本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から飼い主の皆様へ ペットの不妊・去勢手術をおすすめします
印刷用ページを表示する
 

飼い主の皆様へ ペットの不妊・去勢手術をおすすめします

 「手術をするのはかわいそう」などの理由で不妊・去勢手術をしないでいると、飼い主の知らない間に子犬や子猫が産まれることがあります。動物は本能で繁殖を行い、自らの意思で繁殖をコントロールすることはできません。世話をしきれなくなること(多頭飼育崩壊)は社会問題にもなっています。望まれない命を生み出さないためにも、愛犬・愛猫の不妊・去勢手術を行い、責任をもって世話ができる頭数を飼育しましょう。

不妊・去勢手術はかわいそう?

 かわいそうだから、不妊・去勢手術はしないという声を聞きます。確かに、健康な体にメスを入れることには抵抗があるかもしれません。しかし、動物は本能で繁殖を行います。不妊・去勢手術も行わないが、繁殖もさせないというのは動物にとって大きなストレスとなります。不妊・去勢手術は、一回の処置で一生、望まない命を生み出さない、とても効果的な繁殖制限措置であるだけでなく、性ホルモンの影響や繁殖に関するストレスをなくすため、健康面や行動面にも様々な利点があります。

不妊・去勢手術の主な利点と欠点

  メス:不妊手術(卵巣と子宮の除去) オス:去勢手術(精巣の除去)
利点・望まない妊娠がなくなる
・卵巣、子宮の病気のリスクがなくなる。
・乳腺腫瘍などの病気のリスクが低くなる。
・様々なリスクが軽減することにより、寿命が延びる。
犬では
・出血で部屋をよごすことがなくなる。
・周期的な性格の変化がなくなり安定して飼いやすくなる。
猫では
・発情期特有の困った行動がなくなる。
(大きな鳴き声、トイレ以外での排尿、外に出たがるなど。)
 
・望まない交尾がなくなる。
・精巣の病気のリスクがなくなる。
・メスへの興味によるストレスが軽くなる。
・様々なリスクが軽減することにより、寿命が延びる。
犬では
・前立腺肥大や肛門周囲腺腫瘍などの病気のリスクが低くなる。
猫では
・発情期特有の困った行動がなくなる。
(大きな鳴き声、マーキング、外に出たがる、ケンカなど。)
・猫エイズなどケンカや交尾で感染する病気のリスクが低くなる。
 
欠点・手術には全身麻酔のリスクがある。(適切な麻酔管理で軽減できる。)
・術後、肥満傾向になる。(適切な食餌管理と運動で防げる。)

いつ、手術をしたらいいのでしょう?

 繁殖させる予定がないのであれば、最初の発情の前(性成熟の前)に不妊・去勢手術を行えば、一生涯、繁殖に関するストレスから解放し、安定した生活をおくらせることができます。
 犬や猫の不妊・去勢手術の時期は生後6か月以降といわれていますが、近年ではそれより早い月齢でも実施しています。個々の動物の適期は、動物の発育状態や健康状態にもよりますので、詳しくは動物病院の獣医師に相談してください。

問い合わせ先

保健所 衛生指導課 動物愛護管理センター
電話番号:076-258-9070
FAX番号:076-258-9071
doubutsuaigo@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。