本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の高齢者の健康づくりからフレイル予防事業
印刷用ページを表示する
 

フレイル予防事業

フレイル予防とは

年をとって心身の活力(筋力、認知機能、社会とのつながりなど)が低下した虚弱な状態を「フレイル」といいます。

フレイルの兆候を早期に発見して正しい対処をすれば進行を抑制したり健康な状態に戻したりすることができます。金沢市では、地域一丸となってフレイル予防に取り組むため、「フレイル予防事業」を行っています。

 

東京大学高齢社会総合研究機構と協定を締結しました

高齢者の健康づくりの推進に関する連携協定締結式
高齢者の健康づくりの推進に関する連携協定

平成30年9月9日日曜日、金沢市と東京大学高齢社会総合研究機構との
「高齢者の健康づくりの推進に関する連携協定」を締結しました。

フレイルは、その兆候があるかどうかをチェックし、早期に自覚することが重要です。
東京大学高齢社会総合研究機構から、フレイル予防プログラムの提供により、市民全体で高齢者の健康づくり活動に取り組む健康長寿のまちづくりの実現を目指します。

 

キックオフセミナーを開催しました

フレイル予防事業キックオフセミナー
フレイル予防事業キックオフセミナー

協定締結式に引き続き、フレイル予防事業キックオフセミナー(講演会)を開催し、
約270名の市民の方にご参加いただきました。

先生より、フレイル予防は「継続して取り組んでいくこと」、「人とのつながりを大切にすること」がポイントであると教えていただきました。金沢市でも、市民全体で継続してフレイル予防に取り組んでいきます。

[日時]平成30年9月9日日曜日13時45分~15時30分
[場所]金沢市保健所3階 駅西健康ホール「すこやか」
[講師]飯島 勝矢 氏(東京大学高齢社会総合研究機構 教授)
 

第1回フレイルサポーター養成講座を開催しました

フレイルサポーター養成講座
フレイルサポーター養成講座

平成30年10月23日、24日の2日間、計6時間の養成講座を受講した16名の「フレイルサポーター(第1期生)」が誕生しました。フレイルサポーターとは、市民自らがフレイル予防に取り組むための市民ボランティアです。
今後、フレイルサポーターが中心となり、「フレイルチェック」を行います。フレイルチェックでは、市民が早期にフレイルの兆候に気付き、適切な対処につなげることを目指しています。

第1回フレイルチェックを行いました

第1回フレイルチェック
第1回フレイルチェック

平成30年11月28日、金沢健康プラザ大手町にて65歳以上の市民の方16名へフレイルチェックを行いました。
フレイルチェックでは、フレイルサポーターが中心となり、参加者とともに楽しみながら、現在の心身の状態を確認していきます。チェックの結果を生活の改善などに活かし、6か月毎に再びフレイルチェックを行うことで、その成果の確認を継続して行う予定です。

フレイルチェックを受けてみませんか?

各地域の「集いの場」へフレイルサポーターが出向き、フレイルチェックを行います。
フレイルチェックを受けてみたいという団体・グループの方は、お問い合わせください。

[対象・要件等]
 65歳以上の金沢市民が概ね10人以上参加する団体・グループ
 概ね6か月毎にフレイルチェックを実施できること
 ※1回のフレイルチェックにつき、約2時間かかります

[問い合わせ先]
 金沢・健康を守る市民の会 住所:金沢市大手町3番23号
 電話番号:076-222-0103 FAX番号:076-222-4366

 

問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。