本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の子育て・教育・スポーツの中の生涯学習情報の中のキゴ山ふれあい研修センターの中のふれあい研修センター(こども/天文)から日本宇宙少年団金沢支部 入団案内
印刷用ページを表示する
お問い合わせ

(こども交流棟/天文学習棟)
電話:076-229-1141
FAX:076-229-2511
〒920-1141
金沢市平等本町カ13-1

受付時間

AM8:30~PM5:15
(宿泊団体がある場合は、この限りではありません。)

休館日

毎週月曜日
(祝日の場合はその翌日)
年末年始
(12月29日から1月3日まで)

 

日本宇宙少年団金沢支部 入団案内

日本宇宙少年団とは?

日本宇宙少年団(愛称:YAC(ヤック))は昭和61年8月に「科学万博85」のポスト事業として設立・発足した団体です。「宇宙の子」「科学の子」「地球の子」の3つを柱に「『宇宙時代の地球人』を育てる」をキャッチフレーズに全国で活動しています。「宇宙時代の地球人」という言葉には、「誰もが宇宙に行くことができるようになる時代に、自分の育った町のように地球を自分の故郷として愛し、グローバルな視点でこの星のいのちを大切にしながら生きる人」という意味が込められています。

  • 「宇宙の子」・・・宇宙の夢を育てる(体験や学びを通じて「宇宙」を感じる) 
  • 「科学の子」・・・科学する心を育てる(不思議を発見し、継続的に探求し、工夫し、創造する)
  • 「地球の子」・・・つながり、広がる心を育てる(宇宙・自然・社会・科学技術のつながりを知り、いのちを大切にする)

東京に本部があり、理事長は漫画家の松本零士さんで、宇宙飛行士の山崎直子さんらがアドバイザーをつとめています。

金沢支部は?

金沢支部は平成7年7月に全国で6番目の支部として設立されました。銀河の里キゴ山に事務局を置き、中央分団(エンデバー)、南分団(ディスカバリー)、北分団(コロンビア)の3つの分団が金沢市内の小学校を主な会場として活動しています(平成30年度の会場校は、中央分団が中央小学校、南分団が泉野小学校、北分団が明成小学校)。

宇宙少年団に入ると・・・

5月から翌3月まで月1回、土曜日の午前中に2時間活動するのが基本となります。活動内容は、分団長やリーダー(学校の先生方や学生ボランティア)が企画しています。日程や内容が詳しく決まるのは平成31年度に入ってからになりますので、予定表はそれ以降に送付します。また東京の本部からは、宇宙教育情報誌「宇宙(そら)のとびら」が定期的に自宅に届くようになります。

申込について

1月中旬から2月中旬
入団申込み書 (57kbyte)pdf

問い合わせ先

キゴ山ふれあい研修センター(こども交流棟/天文学習棟)
電話番号:076-229-1141
FAX番号:076-229-2511
tentai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。