本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から「セアカゴケグモ」にご注意ください
印刷用ページを表示する
 

「セアカゴケグモ」にご注意ください

「セアカゴケグモ」の発見について

令和元年8月19日、令和元年8月23日に金沢市内において特定外来生物の「セアカゴケグモ」が発見されました。市内では、平成26年7月に発見されており、今回3例目の発見となります。
ゴケグモ類は、熱帯から亜熱帯を中心に分布するクモで、毒をもっています。

毒グモですが、その習性はおとなしく、素手でつかんだりクモの巣に触れたりしない限り咬まれることはありません。セアカゴケグモを見つけても絶対に素手で触らないでください。
見つけた場合、足で踏みつぶす、殺虫剤を噴霧する等して対処するようお願いします。

特徴は

脚を含まない体長は雄が4から5mm、メスが7から10mm。メスの腹部背面中央にはゴケグモ特有の目立った赤色の縦班条があります(オスには赤い班紋はありません)。毒を持っているのは、メスのみです。

セアカゴケグモの写真
セアカゴケグモのメス 背面(環境省HPより)

生息場所

日当たりが良い暖かい場所で、地面や人工構造物のあらゆる窪みや穴、裏側、隙間に営巣します。
屋外に置かれていた傘、衣服、おもちゃ等に付着して、屋内に持ち込まれる可能性があります。
 

咬まれた場合の症状

・針で刺されたような痛みを感じます(すぐに痛みを感じないこともあります)。
・その後咬まれた箇所が腫れたり、痛みが全身に広が発汗や吐き気を引き起こすことがあります。
・症状のピークは3~4時間で、通常数時間から数日で症状は軽減しますが、小児や高齢者では、重症化することがあります。

咬まれたときは

咬まれた箇所を水で洗い患部を冷やすこと、多少出血があっても包帯などをしないこと。殺虫剤等で殺したクモを持って医療機関に受診すると適切な治療につながります。

お問い合わせ先

金沢市保健所衛生指導課 
8時30分~17時15分
TEL 234-5114

問い合わせ先

保健所 衛生指導課
電話番号:076-234-5112
FAX番号:076-220-2518
eishi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。