本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の構想・計画の中の金沢健康プランから8つの取り組み分野
印刷用ページを表示する
 

8つの取り組み分野

美しい心、豊かな環境、みんなで育む健康都市・金沢
「金沢健康プラン」をわかりやすく概要版で紹介します。

8つの取り組みの内容

健康づくりの分野を8つに区分けしました。各分野の望ましい姿の実現に向けて、市民・地域・行政が健康づくりの取り組みを進めるものとします。

1.食生活

1

(望ましい姿)

1日1食は、家族や仲間と楽しく食べる
個々のライフスタイルに応じた望ましい食生活をする
外食・中食(注1)でも健康的な食生活をできるようにする
適正体重(注2)を維持する

2.身体活動・運動

2

(望ましい姿)

個々の年齢や体調に応じて、無理なく運動を継続する(習慣とする)
家族や仲間と楽しく体を動かす

3.こころの健康

3

(望ましい姿)

ストレスと上手につきあう
十分な休養をとる
自然や人とのふれあいを大切にし、生きがいを持ち続ける

4.喫煙

4

(望ましい姿)

たばこの健康への影響を知る
分煙運動を推進する
未成年者の喫煙を防止する

5.飲酒

5

(望ましい姿)

多量飲酒が心身に与える影響を知る
健康的な酒の飲み方を知る
未成年者の飲酒を防止する

6.歯の健康

6

(望ましい姿)

健康な歯と歯ぐきを保ち、いつまでも自分の歯でおいしく食べる

7.健康管理

7

(望ましい姿)

すべての世代が、定期的に健康診査を受け、
自分の健康記録を持つ
生活習慣病に関する知識を持って、自分に合った
実践可能な健康づくりを推進する

8.主観的健康観

8

(望ましい姿)

疾病・障害の有無に関わらず、自分は健康だと思えるようにする
長生きしたい、長生きしてよかったと思う毎日をめざす
加齢や個々の置かれた環境に左右されることなく、
日々の生活に「気持ちのハリ」や「生きがい」を持ち続ける

主観的健康感について

割合グラフ

「気持ちのハリや生きがいを持って、楽しく暮らす」という主観的健康感の重要性が指摘されています。
アメリカでの調査で、疾病や障害の有無に関わらず、自分が健康であると思って生活している人の方が、そうでない人より長生きしているという報告があります。
「金沢市市民健康意識・実態調査」では70歳以上の高齢者に「健康ではない」と感じている方が多く、取り組み分野のひとつとしました。

注1.調理済みの惣菜を買ってきて家庭で食べること
注2.適正体重=身長(m)×身長(m)×18.5~25未満

問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。