本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の予防接種からお知らせ
印刷用ページを表示する
 

お知らせ

「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」に基づく接種に係る医薬品副作用被害救済制度の請求期限について

 平成25年3月31日までに、金沢市の助成により、ヒトパピローマウイルスワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンのいずれかを接種した方のうち、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合があります。
 認定を受けるためには、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に請求する必要がありますが、支給対象となるのは、請求した日からさかのぼって5年以内に受けた医療に限られています。
 具体的な請求方法等については、以下のPMDAの相談窓口にお問い合わせください。

【相談窓口】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 救済制度相談窓口
0120-149-931(フリーダイヤル)
 ※フリーダイヤルがご利用になれない場合は、03-3506-9411(有料)をご利用ください。
〈受付時間〉
月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前9時から午後5時

3種混合ワクチン(DPT)の販売中止について

 平成26年12月に、3種混合ワクチン(DPT)の販売が中止になり、それ以後に個別販売されたものを含め、国内に存在するすべての3種混合ワクチン(DPT)について、平成28年7月15日をもって有効期限切れとなりました。
 3種混合ワクチン(DPT)の予防接種がお済みでない方は、未接種分を4種混合ワクチン(DPT-IPV)に切り替えて接種することになります。その場合、健康政策課又は福祉健康センターで、3種混合ワクチン(DPT)の接種券と4種混合ワクチン(DPT-IPV)の接種券の交換が必要になります。
 なお、これまでは不活化ポリオワクチン(IPV)は4回を超えて接種することができませんでしたが、有効性および安全性が確認されたことから4回を超える不活化ポリオワクチン(IPV)の接種が可能となりました。不活化ポリオワクチン(IPV)の接種を完了(4回)していて三種混合ワクチン(DPT)の接種が完了していない場合は、四種混合ワクチン(DPT-IPV)を使用し接種することになります。
 詳しくは「ポリオとポリオワクチンの基礎知識Q&A」をご覧ください。

お問い合わせ

予防接種専用電話 : 076-220-2701

問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。