本文へジャンプ

防災情報発表時における警戒レベルの運用について

防災情報発表時における警戒レベルの運用について

 内閣府が平成30年7月の豪雨の被害を受け、地方公共団体が避難勧告等の発令基準や伝達方法を改善する際の参考とする、「避難勧告等に関するガイドライン」の改正を平成31年3月29日に行いました。
 防災情報の重要度・深刻度を直感的に理解できるよう、5段階の警戒レベル情報を提供するとともに、市民の皆様が自らの安全を確保するためとるべき対応を明確化します。
 当該警戒レベルは令和元年の出水期から運用を開始します。

防災情報と警戒レベルの関係
警戒レベル 市民がとるべき行動 気象情報・避難情報等
警戒
レベル5
既に災害が発生している状況であり、命を守るための最善の行動をとる。災害発生情報※1
警戒
レベル4
・指定緊急避難場所等への立退き避難を基本とする避難行動をとる。
・災害が発生するおそれが極めて高い状況等で、指定緊急避難場所への立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、近隣の安全な場所への避難や建物内のより安全な部屋への移動等の緊急の避難をする。
・避難勧告
・避難指示(緊急)※2
警戒
レベル3
避難に時間のかかる高齢者等の要配慮者は立退き避難する。その他の者は立退き避難の準備をし、自発的に避難する。避難準備・高齢者等避難開始
警戒
レベル2
ハザードマップ等により災害リスク、避難場所や避難経路、避難のタイミング等の再確認、避難情報の把握手段の再確認・注意など、避難に備え自らの避難行動を確認する。洪水注意報
大雨注意報
(気象庁が発表)
警戒
レベル1
防災気象情報等の最新情報に注意するなど、災害への心構えを高める。早期注意情報
(気象庁が発表)
※1 災害発生情報は可能な範囲で発令されるもので、必ず発令されるわけではありません。
※2 避難指示(緊急)は緊急的又は重ねて避難を促す場合に発令されるもので、必ず発令されるわけではありません。

こちらのリーフレットもご活用ください。 命を守る正しい避難行動(PDF) (523kbyte)pdf
避難勧告等に関するガイドラインの改訂に関する詳細は内閣府のホームページをご覧ください。

問い合わせ先

危機管理監 危機管理課
電話番号:076-220-2366
FAX番号:076-233-9999
kiki@city.kanazawa.lg.jp