本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の市営住宅から入居資格
印刷用ページを表示する
 

入居資格

下記の条件をすべて満たすことが必要です。

ただし、特定目的住宅についてはさらに付加条件があります。

1. 現在住宅に困窮していることが明らかであること。

  • 持ち家の方や、現在公営住宅に入居している方、及び過去に自分の責任により住宅の明渡しを求められている方は申し込みできません。

2. 現に同居し、又は同居しようとする親族があること。

  • 親族には、婚約者及び事実上婚姻関係と同様の事情にある方も含まれます。
  • 婚姻予定の方は、入居月の翌月末までに婚姻届を提出することを誓約していただきます。
  • 家族を故意又は不自然に分割(又は合併)する世帯の申し込みはできません。
  • 兄弟姉妹のみの入居申し込みは原則として受付できません。

単身入居の特例

単身入居者については1.3.~6.に該当し、さらに次のいずれかに該当すること。
ただし、申し込みは1LKなど面積が小さい住戸に限ります。

 1 満60歳以上の方
 2 障害のある方(身体障害1~4級、精神障害1~3級、知的障害A・B)
 3 生活保護を受けている方
 4 市内の災害被害者、大臣認定被爆者等

 ※ 身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅において
    これを受けることができず、又は受けることが困難であると認められる方を除きます。

3. 金沢市に住所又は勤務場所を有していること。

4. 市町村税を滞納していないこと。

5. 入居しようとする世帯員の所得月額合計が、法令で定める金額以下であること。

※ 詳しくは、 収入基準 をご覧ください。

6. 暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員をいう)でないこと。

特定目的住宅入居の付加条件

高齢者向け住宅

60歳以上の方及びその同居親族が次の(ア)から(エ)のいずれかに該当する方。
(ア)配偶者
(イ)18歳未満の方
(ウ)障害者の方…
身体障害者手帳又は療育手帳の交付を受けた方で、その障害の程度が身体障害1~4級、精神障害1~3級、
             知的障害A・Bに該当する方。
(エ)60歳以上の方

シルバーハウジング

  • 60歳以上の方のみの世帯か、60歳以上の方とその配偶者の2人世帯。
  • 生活援助員のサービスを受け、その費用を負担できること。
    (月額 0円~4,900円)
  • 入居時にアナログ電話回線を設置すること。(携帯電話等は不可)

身体障害者向け住宅

  • 身体障害者手帳の交付を受けた方で、その障害の程度が1級~4級に該当する方。
    ※ ただし、一部には「生活援助員を利用する方」という付加条件がつく住宅があります。

車いす使用者向け住宅

  • 身体障害者手帳の交付を受け、その障害の程度が1級~4級に該当する方で、かつ、日常生活上常時車いすを使用する方。
    ※ ただし、一部には「生活援助員を利用する方」という付加条件がつく住宅があります。

問い合わせ先

都市整備局 定住促進部 市営住宅課
電話番号:076-220-2333
jyuutaku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。