本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の環境・ごみ・リサイクルの中の環境政策から「フードシェアリングモデル事業」を開始しました
印刷用ページを表示する
 

「フードシェアリングモデル事業」を開始しました

金沢市は、事業者からの「食品ロス」を削減するため、フードシェアリングモデル事業を実施しています。
これは、フードシェアリングアプリ「TABETE(タベテ)」を運営する(株)コークッキングと連携し、フードシェアリングサービスを展開するものです。

▶「食品ロス」についてはこちら
 

フードシェアリングとは

店頭で売り切れない食品を、必要としている人に紹介・案内し、割引価格で提供することにより、まだ食べられる食品を無駄にしないようにする取組のことです。

「TABETE」について

「TABETE」は、『フードロス』となる恐れのある料理等の商品を、アプリで出品・購入できるフードシェアリングサービスです。
 

アプリの仕組み

  1. 登録店舗が商品をアプリに掲載
  2. ユーザー(買い手)は掲載されている商品から選び、アプリ上で購入・決済
  3. ユーザーが店舗に行き、商品を受け取る

市民の皆さまへ -「TABETE」を使った食品ロス削減に参加しませんか⁉-

「TABETE」をダウンロードして、環境にやさしい買い物をしましょう!
食事をテイクアウトして、食品ロス削減のお手伝い♪
 
何度でも使える割引クーポンプレゼント中
▶アプリのダウンロード&クーポンはこちらから
【ご注意】
- スマートフォンからの利用が便利です。
- 商品受け取りの際にはスマートフォンでTABETEアプリを起動する必要があります。
 

金沢市内の店舗の皆さまへ

日本では、年間約643万tもの食品ロスが発生しており、そのうち事業者からは約352万tが無駄に廃棄されています。(農林水産省平成28年度推計値)
事業者からの食品ロス量は、飢餓に苦しむ国に対する全世界からの食糧援助量(約350万t/平成28年)と同程度の量に相当します。
▶「食品ロス」についてはこちら
 
食べ物を無駄にしないためのこの取組に賛同していただける店舗の皆さま、ぜひ、参加しませんか。
▶お問合せ・詳細はこちら(外部のウェブサイトにリンクします)

 

問い合わせ先

環境局 環境政策課
電話番号:076-220-2304
FAX番号:076-261-7755
kansei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。