本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から麻しんについて
印刷用ページを表示する
 

麻しんについて

平成30年6月11日(月)に、石川県より「石川県に滞在歴のある麻しん(はしか)患者の発生について」注意喚起がありました。

麻しん(はしか)を予防するには、予防接種が最も効果的な方法です。
予防接種(定期接種、大人の麻しん風しん任意予防接種費助成)についてはこちらをご参照ください。
ただし、妊娠している方は麻しん風しんワクチンの予防接種はできませんので、ご注意ください。

関連リンク:石川県ホームページ(外部リンク)
      名古屋市ホームページ(外部リンク)

麻しんとは

麻しんウイルスによって引き起こされる感染症です。感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、感染力は非常に強いと言われています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ、100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が続きます。
肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。
命を落とすこともある非常に怖い病気です。
 

麻しんの症状は?

10~12日の潜伏期間の後、発熱や咳、鼻水、目の充血などの症状(カタル症状)が現れます。
これらが数日間続いた後、口腔内に白い粘膜疹(コプリック斑)が現れます。
コプリック斑が出ると、一旦熱は下がりますが、すぐに39℃以上の発熱と発疹が出現します。
発疹は耳後部から首、顔から出始め、体から手足の順に広がります。この時期には、カタル症状は一層強くなります。
 

予防方法は?

麻しんは感染力が非常に強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみでは予防できません。
予防する唯一の方法は予防接種です。
麻しん含有ワクチン(主に接種されているのは、麻しん風しん混合ワクチン)を接種することによって、95%以上の人が麻しんウイルスに対する免疫を獲得できると言われています。また、2回の接種を受けることで免疫が増強され、1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。

◆予防接種法に基づく定期予防接種について
・1歳児(第1期)と小学校入学前の幼児(第2期)が受けることができます。対象年齢のお子さんは
 早めに予防接種を受けましょう。

 定期予防接種について
 
・これまでの麻しん予防接種について

生年月日 定期接種の時期
昭和48年4月1日
~平成2年4月1日生まれ
1回目:幼児期
平成2年4月2日
~平成7年4月1日生まれ
1回目:幼児期
2回目:高校3年生相当の年齢
平成7年4月2日
~平成12年4月1日生まれ
1回目:幼児期
2回目中学1年生相当の年齢
平成12年4月2日以降生まれ1回目:生後12か月以上24か月未満
2回目:小学校入学前の1年間

◆任意予防接種について
・麻しんにかかったことがなく、ワクチンを1回も受けていない方はかかりつけ医にご相談ください。
 任意接種(費用は自己負担)で受けることができます。
・平成30年4月1日から大人の麻しん風しん任意予防接種費の助成をはじめました。
 詳しくはこちらをご参照ください。
・海外では麻しんが流行している国があります。海外渡航前に予防接種歴を確認しましょう。
  麻しん啓発ポスター(海外渡航前に麻しんの予防接種をお忘れなく!) (90kbyte)pdf
  麻しん啓発チラシ(海外渡航前に麻しんの予防接種をお忘れなく!) (203kbyte)pdf

関連リンク

ご質問等がありましたら、金沢市保健所へご相談ください。
〔電話相談窓口〕
金沢市保健所 地域保健課 感染症対策係
電話:(076)234−5116
受付時間:平日午前8時30分〜午後5時15分

問い合わせ先

保健所 地域保健課
電話番号:076-234-5102
FAX番号:076-234-5104
tikiho@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。