本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の環境・ごみ・リサイクルの中のごみ収集・リサイクルからあき缶(資源回収) ※月2回収集
印刷用ページを表示する
 

あき缶(資源回収) ※月2回収集


一番長い辺が25cmまでの、アルミ缶マークもしくはスチール缶マークがついたもの

その他の『資源回収』 ※出す日は同じですが出し方が異なります

メニュー

出し方


ごみステーションのコンテナ(カンメイト)に出してください。
※指定ごみ袋は不要です。
 
【出し方手順】
1.マーク(アルミ缶マーク、スチール缶マーク)を確認
2.中身を使い切ってキャップをはずす
3.中をひと洗い
4.つぶさずに出すポイント へ)

※たばこの吸い殻など、中にものが入っているとリサイクルに支障が出ます。必ず中は空にして出してください。



 

ページトップへ

収集日

あき缶の収集は、【月2回】です。
収集日は、お住まいの地区によって異なります。

各地区の収集日はこちらをご覧ください【 → 収集日(地区別収集カレンダー) 】

※あき缶は第5週目には収集しません。
 (第5週目の収集は容器包装プラスチックのみです)

ページトップへ

対象品目

あき缶

ジュースの缶 ・缶詰の缶
お菓子の缶 びんのふた(金属)  など

※一番長い辺が25cmを超えるもの
( → 金属・小型家電類 へ )

ページトップへ

ポイント

【1】アルミ缶とスチール缶を一緒に収集できる理由
アルミは磁石にくっつきませんが、スチールは磁石にくっつきます。この性質を利用し、あき缶はリサイクルプラザで、磁石を使って選別されています。そのため、ごみステーションに出す際には、分けずに一緒に出せるようになっています。

【2】あき缶はつぶさないで
あき缶をつぶしてしまうと、缶同士がからみ合ってしまい、磁石での選別が困難になってしまいます。缶はつぶさずにごみステーションに出してください。
(※反対に、ペットボトルはつぶして回収をしています)
 


【3】アルミ・スチールが混合している缶は「金属・小型家電類」へ
アルミ・スチールの混合缶(例:側面はスチールで底がアルミの缶など)は、磁石の力による選別ができません。燃やさないごみの「金属・小型家電類」として出してください。

また、キャップだけが別の素材(例:缶はスチールでキャップだけアルミなど)の場合は、キャップを外した状態で、両方ともあき缶に出してください。
 

【4】あき缶の自己搬入
あき缶は、市の資源搬入ステーションや「ストアーくる・ステーション」などに持ち込むことができます。(無料/予約不要)
( → 自己搬入について )

ページトップへ

収集後のゆくえ

あき缶は、東西2か所にあるリサイクルプラザで、磁石の力で選別されたあと、プレス機で圧縮して固められます。

その後、再商品化する工場へと運ばれ、それぞれ再び缶になるほか、
アルミ缶はアルミサッシやアルミホイール、
スチール缶は自動車やレール、家電などのパーツへと加工されていきます。

【詳しくはこちら】

ページトップへ

問い合わせ先

環境局 リサイクル推進課
電話番号:076-220-2302
FAX番号:076-261-7755
recycle@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。