本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の新型コロナウイルス感染症関連情報の中の新型コロナウイルスワクチン接種についてから新型コロナウイルスワクチンの接種に関する「よくある質問と回答」
印刷用ページを表示する
 

新型コロナウイルスワクチンの接種に関する「よくある質問と回答」

問い合わせ先
金沢市新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:076-213-5670
FAX番号:076-265-1452
(FAX受信専用ダイヤルです。番号をお確かめの上、ご連絡をお願いします)
メール:kanazawa5670@circus.ocn.ne.jp
受付時間:平日9:00~17:45
 

ページトップへ

金沢市の接種対象者について

No. 質問 回答
金沢市の接種対象者はどんな人ですか。接種を受ける日に金沢市の住民基本台帳に記録されている16歳以上の方です。(住民登録のある外国人住民を含む)
金沢市内で優先対象となる高齢者は何人いますか。約12万人です。
やむを得ない事情があり、住民票を置いていない市町村で接種を受ける場合、どうすればよいですか。住民票のある市町村から発行された接種券で、金沢市内での接種が可能です。
接種対象者は市町村によって違うのですか。市町村ごとでの対象者の違いはありません。
1度目の接種を金沢市で受けた後、他の市町村に引っ越す予定があります。その場合も金沢市で接種を受ける必要がありますか。他の市町村で接種可能です。ただし、接種には住民票のある市町村が発行した接種券が必要となりますので、転入先の市町村にご確認ください。また、1回目に受けたワクチンと同じ種類のワクチンの接種が必要となります。

ページトップへ

金沢市の接種順位について

No. 質問 回答
私はいつワクチンを接種できますか。16歳以上の市民の方に接種券を送付し、優先順位に従い、接種できます。
接種の時期は、年齢や基礎疾患の有無等に応じて決められている接種の順位によって異なります。
接種を行う期間は、令和4年(2022年)2月末までの予定です。
接種はどのような優先順位で行われるのですか。(1)医療従事者
(2)65歳以上の高齢者、
(3)基礎疾患患者や高齢者施設等において利用者に直接接する職員
(4)それ以外の方
となっています。詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0047.html
なぜ接種の優先順位が決められているのですか。当面、確保できるワクチンの量に限りがあり、その供給も順次行われる見通しであることから、優先順位を決めて接種を行うこととしています。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0048.html
高齢者とはどういう人ですか。令和3年度中に65歳以上となる昭和32年4月1日以前に生まれた方です。
なぜ高齢者は接種が優先されているのですか。高齢者は、新型コロナウイルス感染症の重症化・死亡のリスクが高いため、接種が優先されています。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0049.html
私は65歳以上ですが、ワクチンを接種することができますか。65歳以上の方は接種対象です。
新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高いため、早い優先順位で接種いただくことができます。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0029.html
子どもはワクチンを接種することができますか。
何歳から接種ができますか。
予防接種法に基づく公費での接種の対象は、接種の日に満16歳以上の方です。
このため、16歳に満たない方は、ワクチンの接種の対象にはなりません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0044.html
日本に住んでいる外国人は接種を受けられますか。日本国内に居住する外国人の方は、原則として接種の対象となります。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0046.html
接種対象の「16歳以上」とはいつ時点の年齢ですか。接種日時点の年齢です。
10基礎疾患患者の基礎疾患とはどのような疾患ですか。国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0034.html
11基礎疾患は持っていないが、優先して接種を受けられないのですか。優先順位が定められておりますので優先順位に従ってお受けください。
12短期滞在の外国人は接種対象者となりますか。対象になりません。
13生活保護受給者も接種対象者となりますか。対象になります。
14高齢者の接種優先時期に接種を受けなかった場合、その後は受けれなくなってしまうのですか。あくまで優先接種ですので、優先時期をすぎても接種は可能です。
15・高齢者施設の従事者ですが接種順位はいつになりますか。

・介護老人保健施設で働いるのですが、接種順位はいつになりますか。

・認知症対応型共同生活介護で働いているのですが、接種順位はいつになりますか。

・更生施設で働いているのですが、接種順位はいつになりますか。

・福祉ホームで働いているのですが、接種順位はいつになりますか。

・有料老人ホームで働いているのですが、接種順位はいつになりますか。

・サービス付き高齢者向け住宅で働いているのですが、接種順位はいつになりますか。
高齢者に次ぐ接種順位と位置付けられていますが、接種時期については現時点では決まっていません。
今後、ホームページ等でお知らせします。
接種順位について、詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0047.html

ページトップへ

金沢市での接種の予約

No. 質問 回答
予約はどのようにすればよいですか。予約受付は5月6日(木)に開始します。
予約方法
①金沢市新型コロナワクチンコールセンター(076-213-5670)に電話連絡
②金沢市のLINE公式アカウントの予約メニューより予約
③接種実施医療機関に連絡
※医療機関へのお問い合わせは5月6日以降にお願いします。
予約しないと受けることができないのですか。ワクチンの個数管理が必要になるので、予約が必要になりますが、ワクチン供給の都合等によりご希望に添えない場合があります。
いつ、どこで接種を受けるかは選べるのですか。選択可能です。

ページトップへ

金沢市の接種方法

No. 質問 回答
在宅療養中のため、接種会場に行くことができないのですが、どのように接種を受ければよいですか。在宅療養を行っている方は原則その主治医が予防接種を行うことを予定しています。
ドライブスルー方式等の導入予定はありますか。ありません。
平日は働いていて接種に行けないのですが、土日祝などの接種は行うのですか。金沢広域急病センター(金沢市西念3丁目4番25号)では、土日祝の日中に接種ができます。実施日、時間については、ホームページ等でお知らせします。
市外にある、かかりつけの診療所で接種できませんか。国が示す基礎疾患を有する方であれば、市外のかかりつけ医で接種することが可能です。ワクチン接種実施の有無も含め、かかりつけ医へご相談ください。
基礎疾患について詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0034.html
家族が高齢者施設入居中ですが、施設で接種できるのですか。市からの接種券が届いた後、施設へご確認ください。
家族が拘留中ですが、どこで接種できるのですか。市からの接種券が届いた後、拘留所へご確認ください。
家族が障害者施設入所中ですが、施設で接種できるのですか。市からの接種券が届いた後、施設へご確認ください。

ページトップへ

接種券について

No. 質問 回答
急に接種券が送られてきたのですが、これは何ですか。新型コロナウイルスの予防接種を受けるときに必要な接種券です。接種時期まで大切にお持ちください。
接種券が届かない場合はどうすればよいのですか。金沢市では、65歳以上の高齢者には4月19日から送付しています。4月23日までに届かない場合は、コールセンター(TEL 076-213-5670)へお問い合わせください。
なお、64歳以下の方への送付時期は現時点では決まっていません。
金沢市で受け取った接種券を他の市町村で使用できますか。接種を受ける市町村の新型コロナウイルスワクチン接種の担当部署にご確認ください。
接種券はどのように市から送付されるのか。市から接種対象者の住民票のある住所に郵便でお送りします。
自分の接種券をあげたり、他人の接種券を使用することはできますか。接種券は本人のみが利用できるものであり、他の方は利用できません。
接種券の送付はいつ頃ですか。65歳以上の高齢者には4月19日から送付しています。
64歳以下の方への送付時期は現時点では決まっていません。決まり次第ホームページ等でお知らせします。
金沢市に住民票を置いているのですが、現在、市外に住んでいます。
この場合接種券はどこに届くのですか。
金沢市の住所(住民票の住所)に送付します。ただし、郵便局に転送届をしていれば転送先の住所に届きます。
2回接種が必要ということは、接種券も2枚届くのですか。1枚の紙に2回分の接種券がついています。シール形式になっていますので、はがさずに保管しておいてください。
接種証明証のようなものはあるのですか。接種券の右側が接種済証になります。接種を受けた病院や診療所などで接種済証が発行されます。
10接種券をなくしてしまったのですが、再発行はできますか。再発行しますので、コールセンター(TEL 076-213-5670)へお問い合わせください。
11他の市町村で接種を受ける場合、住民票所在地の金沢市の接種券が使えますか。金沢市の接種券が使えます。ただし、接種を受ける市町村へ申請が必要な場合がありますので、接種を受ける市町村へご確認ください。また、1回目に受けたワクチンと同じ種類のワクチンの接種が必要となります。
121回目の接種後に接種券をなくした場合、どうすればよいですか。再発行しますので、コールセンター(TEL 076-213-5670)へお問い合わせください。
13再発行にはどのぐらい時間がかかりますか。受付から1週間から10日程度かかる場合がありますので、接種日まで余裕をもって申請してください。
14接種券をなくしたのですが、番号は覚えているので予約してもよいですか。予約はできますが、接種の際には接種券が必要です。再発行の申請をしてください。
15接種の1回目後に金沢市から転出しますが、2回目の接種はどうすればよいですか。接種には住民票のある市町村が発行した接種券が必要となりますので、転入先の市町村にご確認ください。また、1回目に受けたワクチンと同じ種類のワクチンの接種が必要となります。

予診票について

No. 質問 回答
予診票の書き方を教えてください。書き方の見本をご用意しましたので、ご参照ください。

ページトップへ

接種について

No. 質問 回答
接種はどのような流れで行うのですか。「市から接種券を受け取る→予約をする→会場(医療機関等)で予防接種を受ける」という流れです。
予約は5月6日(木)から開始します。
接種にあたって必要になるものはありますか。市から送付する接種券と、本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証、被保険者証等)が必要です。
接種は無料ですか。無料です。
ただし、住民票のある市町村からお送りする接種券が必要です。
接種を受ける際に留意することはありますか。会場でも予防対策は行っていますが、マスクの着用や消毒等はこれまでと同様に行ってください。
接種を受ける前に気を付けることはありますか。          .原則としてワクチン接種は体調が良い時に受けてください。
いつもと様子や体調が違う、何となく調子が悪いという時、また、医薬品でアレルギー反応の経験のある方、食物アレルギーやアレルギー疾患のある方、予防接種そのものに対して緊張する方、注射針や痛みに対して不安がある方は必ず医師に相談してください。
接種当日に接種券を忘れた場合はどうすればよいですか。接種の際には接種券が必要です。必ず持参してください。
接種会場では密対策を行っていますか。予約制による入場制限などを予定しています。
誰が接種していますか。【金沢広域急病センター】看護師による接種を予定しています。
【病院、診療所】病院や診療所にご確認ください。
足が悪くて接種会場まで行けないのですが、送迎してもらえないですか。接種のための送迎は実施していません。
10接種は必ず受ける必要がありますか。必ず受ける必要はありません。接種を受ける方の同意に基づき、接種を実施します。
112回目の接種は1回目とは別の病院や診療所で受けてよいですか。接種を受ける病院や診療所、接種を受ける日の指定はありません。
ただし、今回のワクチンは、現時点で複数のワクチンが予定されており、同じワクチンで2回の接種が必要です。
また、ワクチンによって、2回目の接種間隔が異なります。そのため、正しく接種できるよう、できるだけ2回とも同じ病院や診療所で接種してください。
また、2回目の予約をする際には、必ず1回目のワクチンの種類、1回目の接種日を予約する病院や診療所へお伝えください。
12マイナンバーカードは必要ですか。必須ではありません。
ただし、本人確認書類としては使用できます。
13接種時に必要な本人確認書類とは何ですか。マイナンバーカードや運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。
14接種券を持っていないのですが、お金を払えば受けることができますか。できません。
住民票のある市町村またはコールセンター(TEL 076-213-5670)にお問い合わせください。
15受けないことによる罰則はありますか。ありません。
新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。

ページトップへ

ページトップへ

接種を受ける方法

No. 質問 回答
予診票の書き方が分からないときはどうすればよいですか。予診票の書き方をご覧ください。
また、コールセンター(TEL 076-213-5670)でご相談いただけます。
ご自身の病気のことについてはかかりつけの医師、飲んでいるお薬については薬剤師等にご相談ください。
接種するワクチンは選べますか。接種を受ける時期に供給されているワクチンを接種することになります。
また、複数のワクチンが供給されている場合も、2回目の接種では、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。
「基礎疾患を有する者」に当てはまることを証明するために、診断書は必要ですか。診断書等は必要ありません。
予診票に記載していただき、必要があるときは、問診で病気や治療の状況などを確認します。
認知症などで本人に接種意思を確認することができない場合、家族にて同意書を書いてもらっても良いですか。接種には、ご本人の接種意思の確認が必要です。
意思を確認しにくい場合は、ご家族等に協力いただき、ご本人の意思確認をお願いします。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0035.html
ファイザー社のワクチンは、通常、1回目から3週間後に2回目を接種することになっていますが、どのくらいずれても大丈夫ですか。最も早くて19日後に接種を受けられますが、それより前には受けることができません。
3週間を超えた場合、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0036.html
新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか。原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0037.html

ページトップへ

接種後の生活

No. 質問 回答
ワクチン接種後、生活上で注意することはありますか。ワクチンを接種した後は、接種部位の痛みが出たり、倦怠感、発熱、頭痛や関節痛などが生じることがあります。
できるだけ接種当日・翌日に無理をしないですむように予定を立てておくとよいでしょう。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0043.html
ワクチンを接種した日は、車を運転できますか。ワクチンを接種した後の体調が良好であれば、基本的には運転をしても問題はありません。
ただし、体調に不安がある場合は運転を控えることが大切です。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0042.html
ワクチンを接種した日は、お風呂に入れますか。ワクチンを接種した日にお風呂に入っても構いません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0041.html
ワクチンを接種した後も、マスクは必要ですか。ワクチンを接種した方から他人への感染をどの程度予防できるかはまだ分かっていません。
引き続き、皆さまに感染予防対策を継続していただくようお願いします。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0040.html

ページトップへ

ワクチンの仕組み

No. 質問 回答
ワクチン、予防接種とは何ですか。予防接種とは、感染症の原因となる病原体に対する免疫ができる体の仕組みを使って、病気に対する免疫をつけたり、免疫を強くするために、ワクチンを接種することをいいます。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0017.html
ワクチンにはどのようなものがあるのですか。病原体(ウイルスや細菌など)そのもの又は、病原体を構成する物質などをもとに作ったワクチンがあります。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0018.html
集団免疫とは何ですか。人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなる状態のことです。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0019.html
筋肉注射とはどのような注射でしょうか。痛いのでしょうか。筋肉注射とは、ワクチンなどの医薬品を皮下脂肪の奥にある筋肉に注射する方法のことを指します。
一般的に筋肉注射は皮下注射よりも特別に痛みが強い注射方法ではないと考えられています。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0022.html
mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンは新しい仕組みのワクチンということですが、どこが既存のワクチンと違うのですか。ウイルスのタンパク質をつくるもとになる情報の一部を注射します。
それに対する抗体などができることで、ウイルスに対する免疫ができます。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0021.html
ワクチンは冷凍保存が必要と聞いていますが、流通は大丈夫でしょうか。ドライアイス入り保冷ボックスや、マイナス70℃やマイナス20℃での保管が可能な冷凍庫の準備を進めています。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0020.html

ページトップへ

ワクチンの効果

No. 質問 回答
新型コロナワクチンの効果(発症予防、持続期間)はどうなりますか。現在、国内外で新型コロナワクチンの開発が進められ、新型コロナワクチンの効果や安全性等については確認されているところです。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0011.html
どの会社のワクチンが一番効果がありますか。現時点では1社のワクチンが薬事承認され、有効性や安全性が確認されています。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0013.html
年齢によって、ワクチンの効果や副反応に違いはありますか。今回のワクチンは高齢者に対しても高い発症予防効果があります。一方、若年者に比べて高齢者の方が少し副反応が出にくいことが分かっています。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0014.html
持病の有無によって、ワクチンの効果や副反応に違いはありますか。今回のワクチンは、基礎疾患をもっている方に対しても高い効果があることが分かっています。
過去に重いアレルギー症状を経験されたことがある方は、接種会場で30分間様子をみることが大切です。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0015.html
ワクチン接種後に新型コロナウイルスに感染することはありますか。ワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する場合はあります。また、ワクチンを接種して免疫がつくまでに1~2週間程度かかり、免疫がついても発症予防効果は100%ではありません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0016.html
変異株の新型コロナウイルスにも効果はありますか。一般論として、ウイルスは絶えず変異を起こしていくもので、小さな変異でワクチンの効果がなくなるというわけではありません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0012.html

ページトップへ

ワクチンの安全性と副反応

No. 質問 回答
ワクチンの安全性の確保のため、どのような取り組みをしていますか(審査の厳格性など)。臨床試験の結果などに基づいて、ワクチンの安全性についての審査が行われます。
国内でのワクチン接種の開始後は、副反応を疑う事例について、専門家による評価を行います。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0001.html)
これまでに認められている副反応にはどのようなものがありますか。注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み等がみられることがあります。
まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0002.html
副反応による健康被害が起きた場合の補償はどうなっていますか。健康被害が予防接種によるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0003.html
ワクチンを受けた後に熱が出たら、どうすれば良いですか。ワクチンによる発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなどして、様子をみていただくことになります。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0006.html
ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬で対応いただくことも考えられますが、特に次のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。
・他のお薬を内服している場合や、病気治療中の場合
・激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合
・ワクチン接種後としては典型的でない症状がみられる場合
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0007.html
アレルギー反応が心配されている、ポリエチレングリコール(PEG)やポリソルベートが含まれる医薬品にはどのようなものがありますか。ポリエチレングリコールを含むワクチンは、今回承認されたファイザー社製の新型コロナワクチンが初めてとなりますが、ポリソルベートを含むワクチンは複数存在します。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0004.html
7 アナフィラキシーではどのような症状が出ますか。治療法はありますか。皮膚症状、消化器症状、呼吸器症状が急に起こり、血圧低下や意識レベルの低下を伴う場合もあります。薬の注射などで治療します。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0005.html
8 ワクチン接種で新型コロナウイルスに感染することはありますか。ワクチンを接種したことが原因で新型コロナウイルスに感染することはありません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0010.html
9 高齢者で一番多い副反応は何でしょうか。高齢者で一番多い副反応は、若年者同様、接種部位の痛みです。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0009.html
10mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子供への影響を懸念しています。mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは短期間で分解されていきます。人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0008.html

ページトップへ

私は接種できますか?

No. 質問 回答
ワクチンを接種することができないのはどのような人ですか。一般に、以下の方は、ワクチンを接種することができません。
ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを接種しても良いか、かかりつけ医にご相談ください。
・明らかに発熱している方
・重い急性疾患にかかっている方
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴のある方
・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0025.html
私は持病を持っていますが、ワクチンを接種することはできますか。慢性的な病気のある方もワクチン接種ができる場合が多いですが、病気が悪化しているときには避けた方がよいと考えられます。
かかっている病気によっては、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、かかりつけ医とご相談ください。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0031.html
海外では、アレルギーのある人は接種を受けていますか。アレルギーのある人は副反応が起きやすいのですか。米国CDCは、過去に新型コロナワクチンに対して重いアレルギー反応を起こした方や、同ワクチンに含まれる成分に対して重いアレルギー反応を起こしたことがある方への接種は推奨していません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0023.html
私は過去に蜂に刺されたことがありますが、ワクチンを接種することはできますか。蜂刺されによるアレルギーがある⽅でも、ワクチンを接種することができます。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0032.html
薬を飲んでいる人はワクチンを接種することはできますか。薬を飲んでいるために、ワクチンが接種できないということはありませんが、かかっている病気によっては、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、かかりつけ医とご相談ください。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0030.html
私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができますか。妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、新型コロナワクチンを接種することができます。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/receive/
新型コロナウイルスに感染したことのある人は、ワクチンを接種することはできますか。既にコロナウイルスに感染した人も、新型コロナワクチンを接種することができます。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0028.html

ページトップへ

その他

No. 質問 回答
コロナワクチンナビではなにができるのですか。最寄りの医療機関、接種会場の検索や病院ごとの予約受け付け状況を見ることができます。
ワクチンについて相談したいとき、どこに相談すればよいですか。コールセンター(TEL 076-213-5670)や、かかりつけの医師などにご相談ください。厚生労働省もコールセンターを設置しています。
ワクチンを接種する前にすでに免疫で守られている可能性はありますか。自然免疫や他のウイルスに対する獲得免疫などによって、新型コロナウイルスに対する免疫が得られるかどうかはまだ十分に分かっていません。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0051.html
免疫力はワクチン接種以外でも上げられますか。睡眠時間の確保、運動、禁煙、肥満や低体重を避けること、バランスの良い食事を摂ることなどが感染防御のために有利だと考えられています。
しかし、食事の工夫などのみでワクチンのように特定の感染症のリスクを下げることは困難です。
詳しくは国のホームページをご覧ください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0050.html
 
問い合わせ先
金沢市新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:076-213-5670
FAX番号:076-265-1452
(FAX受信専用ダイヤルです。番号をお確かめの上、ご連絡をお願いします)
メール:kanazawa5670@circus.ocn.ne.jp
受付時間:平日9:00~17:45
 
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。