本文へジャンプ

卵の衛生

家庭における卵の衛生的な取扱いについて

卵の衛生のイメージ

全国的に「卵類及びその加工品」によるサルモネラ食中毒が発生しています。
家庭でのサルモネラ食中毒予防として、卵の取扱いについて、そのポイントをお知らせします。

  1. 卵はきれいで、ひび割れのない、新鮮なものを購入しましょう。
  2. 持ち帰った卵は、すぐ冷蔵庫に入れましょう。
  3. 卵を調理するときは十分加熱しましょう。(そのめやすは、卵黄も白身もかたくなるまでです)
  4. 卵かけご飯、すき焼き、納豆にかけるなど、卵を生で食べる場合には、破卵やひび割れ卵は使用せず、食べる直前に殻を割りましょ う。
  5. 生食する場合は消費期限内で。消費期限がすぎた時は加熱用として食べましょう。

この五つのポイントを守り卵を安全に食べましょう。  
 

問い合わせ先

保健所 衛生指導課
電話番号:076-234-5112
FAX番号:076-220-2518
eishi@city.kanazawa.lg.jp