本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から食中毒予防のために
印刷用ページを表示する
 

食中毒予防のために

食中毒予防のためにのイメージ

食中毒は大きく分けて、細菌によるもの、フグやキノコなど自然毒によるもの、 有害化学物質によるもの及びウイルスによるものの4つに分類されます。その中でも食中毒発生件数の約90%を占めるのが細菌性食中毒です。

細菌性食中毒 感染型
食品中であらかじめ増殖した多数の 食中毒原因菌を食品とともに摂取し、 これが、腸管内粘膜を刺激し、下痢、腹痛 などの症状を起こす。
腸炎ビブリオ
サルモネラ
カンピロバクター等
毒素型
細菌が増殖する際につくられる毒素 を食品とともに摂取し、腸管で吸収されて発病する。一般に感染型より早く 症状が出現する。潜伏期間は3時間ほど。
黄色ブドウ球菌
ボツリヌス菌等
化学性食中毒 誤用、混入、残留等により病因物質が食品中に存在することにより発生する。農薬
有害金属
メチルアルコール等
ウイルス性食中毒 食品と一緒に体内に入り、腸管で増殖し、発病する。ノロウイルス
ロタウイルス
アデノウイルス 等
自然毒食中毒 植物性毒キノコ
ジャガイモの芽等
動物性フグ
オニカマス等
その他の
食中毒
アレルギー様食中毒
サンマのミリン干しなど、食品中で生成したヒスタミン等により起こる。
 
マイコトキシコーシス
カビの代謝産物(マイコトキシン) の摂取による健康障害。
ピーナッツのカビ

予防のポイントは? 

問い合わせ先

保健所 衛生指導課
電話番号:076-234-5112
FAX番号:076-220-2518
eishi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。