本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の子育て・教育・スポーツの中の生涯学習情報から「家庭で取り組む8つのすすめ」実践例(平成30年度・指針6)
印刷用ページを表示する
 

「家庭で取り組む8つのすすめ」実践例(平成30年度・指針6)

トップ

家庭教育とは

親の学び

みんなの学び

お役立ち資料

家庭教育コラム

相談窓口

指針6 伝えよう 心のこもった 「ありがとう」


「ありがとう」と言われたうれしさは、人やものに感謝する心を育みます。日頃から、子どもに感謝の言葉を伝えましょう。

※掲載にあたって、誤字脱字等の修正を加える場合がございます。

 

◆実践例1

 お隣の家から野菜を頂いたので、お返しに焼きたての食パンを持たせて「トマトありがとう。良かったら食べてください。」と伝えるよう子どもにお願いしました。他人とお話したいけれど、慣れていないのか恥ずかしがってしまい、はっきり言えなかったのですが、笑顔で「ありがとう」という気持ちを表現していました。感謝を伝えるときは、言葉だけでなく表情も大切なんだと思いました。(幼稚園児の母)

◆実践例2

 車の買い換えをしたときのことです。乗っていた車の引き取りが来た際、息子と一緒に車を見送って、私が息子に「今までありがとうって言わんなんよ。」と言うと、息子は「オレはさっき車に、今までいろんな所に連れてってくれてありがとうって話したよ。」と答えました。その言葉を聞いて、日頃「ちゃんとありがとう言いなさい。」と言ってきたことが伝わっているということと、思いやりのある子に育ってくれたことがとても嬉しく、車にも息子にも感謝の気持ちでいっぱいになりました。(小学生の母)

 


  次回の更新は7月を予定しています。
「指針7 育もう 子どもの健康 「早寝 早起き 朝ごはん」」についての実践例をご紹介します。
 お楽しみに!
 

問い合わせ先

教育委員会 生涯学習部 生涯学習課
電話番号:076-220-2441
FAX番号:076-220-2488
syougaku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。