本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の構想・計画の中の金沢市冬期バリアフリー計画から金沢市冬期バリアフリー計画 3-2
印刷用ページを表示する
 

金沢市冬期バリアフリー計画 3-2

3−2 冬期歩行者ネットワーク整備計画

1. 歩行者ネットワークの設定方針

歩行者ネットワークのイメージ図

歩行者ネットワークの設定にあたっては、歩行者数や歩行現況などから、整備の重要度や実現性に応じて、幹線、準幹線、住区内の3つのネットワークに階層化した。なお、重点整備地区内における駅、バス停、商業施設、業務施設、学校、病院等を結ぶ住民の歩行動線をもとに、歩行者ネットワークを設定した。

<考え方>

  • 住区内で発生する歩行者を準幹線ネットワークで集約し、都心軸を背骨とする幹線ネットワークへ誘導する。
 
区 分  設定方針
表 歩行者ネットワークの設定方針
幹線ネットワーク 金沢市の都心地区と副都心地区を結ぶ都心軸を歩行者ネットワークの背骨として位置づける。
幹線ネットワーク 行政が歩道除雪路線と位置づける路線及び、歩行者数の多い路線を準幹線ネットワークと位置づける。
住区内ネットワーク 住区内の細街路を面的に位置づける。

図 冬期歩行者ネットワーク
図 冬期歩行者ネットワーク

2. 歩行者ネットワークの対策主体と整備方針

幹線ネットワークは、主に行政が主体となって整備を行うが、幹線、準幹線、住区内ネットワークへとなるにしたがって、行政主体から市民主体へと移行する。

主体 区分 設定の考え方 整備方針
行政


市民
幹線
ネットワーク
金沢市の都市構造から、都心地区と副都心地区を結ぶ都心軸を歩行者ネットワークの背骨として位置づける。
  • 都心軸は、歩行者数も多く、広幅員歩道、無散水消雪、アーケード等が整備済みの区間が多い。
  • 未整備箇所については、散水・無散水により無雪化を図る。
  • 乗降客数の多いバス停では、バリアフリー整備を行うだけでなく、冬期においても休憩場所となるような拠点バス停の設置を図る
準幹線
ネットワーク
基本的には、歩行者数の多い路線及び、行政で位置づける歩道除雪路線を準幹線ネットワークと位置づける。
都心軸へのアクセス性を高め、重点整備地区全体を網的にカバーするネットワークである。
 
  • 主要施設へのアクセス路線や、商店街に面している路線など、歩行者数が特に多い路線である場合は、散水・無散水などによる無雪化を進める。
  • それ以外の路線については、歩道除雪によりネットワークを確保する。
  • 歩道除雪は行政が主体となって行うが、コミュニティ道路的な路線は、住民協力路線とし、行政は沿道の商店街や企業に対し、除雪道具の貸与等の支援を行い、官民一体となった除雪活動を行う。
住区内
ネットワーク
準幹線ネットワークで囲まれた住区内の細街路を位置づける。歩行者通行量は路線によって異なるため、面的に位置づける。
  • 歩車道分離されていない道路で散水融雪が整備されている路線や、道路除雪路線に指定されている路線もあるが、住区内の細街路すべてをハード整備するには予算上(初期投資、維持管理費用)も、水源確保の上でも、難しいため、基本的には、市民が主体的に除雪活動を行う。
  ポイント整備 ネットワークの不連続箇所及び、横断歩道部やバス停等、堆雪しやすい箇所を位置づける。
  • 整備済みの区間でも、堆雪しやすい箇所等については、ネットワークとしての整備効果を高めるためにも、連続性確保のためのポイント整備を行う。
  • 歩道関連:横断歩道部、横断歩道接続部、巻き込み部、側溝排水処理等 
  • 施設関連:地下道出入口部、橋梁など
  • 交通関連:バス停、タクシー乗り場など
  • そ の 他:安全上必要と思われる箇所
    (警告の視覚障害者誘導用ブロックなど)

3. 冬期歩行空間の整備メニュー

  • 歩行者ネットワーク路線では、基本的に歩行者利用率の高い広幅員歩道を優先的に整備を進め、整備済み路線やアーケードなどの既存施設と有機的に結合させ、無雪空間の拡大を図る。生活道路の除雪については、住民協力による除雪を基本とする。歩行者の集中する交差点、バス停等においては、局地的な融雪施設の整備を推進する。
  • 歩行者ネットワーク(幹線・準幹線)の整備では、歩道のバリアフリー化のための一般事項に加え、散水・無散水の防雪施設整備を行う。
  • 歩行者ネットワーク(住区内)の除雪については、歩車道分離されていない道路で散水融雪が整備されている路線や、金沢市の道路除雪路線に指定されている路線もあるが、基本的には住民協力による除雪を行う。
  • 交差点やバス停等のポイント整備を行う際は、防雪施設整備にあわせ、必要に応じて段差解消や滑りにくい舗装などの整備も行う。
  • 歩行者ネットワーク以外の路線でも、電線類地中化や舗装整備等に着手する場合は、一般事項を遵守することが、冬期のバリアフリーにおいても有効である。

表 冬期歩行空間の整備メニュー

区分 整備内容 小項目 ネットワーク整備 ポイント
施設整備 歩道等のバリアフリー整備 1. 歩道拡幅 幹線準幹線住区内整備
2. 縦断勾配の低減(5%以下)
3. 横断勾配の低減(1%以下)
4. 街渠工(勾配の低減)
5. 段差解消(2cm以下)
6. 塗装工雨水浸透工法
滑りにくい舗装材
7. 無散水消雪地下水無散水
(ロードヒーティング)電熱線式
ボイラー温水式
ヒートパイプ
施雪施設整備 8. 消雪パイプ路面散水
滲み出し
9. 沿道建築物アーケード  
1階部壁面後退  
雁木  
連続上屋  
10. 道路付属物バス停 
11. その他凍結抑制舗装 
グレーチング改良 
流雪溝   
歩道等の除雪 1. 歩道除雪(行政主導)  
2. 住民協力*VSPの活用  
小学校等との連携   
市民一斉除雪デー   

注)
※は、住民が主体となって整備を行うものである。その際、市の助成制度が活用できる場合もある。
※VSP…ボランティア・サポート・プログラムの略

問い合わせ先

土木局 道路管理課
電話番号:076-220-2321
FAX番号:076-220-2274
dourokanri@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。