本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市政情報の中の教員採用候補者試験・講師募集から金沢市教員採用候補者選考試験
印刷用ページを表示する
 

金沢市教員採用候補者選考試験

試験案内および実施状況

令和元年度
金沢市教員採用候補者選考試験案内

(金沢市立工業高等学校教員)

  • 受付期間
    • 令和元年 5月 7日(火)〜令和元年 5月31日(金) 
  • 第1次試験日
    • 令和元年 6月30日(日)
この選考試験は、金沢市立高等学校教員として令和 2年4月1日付け採用候補者を決定することを目的に実施するものです。

試験区分(教科)・採用予定数

試験区分(教科) 採用予定数
高等学校教諭地歴・公民若干名
数学
工業(機械)若干名
工業(電子情報)
工業(建築)

※申込書提出後の試験区分(教科)の変更は認めません。
※試験区分(教科)によっては、選考の結果、採用者がない場合もあります。

受験資格

次の条件をすべて満たす方が受験できます。

  1. 昭和45年 4月 2日以降に生まれた方で、出願する教科に対応する高等学校教育職員普通免許状を現に有している方 又は 令和 2年 3月31日までに取得見込みの方
  2. 教員の資質向上のために私立高等学校等との人事交流が実施された場合、数年間にわたる他校等での勤務を求められる場合があることに予め同意できる方
  3. 教科「工業」において、採用後は学科間で異動する場合があることに予め同意できる方
  4. 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格条項及び学校教育法(昭和22年法律第26号)第 9条に規定する欠格事由のいずれにも該当しない方
※この選考試験は、日本国籍を有しない方も受験できます。ただし、採用の際には任用の期限を付さない常勤講師(定年60歳)となります。

※旧免許状所有者で、生年月日が昭和49年 4月 2日から昭和50年 4月 1日、昭和59年 4月 2日以降の方、又は新免許状所有者で有効期間の満了日が令和 2年3月31日までの方は、令和 2年 1月31日までの間に免許状更新講習を受講する必要があります。

受験の特例

「受験資格」の要件を満たす方で、かつ、次の1.又は2.に該当する方は、第1次試験のうち、教養試験、専門試験を免除します。

  1. 受験申込日において現職教員(実習助手及び臨時的任用職員である常勤講師や非常勤講師を除きます。)であり、かつ、平成31年 3月31日現在、学校教育法に定める公立学校の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校 又は高等専門学校で 3年以上(ただし、休職、育児休業又は介護休暇の取得期間がある場合には、これらの期間を除算します。)勤務した経験を有する方
  2. 法人格を有する同一の民間企業又は官公庁等において、技術職の正規社員又は正規職員として平成31年3月31日までに5年以上(1.と同様、休職期間等は除算します。)勤務した経験を有する方で、受験申込日において、引き続き当該民間企業又は官公庁等の技術職の正規社員又は正規職員として勤務している方。(工業のみ)

なお、上記の特例で受験し採用候補者名簿登載者となった場合には、在職証明書を提出していただきます。在職等の確認ができない場合は、採用候補者名簿から削除されます。

試験の日時・場所・合否の通知

区分 試験の日時 試験会場 合否の通知
第1次試験 令和元年6月30日(日)
開始時刻 午前9時
※15分前までに到着のこと
金沢市立工業高等学校
金沢市畝田東1-1-1
TEL (076)267-3101
8月上旬に受験者全員に
郵送で通知します。
第2次試験 第1次試験の合格者に対し実施
令和元年 8月18日(日)
10月上旬に受験者全員に
郵送で通知します。

 

受験手続

提出
書類
・令和元年度金沢市教員採用候補者選考試験申込書      1通
・教育職員普通免許状の写し(A4版で旧免許状は両面とも) 1通(注1)
・連絡用封筒                       1通(注2)
提出先  〒920-8577 金沢市広坂1丁目1番1号
 金沢市教育委員会学校教育部学校職員課(金沢市役所5階)
受付
期間
令和元年 5月 7日(火)から令和元年 5月31日(金)まで   9時~17時45分
土曜日、日曜日、祝日は受付を行いません。
受付
方法
持参又は郵送で受け付けます。
郵送の場合は、令和元年5月31日(金)までの通信日付印(消印)のあるものを受け付けます。
受験票は、受験申込者全員に郵送します。

(注1)
 取得見込みの方は、受験申込みの際に教育職員普通免許状取得見込証明書を提出してください。また、教育職員普通免許状の姓と現在の姓が異なる方は公的機関の証明書(戸籍抄本)を提出してください。
 (注2)
志願者の郵便番号・住所・氏名を明記し、82円切手を貼付した長形3号(12cm×23.5cm)を用意してください。受験票を郵送するために使用します。6月17日(月)までに受験票が届かない場合には、申込書提出先にお問い合わせください。 

※提出された書類は、一切返却いたしません。
 提出書類の不備や必要事項の記載漏れがあった場合には、受付できないことがありますのでご注意ください。
 ※申込書は、当該ホームページ上からダウンロードのほか、市民センター、金沢市立工業高等学校事務局、石川県UIターン相談室(東京、大阪)、金沢市東京事務所(東京都千代田区平河町2-4-2全国都市会館5階505号 ℡03-3262-5519)等でも交付します。

※提出書類は、金沢市教育委員会学校教育部学校職員課のみで受け付けますのでご注意ください。

合格から採用まで

(1)最終合格者は、試験区分(教科)ごとに作成される採用候補者名簿に登載され、令和 2年 4月以降に
  名簿順に採用されます。
(2)採用候補者名簿の有効期間は、令和 2年度末までとします。
(3)現に試験区分(教科)に該当する教育職員普通免許状を有する方を除いて、令和 2年3月31日までに
  当該免許状を取得できなかった方は、採用候補者名簿から削除され、採用資格を失います。
(4)採用候補者名簿登載者以外に、欠員等を考慮して「補欠合格者」を決定することがあります。
  「補欠合格者」は、名簿登載者が不足した場合に名簿登載対象としますが、「補欠」としての効力は
  令和 2年3月31日までとします。
(5)令和元年度大学院修士課程在学1年目又は教職大学院専門職学位課程在学1年目の方が、
  採用候補者名簿に登載され大学院修了後の採用を希望し、下記の4項目をすべて満たす場合は、
  採用候補者名簿の登載期間を令和 3年 4月 1日まで延長します。

  • 申込書の「大学院修学継続による採用延期希望」の欄に○印をつけ、志願時に採用延期希望の意思表示をしていること。(申込後の申請は認めません。)
  • 採用候補者としての結果通知に同封する「大学院修学継続による採用延期願」と大学院の「在学証明書」を提出すること。
  • 受験した試験区分(教科)の教育職員普通免許状を令和 2年3月31日までに取得すること。取得できなかった場合は、採用候補者名簿から削除されます。
  • 受験した試験区分(教科)の教育職員専修免許状を令和 3年3月31日までに取得すること。取得できなかった場合は、採用候補者名簿から削除されます。

選考結果の通知

第1次試験の選考結果(合否)を受験者全員に郵送で通知します。
また、第2次試験の選考結果(最終合否)を第2次試験受験者全員に郵送で通知します。

試験の方法

  科目 内容 試験時間
第1次試験 教養試験公務員として必要な一般的知識、能力を問う試験
(出題分野は別表のとおり)
60分
専門試験教員として必要な専門知識を問う試験
(出題分野は別表のとおり)
60分
適性検査職務遂行に必要な素質、適性についての検査60分
教科実技教員として必要な専門技能を問う試験
(内容は別表のとおり)
集団面接人物についての集団面接
第2次試験 模擬授業与えられた内容についての模擬授業
口頭試問当日出題される専門的なテーマについて口述にて説明を求め
教員として必要な専門知識、能力を問う試験
個人面接人物についての個人面接

※その他、受験資格の有無・申込書記載事項の内容等についての審査を行います。

(別表)

区分 出題分野 出題形式
教養試験 社会、人文及び自然に関する一般知識並びに文章理解、判断推理
数的推理及び資料解釈に関する一般知能
択一式
専門試験
 
地歴・公民世界史、日本史、地理、政治経済、倫理
数学等式・不等式、微分・積分、三角比、指数・対数関数、数列、
確率・統計
機械数学・物理、物理化学、材料力学、流体力学、熱力学、電気工学
機械力学・制御、機械設計、機械材料、機械工作
電子
情報
数学・物理、電磁気学・電気回路、電気計測・制御
電気機器・電力工学、電子工学、情報・通信工学
建築数学・物理、構造力学、材料学、環境原論、建築史、建築構造、
建築計画(都市計画、建築設備を含む)、建築法規、建築施工
区分 実技内容 留意事項
教科実技 機械
電子情報
建築
①製図・持参品
 定規(20cm程度)、コンパス
②パソコン処理・使用予定のソフトウェア
 ワード2013、エクセル2013、
 パワーポイント2013

※目の不自由な方について、教養試験、専門試験の問題及び解答用紙を拡大して対応することができます。文字は、10ポイントのものを15ポイント程度に拡大します。(ただし、点字による試験は行っておりません。)
また、常時車椅子を利用されている方について、試験場所を変更することができます。
(ただし、試験時間に変更はありません。)
必要な方は、いずれの場合も申込書の「身体都合による受験の際の配慮」欄の「必要」に○印を付けてください。具体的な内容については、こちらから確認の連絡をします。

給与等及び待遇など

種類 内容
初任給 高等学校教諭約223,500円 (修士課程修了者)
高等学校教諭約202,800円 (大学卒業者)
※ただし、この額は平成31年 4月 1日現在における新規修了者・卒業者のもので、教職調整額を含みません。
なお、学校卒業後、職務経験等一定の経歴がある場合は、所定の金額が加算されます。
昇給 1年に1回
諸手当 期末手当、勤勉手当、扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、教員特殊業務手当等をそれぞれの支給条件に応じて支給
勤務時間 週 38時間45分
休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
有給休暇 年次有給休暇、病気休暇、特別休暇(結婚・出産・忌引等に要する休暇)
研修制度 各種研修制度あり

試験会場図

学校へのアクセス
[交通機関]バス:金沢駅西口から約15分、中橋から約10分、香林坊から約20分

申込書等ダウンロード

問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 学校職員課
電話番号:076-220-2445
FAX番号:076-220-2308
g_syokuin@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。