本文へジャンプ

熱中症にご注意ください

熱中症とは

  気温や湿度が高い所に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に
熱がこもった状態をいいます。
  屋外だけでなく家の中で何もしていない時でも熱中症になる場合もあり、救急搬送され、場合によっては死亡することもあります。

◇熱中症の症状は◇
  めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違うなど。
  重症になるとけいれんや返事がおかしい、意識消失などが起こります。
 

熱中症予防のポイント

 ◇こまめに水分補給する◇
    ・室内でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液*などを補給する                       
     *水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの
 
◇暑さを避ける◇
    ・扇風機やエアコンを使って温度調整し、部屋の温度をこまめにチェックする
    ・室温があがりにくい工夫(すだれ、遮光カーテン、打ち水など)をする
    ・身体を締め付けないデザインで通気性、吸湿性のよい素材の衣服を着る
    ・屋外では、日傘や帽子を着用 日陰を利用しこまめに休憩する
    ・天気の良い日は、日中の外出をできるだけ控える 
 

熱中症が疑われる人に気づいたら

重症度 主な症状   対    応
Ⅰ度
軽症
めまい・立ちくらみ
筋肉の痛み
こむら返り
大量の汗
  ⇒涼しい場所に移動 安静
水分・塩分、経口補水液などの補給
 
Ⅱ度
中等症
頭痛
吐き気・嘔吐
身体がだるい
身体に力が入らない
集中力や判断力が低下
  ⇒涼しい場所に移動 安静
冷たいタオル、氷等で身体を冷やす
水分・塩分、経口補水液などの補給
     ↓
口から飲めない、症状が改善しない時は
医療機関を受診する
 
Ⅲ度
重症
意識障害(呼びかけに対し反応がおか
しい・会話がおかしいなど)
運動障害(普段どおりに歩けないなど)
けいれん   
  ⇒ためらわず救急車を呼ぶ
      +
涼しい場所に移動 安静
身体が熱ければ保冷剤などで冷やす
    

熱中症に関する相談窓口

  泉野福祉健康センター   TEL  242-1131  FAX  242-8037
  元町福祉健康センター    TEL  251-0200  FAX  251-5704
  駅西福祉健康センター   TEL  234-5103  FAX  234-5104
 

熱中症情報に関するリンク

   石川県          「熱中症予防情報(外部リンク) 」
  厚生労働省   「熱中症関連情報(外部リンク) 」
          「健康のため水を飲もう推進運動(外部リンク) 」 
   石川労働局  「職場における熱中症対策について(外部リンク) 」
  環境省      「熱中症予防情報サイト(外部リンク) 」
                      「熱中症予防声かけプロジェクト(外部リンク) 」
  気象庁          「熱中症に注意(外部リンク) 」 
                 「異常天候早期警戒情報(外部リンク) 」
 

問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp