本文へジャンプ

容器包装プラスチック編

ここでは、各家庭から収集された容器包装プラスチックが、どのように処理されているのかを見ていきましょう。
360°画像はこちら(戸室リサイクルプラザ処理棟ピット、手選別工程)
 

戸室リサイクルプラザへ

破袋機で袋を破り、手作業で異物を除去

圧縮して保管

リサイクル工場へ

【Step1】戸室リサイクルプラザへ

容器包装プラスチックは、戸室リサイクルプラザへ運び、専用ピットに排出します。
 

【Step2】破袋機で袋を破り、手作業で異物を除去

ピット内の容器包装プラスチックをクレーンでかくはん(クレーンから落下させ、ごみを細かくする)し、ベルトコンベアに載せます。
その後、破袋機で外袋を破り、風圧で次の工程へ流します。
このとき、二重袋や異物は重さで手選別工程に流し、作業員が目視で確認し、異物を取り除いていきます。
 

【Step3】圧縮して保管

異物が取り除かれた容器包装プラスチックをベール(かたまり)にします。
1つのベールは約240kgあります。
 

【Step4】リサイクル工場へ

ベールにした容器包装プラスチックはリサイクル工場へ運ばれ、パレット(荷物を置くための台)などに生まれ変わります。
 


ベールの積み込み


リサイクルされてできたパレット

360°画像

  • 戸室リサイクルプラザ処理棟ピット
  • 手選別工程(容器包装プラスチック)

その他のごみのゆくえ

問い合わせ先

環境局 ごみ減量推進課
電話番号:076-220-2302
FAX番号:076-260-7193
gomigen@city.kanazawa.lg.jp