本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のビジネス情報の中の廃棄物処理から低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の無害化処理認定申請の縦覧について(環境開発株式会社)
印刷用ページを表示する
 

低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の無害化処理認定申請の縦覧について(環境開発株式会社)

 環境開発株式会社による低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物に係る無害化処理認定の申請書等の縦覧について、平成30年7月11日付けで告示され、同日から縦覧が開始されましたのでお知らせします。

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)の規定に基づき、低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物について高度な技術を用いた無害化処理を行い、又は行おうとする者は、環境大臣の認定を受けることができます。環境大臣は、認定の申請があった場合には、申請に係る事項について告示し、申請書等を告示の日から1ヶ月間公衆の縦覧に供しなければならないこととされています。

 同法の規定により、本認定に係る施設の設置に関し利害関係を有する者は、環境大臣に生活環境の保全上の見地から意見書を提出することができることとされていることから、当該意見書の提出の募集についても併せて行われています。

1 申請の概要

(1) 申請者
  石川県金沢市大桑町上猫下4番地7
  環境開発株式会社 代表取締役 髙山 盛司

(2) 無害化処理施設の設置の場所
  石川県金沢市新保町ラ11番
  
(3) 無害化処理施設の種類
  廃ポリ塩化ビフェニル等、ポリ塩化ビフェニル汚染物又はポリ塩化ビフェニル処理物の焼却施設

(4) 無害化処理施設において処理する産業廃棄物
 ・廃ポリ塩化ビフェニル等(微量ポリ塩化ビフェニル汚染絶縁油が廃棄物となったもの、ポリ塩化ビ
  フェニルの濃度が5,000mg/kg以下のもの)
 ・ポリ塩化ビフェニル汚染物(微量ポリ塩化ビフェニル汚染絶縁油が塗布され、染み込み、付着し、
  又は封入されたものが廃棄物となったもの、ポリ塩化ビフェニル汚染物のうちポリ塩化ビフェ
  ニルの濃度が5,000mg/kg以下のもの)
 ・ポリ塩化ビフェニル処理物(微量ポリ塩化ビフェニル廃棄物を処理したもの、ポリ塩化ビフェ
  ニル処理物のうちポリ塩化ビフェニルの濃度が5,000mg/kg以下のもの)

2 申請書等の縦覧について

(1) 縦覧場所
  ・環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課
                (東京都千代田区霞ヶ関1-2-2 中央合同庁舎5号館23階)
  ・環境省中部地方環境事務所廃棄物・リサイクル対策課
                (愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2)
  ・石川県生活環境部廃棄物対策課
                (石川県金沢市鞍月1丁目1番地7階)
  ・金沢市環境局環境指導課
                (石川県金沢市東力町ハ284番地)

(2) 縦覧期間
  平成30年7月11日(水)から平成30年8月10日(金)まで

3 意見書の提出について

 無害化処理施設の設置に関し生活環境保全上の利害関係を有する者は、生活環境の保全上の見地から意見書を提出することができます。

(1) 提出先
  宛  先 環境省中部地方環境事務所廃棄物・リサイクル対策課
  郵便番号 460-0001
  住  所 愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2
  F A X 052-951-8889

(2) 提出期限
  平成30年8月24日(金)必着

(3) 提出方法
 ・事務所窓口  午前8時30分から午後5時までに持参すること
 ・郵送     提出期限内必着
 ・FAX     提出期限内に送信すること

(4) 記載事項(日本語で記載すること。)
  ア 生活環境保全上の見地からの意見
  イ 氏名及び住所
  ウ 利害関係を有する理由

問い合わせ先

環境局 環境指導課
電話番号:076-220-2521
FAX番号:076-260-7193
kanshi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。