本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の子育て・教育・スポーツの中の生涯学習情報から「家庭で取り組む8つのすすめ」実践例(平成30年度・指針2)
印刷用ページを表示する
 

「家庭で取り組む8つのすすめ」実践例(平成30年度・指針2)

トップ

家庭教育とは

親の学び

みんなの学び

お役立ち資料

家庭教育コラム

相談窓口

指針2 きちんと守ろう 社会のルール 大人が手本


「子は親を映す鏡」、大人の行動を見ています。自らの行いを通じて、礼儀やマナー、言葉づかいを教え、良くないことはきちんと叱って善悪の判断ができるようにしましょう。

※掲載にあたって、誤字脱字等の修正を加える場合がございます。

 

◆実践例1

 我が家では3才くらいの頃からゴミ出しの手伝いをしてもらっています。資源ゴミの日は袋一杯に入ったペットボトルと空き缶をゴミステーションで分別してくれます。「あっこれお父さんのビールや」「あっこれこの前飲んだジュースおいしかったわ」となど楽しみながら。私の町会では度々違反ゴミがゴミステーションに残されています。大人になっても楽しみながら一緒にゴミを分別したことを忘れないでいて欲しいと思う母です。(保育園児の母)

◆実践例2

 我が家のルールとして、「2Fにはデジタル危機を持っていかない」というルールがあります。ゲームやタブレットなどは夜寝る前にリビングに置いてあるBOXの中に入れて就寝する事にしています。もちろん充電ケーブルも夜は親が管理して、ベッドの中でのインターネットやLINEなど出来ない様にしています。(中学生の父)

 


  次回の更新は3月を予定しています。
「指針3 声かけよう 笑顔であいさつ 朝一番」についての実践例をご紹介します。
 お楽しみに!
 

問い合わせ先

教育委員会 生涯学習部 生涯学習課
電話番号:076-220-2441
FAX番号:076-220-2488
syougaku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。