本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から飲食店等を開店する前に
印刷用ページを表示する
 

飲食店等を開店する前に

飲食店等を開店する前にのイメージ

 食品関係の営業を始める時には、飲食店などの多くの業種で、食品衛生法や県条例に基づき営業許可の取得が必須となっています。許可を受けるにあたっては、施設が基準に適合する必要があります。また、許可取得まで、手続きに時間が掛かる場合があります。詳細については、工事着工前に施設の設計図等をご用意の上、金沢市保健所衛生指導課窓口へ来所いただくか電話にてご相談ください。
 なお、営業施設が建築基準法・風俗営業者等の規制及び業務の適正化等に関する法律・消防法等、関係他法令に適合しているかどうかは、それぞれ所轄の部署にご確認ください。

許可取得までのスケジュール

 許可取得までのスケジュールは概ね次のとおりです。
1 事前相談
  ・ 施設工事着工前に施設の設計図等をご持参のうえ、窓口までご相談ください。
  ・ 申請書の記載方法、食品衛生責任者等の設置の要不要、手数料の説明等を行います。     2 申請書受付
  ・ 開業予定日の1週間前までに窓口にて行ってください。
  ・ 申請書、添付書類を確認します。
  ・ 申請内容に問題がなければ、申請書の受理、申請手数料の徴収(現金のみ)及び
    施設検査の日程調整を行います。 
3 施設検査
  ・ 当課の職員が、施設へ出向き、構造設備基準に適合した施設か確認します。
  ・ 検査の際は施設関係者の立会いが必要です。 
4 許可
  ・ 基準に適合していれば、確認日を許可日とし、許可指令書及び営業許可標識を作成
    します。
  ・ 許可指令書及び営業許可標識は後日郵送いたします。営業許可標識がお手元に届き
    ましたら、責任者の標識(※)とともに施設の見やすい場所に掲示してください。
    (※責任者不要の許可の場合、掲示は不要)

許可申請手数料

申請手数料とは別に、許可標識代等、別途諸費用が発生しますので詳しくはお問い合わせください。
 
水道水以外の井戸水等を使用する際には、水質検査が必要になります。

保健所に提出する各種書類

営業許可申請書

  1. 許可期間満了後も引き続き営業を行なう場合
  2. 施設を移転したり、改築した場合
  3. 他人(親子、夫婦含む)が許可を受けている施設を譲り受けた時
  4. 個人名義を法人名義に変える時(逆の場合も)

変更届

  1. 営業者の住所が変わった時
  2. 結婚などで姓が変わった時
  3. 法人の名称、住所、代表者が変わった時
  4. 施設の屋号・名称が変わった時
  5. 施設の改装をした時
  6. 食品衛生責任者が変わった時

廃業届

  1. 営業を止めた時
  2. 営業施設を他人に譲り渡す時
  3. 許可者が死亡した時(承継する場合は除く)
  4. 法人を解散した時(承継する場合は除く)

承継届

  1. 許可営業者が死亡し、相続人がその営業を引き継ぐ場合
  2. 法人が合併や分割する場合で、合併・分割後存続する法人がその営業を引き継ぐ場合

各書類のダウンロード

問い合わせ先

保健所 衛生指導課
電話番号:076-234-5112
FAX番号:076-220-2518
eishi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。