本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の子育て・教育・スポーツの中の生涯学習情報から「企業で取り組む8つのすすめ」実践例募集
印刷用ページを表示する
 

「企業で取り組む8つのすすめ」実践例募集

トップ

家庭教育とは

親の学び

みんなの学び

お役立ち資料

家庭教育コラム

相談窓口

「企業で取り組む8つのすすめ」実践例を募集しました(令和元年度)

 会社で働く皆さんやそのご家族を対象に、子育てや家庭教育について企業でサポートしている取組について、「企業で取り組む8つのすすめ」実践例として募集をしました。
 応募いただいた実践例のうちいくつかをご紹介します。(掲載順は社名五十音順)
 

株式会社国土開発センター

写真

毎年、社員とご家族を招いて、業務へのご理解と英気をやしなう趣旨で「ご苦労様会」を開催しています。今年は7月、8月に小・中学生50名を含む総勢360名あまりの方が参加し、職場の人たちとも家族ぐるみで懇親を深める機会となりました。小・中学生からは、「お父さん、お母さんの職場の人と色んな話ができて楽しかった」仕事の活力は家庭から。少しでもお父さん、お母さんの仕事を理解する機会になったのではないでしょうか。

株式会社ことぶき

全社員の85%が女性ということもあり、平成20年から子育て支援を積極的に取り組んで参りました。これまでの様々な対応策により産休・育休取得率100%を維持しております。その中で育休取得者には様々な書類提出を依頼することがありますが、その際にはあえて郵送ではなく、お子様と共に会社に来て提出をして貰っています。お子様と一緒に来社することで、既存社員と本人や子どもとのコミュニケーションが促進され、復帰後も本人がスムーズに職場に馴染みやすく、既存社員も子育てを支援しているという意識が醸成され、お互い様という気持ちを持って仕事に取り組んでいます。

シオタニ株式会社

昨年度、就業規則改定の際に「子育て支援休暇」制度を新たに設けました。子女とふれあう時間を創造するための制度です。内容は、年5日を限度とし、子女が小学生を卒業するまで入園・入学や運動会、卒園・卒業、遠足、誕生日、参観日、面談日、各種発表会等の行事の際に年休、通常の有給とは別に取得できる制度です。昨年度は実際に学校行事5件、卒業式1件、参観日2件計8件の取得がありました。通常の有給申請と違うので申請がしやすくなり、心置きなくしっかりと子供の行事に参加できて嬉しかったとの声がありました。

田中昭文堂印刷株式会社

快適で効率的な職場にするため、毎月の5Sミーティングを通して整理・整頓を中心に活動を進めています。結果、仕事の生産効率が上がり残業時間が減り、綺麗な環境を維持しながら仕事ができることを学びました。社員の家庭では、子どもとの食事や会話をする時間が増え忙しい時にできなかった、手を止めて子どもの顔を見て会話をすることが出来るようになり、信頼・コミュニケーションで笑顔の家庭になった、とのことです。

みつぼしテクノ株式会社

筍が豊作の年に、社員の子供向けに「筍掘り体験」を開催しています。昨年は4月21日に保育園児2名が参加し、西谷農園の筍山で元気いっぱい筍掘りを体験しました。急な斜面でも、顔を題している筍を見つけると頑張って登り、お母さんと一緒に筍掘りをしました。又、椎茸の収穫も行いました。自然の中で、食材を収穫する大変さと喜び、大切にする心を育んで貰うと同時に親子の絆を深めました。

米沢電気工事株式会社

金城大学短期大学部准教授の米川先生をお招きして、「子どもの心の育ちを対応のポイント~子どもの心の発達を理解する~」をテーマに社内講座を開催しました。今まで家庭教育に関する講座を受けていなかった社員からは子育てに関して様々な「気づき」が得られたと大変好評でした。特に「受容」「支持」「繰り返し」などの「わかってやるための技法」は、カウンセリングの基本的な技法ということで家庭での実践はもとより業務の上でも役立つとの意見もありました。

そのほかの企業

・子育て支援団体「てけてけプー」代表 下川紀美子氏を講師に迎え、「子育てを楽しむためには」と題してママ&パパミーティングを開催しました。具体的に子供と一緒に遊ぶ方法や、夜帰宅後に子供とできる遊びを学び、ワークショップ形式にて参加者同士で意見交換を行いました。参加者からは「子育てに関する様々な考え方や悩みを共有できてよかった」等の声が聞かれ、仕事と子育てをうまく両立させるための気づきとなりました。

・自社におきましては、「子育てと仕事の両立」ということで、時短契約ができるようになっております。社員それぞれの生活に合わせて時間を調整し、家族と過ごす時間を増やし、安心して子育てができれば、笑顔が増えますし、仕事の効率も考えるようになるのではと考えております。女性が多い職場にて、女性がキラキラとかがやき、充実感を持って自己肯定感を高められることは、これからの時代、子供達が未来に明るい希望を持てるようになるためにとても大切だと思います。

問い合わせ先

教育委員会 生涯学習部 生涯学習課
電話番号:076-220-2441
FAX番号:076-220-2488
syougaku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。