本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の子育て・教育・スポーツの中の指定校変更制度
印刷用ページを表示する
 

指定校変更制度

平成31年度4月1日から、指定校変更の許可基準を一部改正しました。

以下、主な変更点
●特色ある教育活動(地域の特色を活かした学習、小中一貫教育の実践、特色のある学校行事、部活動等)を行う中学校への進学を希望するための指定校変更は、試行期間の満了をもちまして終了いたしました。
●兄、姉が卒業した金沢市立小・中学校を希望する場合も指定校変更ができるよう拡充しました。

指定校変更制度とは

 児童生徒の就学すべき金沢市立小学校・中学校は、住民登録の住所に基づき指定されます。
 指定校変更制度とは、就学すべき学校の指定を受けた後、児童生徒の個々の事由や状況等により、通学区域以外の金沢市立小学校・中学校に学校の指定を変更することができる制度です。

〇指定校変更制度の基準一覧

 
事由 内  容 対 象 手続きに必要なもの
1. 途中転居 在学中に転居し、引き続き在籍している学校を希望するとき小学校及び中学校の在校生※転居届出をする市民課、市民センターの窓口で申立て
2. 転居予定 転居することが確定した場合で、あらかじめ転居予定地の校区の学校を希望するとき小学校及び中学校の新入学生及び在校生転居の予定先の証明
(売買又は賃貸借契約書、建築確認申請書、工事請負契約書等の写し)
3. 昼間留守家庭 住民登録地において、昼間保護する者がいないため、預かり先等がある校区の小学校、あるいは保護者が勤務する地域の小学校を希望するとき小学校の新入学生及び在校生
 
保護者の勤務証明書
第三者の預かり証明書
4. 身体的理由 病気等の身体的理由で通学、通院の利便性、安全性について配慮する必要があるとき小学校及び中学校の新入学生及び在校生医師の診断書
(申立て理由に関連した内容記載のあるもの)
5. 教育上の配慮 (1)教育上の理由から指定学校変更が適切と認められるとき小学校及び中学校の新入学生及び在校生教育委員会が特に必要とする書類(学校長の所見、事由に応じた各種証明等)
(2)特別支援学級に在籍する児童生徒の兄弟姉妹が、その学級が設置されている学校を希望するとき教育委員会が特に必要とする書類(学校長の所見等)
(3)帰国子女、外国人の受入で特に配慮が必要なとき外国人就学願(外国人の場合)
(4)兄・姉の在籍校又は卒業校を希望するとき教育委員会が特に必要とする書類(卒業証明書等)
(5)家庭の事情により居住地が住民登録と異なるとき居住を証明する書類
6. 通学距離 通学距離がおおむね小学校で2㎞、中学校で4㎞を超える場合で、著しく通学距離が短縮される場合小学校及び中学校の新入学生及び在校生 
7.校区の変更
  (※)
住民登録地において、中学校の校区の変更があった場合で、変更前の中学校を希望するとき中学校の新入学生 
8. その他 (1)指定学校変更により在籍する小学校の指定中学校を引き続き希望するとき中学校の新入学生 
(2)指定中学校に希望する部活動がないとき教育委員会が特に必要とする書類(入部確認書等)
(3)小規模特認校(※)を希望するとき
   ※湯涌小学校・芝原中学校、内川小・中学校、医王山小・中学校
小学校及び中学校の新入学生及び在校生(事前に学校との面談等があります。詳しくは各学校までお問い合わせください。)
※平成28年4月に中学校の校区を変更した区域とし、令和4年度までの新入学生までの時限措置とします

 

申請の手続き

  1. 新1年生の手続き
    入学の前年9月上旬に「就学通知書」(はがき)を郵送します。
    就学通知書の到着後に、金沢市教育委員会教育総務課の窓口で手続きを行ってください。
    ※必要なもの・・・就学通知書、添付書類(必要な場合)
  2. 既に就学されている方の手続き(市内間で転居された方を除きます。)
    金沢市教育委員会教育総務課の窓口で手続きを行ってください。
    ※必要なもの・・・添付書類(必要な場合)

 

問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 教育総務課
電話番号:076-220-2431
FAX番号:076-260-7195
kyouiku_s@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。