本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の申請・届出書ダウンロードサービスの中の市民向けの中の保険から負担限度額認定申請書
印刷用ページを表示する
 

負担限度額認定申請書

書式

概要

介護保険施設、ショートステイを利用する際、利用料のほかに居住費(滞在費)及び食費の負担が必要となりますが、世帯全員が市民税非課税の場合などの方については、申請により負担額が軽減されます。
ただし、①市民税非課税世帯でも別世帯の配偶者が市民税課税、②市民税非課税世帯(別世帯の配偶者も非課税)でも預貯金等が単身1,000万円、夫婦2,000万円を超える場合のいずれかに該当する場合は対象となりません。
また、平成28年8月から、非課税年金(遺族年金・障害年金)収入も含めて所得判定を行うことになりました。この判定で、平成28年7月31日時点で第2段階である方が、第3段階になる場合があります。(詳しくはこちら

※介護保険負担限度額の認定申請について(ご案内)(261kbyte)pdf


 
【負担限度額】(平成28年8月1日以降)
対象者利用者
負担段階区分
負担限度額
居住費又は滞在費食費
多床室従来型個室ユニット型
個室的
多床室
ユニット型個室
老齢福祉年金受給者で、
世帯全員市民税非課税の方
生活保護を受給されている方
第1段階0円490円
(320円)
490円820円300円
世帯全員が市民税非課税で、
本人の課税年金収入額と合計所得金額と
遺族年金及び障害年金の収入額の合計が
80万円以下の方
第2段階370円490円
(420円)
490円820円390円
世帯全員が市民税非課税で、
本人の課税年金収入額と合計所得金額と
遺族年金及び障害年金の収入額の合計が
80万円を超える方
第3段階370円1,310円
(820円)
1,310円1,310円650円
上記以外の方第4段階利用者と施設・事業者との契約により決められます。
( )内は、介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、短期入所生活介護の場合

申請できる人

上記の方

申請方法

下記の受付窓口に負担限度額認定申請書を提出してください。

受付窓口・時間

市役所介護保険課「福祉と健康の総合窓口」
泉野・元町・駅西福祉健康センター「福祉と健康の総合窓口」
午前9時から午後5時45分まで
(ただし、福祉健康センターについては午前8時30分から午後5時15分まで)

申請時に必要なもの

手数料

不要

注意事項

限度額認定は申請のあった月の初日から適用されます。認定を受けようとする方は介護保険施設、ショートステイを利用する前に速やかに申請してください。
また、この制度の適用の期間は、8月1日から翌年7月31日までです。適用期間ごとに申請が必要になりますのでご注意ください。

関連リンク

問い合わせ先

福祉局 介護保険課
電話番号:076-220-2264
FAX番号:076-220-2559
kaigo@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。