備えて

あなたの避難場所

金沢市の防災対策

国民保護について

危機管理について

危機管理センターの設置について

危機管理センターは、令和2年5月7日から供用開始となりました。危機管理センターは、災害時に災害対策本部が設置される、災害対応の中心となる場所です。避難判断等の意思決定を的確に行うため、迅速な情報収集・共有・伝達を実現
できる各種設備を有しています。構成は、災害対策本部室、2つの災害対策室と危機管理課執務室となっています。
災害対策本部室は、災害時に災害対策本部が設置される部屋です。
災害対策室1は、各部局から派遣されてくる災害対策本部室員が詰める部屋です。災害対応全般の調整をする、心臓部となる部屋です。
災害対策室2は、自衛隊や警察など外部から災害対応の協力のために参集された方々に利用してもらう部屋です。
 
また、危機管理センターは災害対応を機能的に行うため、色々な設備が整備されております。
 ・床は免震構造になっており、大規模な地震が発生しても設備や人員の被害が最小限に抑えられるようになっています。
   ・大型モニタは、55型のモニタを12枚連結させたもので、モニタを設置している架台は免震構造に直接取り付けてあり、耐震性は確保されています。
  表示させる映像は全面、9面、4面、1面と表示を切り替えることができ、それぞれ別のものを表示させることができます。
  映像の入力としては、地上波の放送、ビデオ、河川・道路・消防の高所カメラ映像や防災情報システム等です。
 ・防災情報システムは、様々なシステムからの情報を集約・共有することで素早い判断を支援し、既存の情報配信手段に一括で配信できます。
  庁舎内にサーバ等の機器を保有しないクラウドシステムを採用しているため、インターネットにつながる環境があれば、どこからでもシステムにアクセスでき、市庁舎が被災してもシステムが完全に使用できなくなることはありません。
 

大桑防災拠点広場では市民のみなさまの団体施設見学やこども防災教室も受付しております。

大桑防災拠点広場

リンク

問い合わせ先

危機管理監 危機管理課
電話番号:076-220-2366
FAX番号:076-233-9999
kiki@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。