本文へジャンプ

旅館業許可申請

書式

概要

次の場合に届出してください。
旅館業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿)を経営する際に、営業の許可を受けるための申請
施設を移転したり、大規模な増改築をした場合
名義変更をする場合(個人から法人、法人から個人に変更する場合も含む)

営業を開始するまでの手順

構造設備等で許可の基準に適合しない場合には工事のやり直し等が必要になることもありますので、計画の段階で事前に相談してください。
また、旅館業法以外の関連法令等を所管する担当各課へも、計画のわかる書類(図面等)を持参の上、相談してください。(関係法令等及び担当課一覧はこちらをご覧ください)
申請書類は、営業開始の1ヶ月程度前までに、手数料を添えて提出してください。

申請方法

保健所衛生指導課の窓口に旅館業許可申請書と下記の添付書類を提出してください。
○添付書類(主なもの)
(1) 構造設備の概要書 ※
(2) 構造設備の別紙 ※
(3) 施設平面図(縮尺100分の1程度で、消防設備の設置状況が明示されたもの) ※
(4)   営業施設の付近見取図(おおむね半径100メートル以内) ※
(5)   法人の場合は登記事項証明書若しくは定款又は寄付行為の写し
(6)   土地及び建物の所有関係を証する書類
  :不動産登記事項証明書(全部事項証明書)
  ※ 申請書が所有者でない場合は賃貸借に関する契約書の写し又は所有者の承諾書の写し
(7)   建築基準法確認通知書又は検査済証の写し ※
(8)   消防法令適合通知書の写し ※
(9) 水道水以外の水を飲用水とする場合は、水質検査成績書の写し(飲用井戸と同様の項目)
(10) 共同浴室を設置する場合は、湯水の配管系統図 ※
(11) 金沢市における社会環境に悪影響を及ぼすホテル等の建築の規制に関する条例の確認書の写し
(12) 金沢市における市民参画によるまちづくりの推進に関する条例の通知書の写し

注1) (5)から(9)、(11)及び(12)については、原本もあわせて持参してください。
注2)営業譲渡の場合は、※印の書類のうち変更がない書類の添付を省略することができます。
    この場合には、当該営業を譲り受けたことを証する書類を添付してください(営業の譲渡
    者が署名する場合は不要です。)。

手数料

22,000円

注意事項

旅館の定義等については、こちらを参考にしてください。

相談・申請の窓口

衛生指導課・民泊適正運営指導室
TEL:076-234-5114
         076-234-5111
E-mail:eishi@city.kanazawa.lg.jp
営業時間 平日 午前8時30分~午後5時15分