本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から食肉の残留有害物質検査
印刷用ページを表示する
 

食肉の残留有害物質検査

 

 食肉に抗生物質等の残留がないか、次の検査を行っています。

(1)残留有害物質検査
  食肉に農薬、飼料添加物及び動物用医薬品が厚生労働大臣の定める量を超えて残留していな
 いかの検査を実施している。検査項目により試験法は次のように異なる。
 ・抗生物質
  平成6年7月1日付け衛乳第107号「畜水産食品中の残留抗菌性物質簡易検査法」により実
  施している。
 ・合成抗菌剤等及び駆虫薬
  平成17年1月24日付食安発第012300号「食品に残留する農薬、飼料添加剤又は動物用医薬
  品の成分である物質の検査法」により実施している。
 
 1)残留有害物質サーベイランス検査(抗菌性物質等の使用が疑われた獣畜)

単位(件)

畜種 検査項目   検査頭数(頭) 検査検体数 陽性数
牛(こうしを含む)抗生物質12240
抗生物質30600
めん羊・山羊抗生物質330
合計45870

 2)残留有害物質モニタリング検査(健康な獣畜の検査)

(単位:件)

畜種 検査項目 検査頭数(頭) 検査検体数 陽性数
牛(こうしを含む)抗生物質901800
合成抗菌剤等22280
駆虫薬350
抗生物質1402800
合成抗菌剤等49550
駆虫薬28320
合計3325800
当所独自モニタリング及び平成20年4月1日付事務連絡「畜水産食品の残留有害物質モニタリング検査について」に準じた検査により実施している。
・1)、2)の陽性数は陽性又は基準値超えの件数

(再掲)動物用医薬品別の高速液体クロマトグラフ検査頭数内訳
(単位:頭)
 
  動物用医薬品名
抗生物質アンピシリン62026
テトラサイクリン系 1)3710
合成抗菌剤サルファ剤系 2)111627
マルボフロキサシン 3)268
駆虫剤イベルメクチン系 4)01515
フルベンダゾール 5)066
レバミゾール3710
合計2577102

   1)オキシテトラサイクリン、クロルテトラサイクリン、テトラサイクリン
     * 残留基準値は3剤の総和
   2)スルファジアジン、スルファメラジン、スルファモノメトキシン、スルファメトキサ 
     ゾール、スルファジメトキシン、スルファジミジン
   3)マルボフロキサシン
   4)イベルメクチン、ドラメクチン
   5)フルベンダゾール、R35475
     * 残留基準値は2剤の総和
 

問い合わせ先

保健所 食肉衛生検査所
電話番号:076-257-1402
FAX番号:076-257-2083
syokuniku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。