本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の環境・ごみ・リサイクルの中の環境政策から外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンの実施について
印刷用ページを表示する
 

外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンの実施について

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会では、“食べきり運動”等を推進し、食品ロスを削減することを目的として、令和元年度 外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを実施しています。
このキャンペーンにおいて金沢市では、忘新年会の多い時期に、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる」ことを啓発するキャンペーンを実施します。

▶「食品ロス」についてはこちら
 

宴会時は「おいしくのこさず食べきろう!」

日本の食品ロスは年間約643万トンに上っており、そのうち約1/5にあたる133万トンが外食産業から排出されています(農林水産省推計/平成28年度)。
特に宴会での食べ残しは多く出ており、その割合は約14%といわれています(農林水産省「食品ロス統計調査/平成27年度」)。
 
忘年会・新年会等の宴会の多いシーズンとなりました。宴会時には、まずは「適量注文」でちょうどよい量の料理を注文し、「30・10運動」を実践して、おいしく残さず食べきりましょう!
 

「30・10(さんまるいちまる)運動」とは

3010



乾杯後30分間 と お開きの前の10分間 は
席について料理を食べきる取組です。

幹事さんは是非「おいしくのこさず食べきろう!」
の声かけを!

キャンペーンチラシ



宴会時の食べきり啓発チラシです。
必要に応じて印刷し、ご利用いただけます。

▶宴会時はおいしくのこさず食べきろう!チラシ[PDF:321KB]

外食時の「おいしい食べきり」共同キャンペーン とは

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会(*)の会員自治体、環境省、農林水産省、消費者庁とともに実施するキャンペーンです。「食べきり運動」を推進し、食品ロスを削減することを目的として、忘新年会の多い12月、1月に「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる」ことを重点的に啓発するものです。
 
(*)「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する都道府県・市区町村により、広く全国で食べきり運動等を推進し、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進すると共に、食品ロスを削減することを目的として設立されたネットワークです。
R1.11.27現在、412自治体が参加。金沢市も参加しています。

▶全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会(外部サイトにリンクします)
 

問い合わせ先

環境局 環境政策課
電話番号:076-220-2304
FAX番号:076-261-7755
kansei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。