本文へジャンプ

モニターレポート3

「金澤ふうライフ」体験モニターの活動紹介!

 

モニター  鈴木 さん
1日目 午後
市街地散策(近江町市場~長町武家屋敷跡)
2日目 午前
兼六園・金沢城公園散策
午後
和菓子づくり体験 (石川県観光物産館)
食文化体験(体感!金沢の旅 「金沢料亭巡りと、金沢芸妓のお座敷体験」)
活動レポート 活動の様子や感想、まちの印象など、活動期間中にいただいた声をご紹介します (600MB)pdf
体験記 モニター活動を終えて・・ 改めて、2日間を 金沢を、振り返っていただきました。
★体験活動はいかがでしたか?
(和菓子づくり)
駅ビルのひとフロアーが、オール和菓子でびっくり。綺麗、可愛い、上品!よし、私も作ろう、と挑戦。
色つきのあんこが、布巾や棒だけで菊の花に変身!出来は不満足でも、作れたことに感謝。
(料亭めぐり)
移築した古民家を傷めないように、暖冷房もひかえるとか。さすが老舗料亭。そうした日々の細やかな気遣いが、料理にも。2センチメートル程の小さな柿のつくりものに2日もかけるなんて!
(町家・武家屋敷通り・金沢九谷ミュージアム・金城楼・兼六園・市内散策)
空が広い。市内の景観が綺麗。ごみや放置自転車が見当たらない。金沢の人はポイ捨てしないのかしら?
伝統保存には、お金が掛かって大変そうだけれど、洗練された伝統美に囲まれて、技術や郷土愛が育ちそう。
 
★金沢の食べものはいかがでしたか?
 (近江町市場見学)
金曜夕刻、お店も品物も人もいっぱい。(土曜日は更に)焼き鯖寿司、さわら刺身、わかさぎ佃煮を安価で購入。
どれも美味!5時の閉店前には値引きサービスも。のどぐろ、かにも欲しかったのですが…。
さすが金沢、海産物が豊か。かまぼこやお麩の種類が多い。コロッケにも甘エビやたこ入り。
ライスコロッケって何かしら?
(料亭めぐり)
季節感を盛込んだ料理。手が掛かっているはずなのに、具材を生かした自然の味。器も盛り付けも綺麗。
食べるのがもったいない。抹茶がまろやかでおいしい。
(駅ビルランチ、チェーン店)
ランチサービスの煮魚定食風メニューが品数も多くおいしそう。(価格は千円を切っていた)
駅周辺に、東京で馴染みの格安コーヒー店・ラーメン店・牛丼店もあり、乏しいときでもまず大丈夫。
 
★もっと金沢で体験してみたいことは?
レンタサイクル「まちのり」を上手に利用すると、1日数百円で市内廻りができる?利用したい!
四季折々の、金沢の家庭料理を一通り食べてみたい。できれば自分で調理もしてみたい。
金沢近郊の方々の暮らしぶりや金沢港市場(いきいき魚市)の様子、地元スーパーも見てみたい。
石川県立美術館や中村記念美術館をゆっくり見学したい。金沢の歴史をもっと知りたい。
「水引(みずひき)」つくり体験してみたい。贈答や装飾のワンポイントとして生かせそう。
浅野川沿いに銭湯を発見。富士山の壁画はあるのかしら?一度入ってみたい。
 
★「金沢で暮らす」ことの魅力や良さは何だと思いますか?
 
東京の喧噪から逃れて、ゆったりとした時間が持てそう。しかも都市の暮しやすさもあって。
 地産の新鮮な魚と野菜を調理して食べるのが楽しみ。値段がほぼ同じならば「新鮮」がお得!
 かまぼこ、お麩、豆腐などの金沢ならではの加工食品や洗練された美しい和菓子も魅力的。
 金沢を拠点とすると、今まで行き難かった地域への小旅行・温泉めぐりが楽しめそう。
 ごった煮の東京と比べて、金沢は伝統に裏付けされた統一感・密着感があり、落ち着けそう。

★金沢滞在中に、気づいたこと、感じたこと。また、活動を終えて、今思うこと。
もてなしドームや鼓門・綺麗なまちなみ・歴史的建造物や文化遺産に観光都市金沢の自負や心意気を感じた。
道路に放置されたゴミが無い。放置自転車が見当たらない。「おもてなし」の心がこんなところにも。
同じ消費型の生活でも、文化的な施設が身近にあり、落ち着いた充実した時間を過ごせそう。
野菜づくりをしながらの田舎暮らしかと考えていたが、都会生活の便利さも悪くないなあ。
食品や日用品の値段は同じくらいのよう。家賃・不動産価格はどうかしら?
車が無くても生活できそう。
 
★現在、二地域居住や移住を検討中の皆さまに向けて、一言・・
現在、東京から4時間。ゆくゆくは2時間半になりそう。二地域居住にも便がよい。

問い合わせ先

都市整備局 定住促進部 住宅政策課
電話番号:076-220-2136
FAX番号:076-222-5119
jyuutaku-s@city.kanazawa.lg.jp