本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の子育て・教育・スポーツの中の生涯学習情報から家庭教育だより No.4
印刷用ページを表示する
 

家庭教育だより No.4

トップ

家庭教育とは

親の学び

みんなの学び

お役立ち資料

家庭教育コラム

相談窓口

No.4 一緒に悩んで

平成30年9月1日掲載
中学2年生の父親

 「なんで自学せんなんが…」
また始まった。宿題に嫌々取り組む娘のいつものセリフだ。中学生になってからは特によく聞く。そんなとき、私は決まって「文句ばかり言っていても宿題は減らんから。やらんなんこと、早くやろ。」と返すばかり。気が付けば、娘はだんだん自分のことを言わなくなり、部活動や登校まで渋るようになっていた。

イメージイラスト

 そういえば、自分自身が中学生の頃、“納得いかないこと”を一緒に考えてくれる大人がいて欲しかった。友だちのこと、先生のこと、部活動のこと…。自分の説明が足りないことはわかっていた。矛盾があるのもわかっていた。きっと娘も同じなんじゃないかな。
 宿題や自学をする理由はいくつもある。でも、娘の心に響く納得解は、今はよくわからない。だから耳を傾けよう。一緒に悩んで、一緒に考えよう。
 今日も娘は隣でぶつぶつ言いながら、自学でおきまりの漢字練習をしている。「精髄、変貌…。何と難しい漢字を習うようになったんやろか。」と私が一言。「そうねんて。漢字もそうやけど意味がムズイ。」「確かに。」でも、そういえば最近、娘が何か変わってきたような…。少しずつ、会話も表情も明るくなってきた。
 先日、中学校で流行りのアイドルを教えてもらった。どうやら今年の忘年会はTWICEで決まりのようだ。娘よ、ダンスレッスン、どうかよろしくお願いします。
 

問い合わせ先

教育委員会 生涯学習部 生涯学習課
電話番号:076-220-2441
FAX番号:076-220-2488
syougaku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。