本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市議会の中のかなざわ市議会だよりから産業と農林
印刷用ページを表示する


工事契約の変更は税金のむだ遣いでは【森尾嘉昭議員・日本共産党】
局地的な集中豪雨への対策を【田中仁議員・市民】
加賀野菜の生産拡大と後継者の育成確保は【宮崎雅人議員・自民党】
消費者の水産物離れへの対応は【松村理治議員・市民】
イノシシ被害への対応は【大桑進議員・日本共産党】
体験型修学旅行の誘致に取り組んでは【高岩勝人議員・自民党】
ぬくもりの教室の整備拡充を【清水邦彦議員・市民】
「チーム金沢」を結成しては【安居知世議員・自民党】
 
工事契約の変更は税金のむだ遣いでは【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問粟崎地区工業用地造成地で粘土質の土砂が見つかり、砂地と入れかえるための追加工事3,800万円が議案として提出されているが、そんなことは最初からわかっていたはずであり、税金のむだ遣いではないのか。

粟崎地区工業用地
答弁この場所は、金沢港の利用促進、産業集積の観点から必要不可欠な工場適地である。企業の立地基盤整備は本市の責務であり、粘性土をすべて除去し、地質の均一化を図ることは、工業用地造成のために必要なことである。(市長)
▲TOPへ
 
局地的な集中豪雨への対策を【田中仁議員・市民】
質問8月20日未明の集中豪雨による最も深刻な被害は、浅野雨水ポンプ場が冠水により機能停止に陥ったことである。専門家による調査委員会が設置されるとのことだが、検討される課題と今後の対応を伺う。
答弁調査委員会では、下水処理施設の構造や処理能力、施設の運転管理体制や操作マニュアル、さらに当日の運転操作状況についても調査し、災害の原因究明を行う。今後、調査委員会からの答申を踏まえ、必要な改善に取り組んでいきたい。(公営企業管理者)
▲TOPへ
 
加賀野菜の生産拡大と後継者の育成確保は【宮崎雅人議員・自民党】
質問金時草などの希少な加賀野菜は、栽培が難しく、収穫量が少ないため、後継者や産地の維持も難しいが、生産拡大や後継者の育成確保についてどのような振興策を講じていくのか。
答弁展示圃を設置し、栽培研修会や個別の指導を行いながら、生産農家の掘り起こしに鋭意取り組んできており、さらなる充実強化をしていきたい。また、来年1月に卒業する農業大学校の研修生を新たな生産者として育成し、生産拡大に努めていきたい。(農林部長)
▲TOPへ
 
消費者の水産物離れへの対応は【松村理治議員・市民】
質問日本海の魚は金沢を代表する食材の一つだが、中央卸売市場の水産物の取り扱い金額は年々減り続けている。要因として、流通形態やライフスタイルの変化が考えられるが、消費者の水産物離れにどのように対応しているのか。
答弁市民に魚のよさを知ってもらうことが大事であり、「旬の食普及事業」や「親子で楽しむおさかな塾」など、魚のおいしさや食べ方などを伝える体験事業を実施している。今後とも積極的に中央卸売市場をPRし、消費の拡大に努めたい。(中央卸売市場長)
▲TOPへ
 
イノシシ被害への対応は【大桑進議員・日本共産党】
質問8月末に山間部において、収穫前の稲にイノシシによる被害が発生し、さらに被害が広がる恐れがあるとしてイノシシ被害多発警報が発令された。対策として音や光、においが効果的と言われているが、市としてどのように対応したのか。
答弁市としては、電気さくの設置に補助を出したが、水稲被害が拡大したため、緊急対応としてイノシシ被害多発警報を発令するとともに相談窓口を設置した。今後も地域と連携し、監視・指導を続けていきたい。(市長)
▲TOPへ
 
体験型修学旅行の誘致に取り組んでは【高岩勝人議員・自民党】
質問体験型修学旅行の積極的な誘致活動は、本市の活性化に向けた取り組みとして重要である。民間の旅行会社とともに知恵を出し合い、目標数値を決めて積極的に取り組んではどうか。
答弁本年度、観光戦略については、数値目標を立てて取り組みを強化し、具体的には、民間事業者と協力して伝統工芸の体験プログラムなどを組み入れていきたい。また、修学旅行の体験学習型ガイドブックを作成し、三大都市圏の中学・高校での配布を計画している。(市長)
▲TOPへ
 
ぬくもりの教室の整備拡充を【清水邦彦議員・市民】
質問市内の3小学校で杉間伐材を使った「ぬくもりの教室」が整備され、環境に優しく、子供の情操教育にも資すると期待している。この事業を他の小中学校や保育所を初め、公共施設整備に拡充していくべきではないか。
答弁森林の再生、金沢産材の利活用の視点から「ぬくもりの教室」を整備したが、先生や子供たちから好評を得ている。整備した小学校でアンケート調査を行い、どういう施設で、どのような利活用が有効か、さらに検討していきたい。(市長)
▲TOPへ
 
「チーム金沢」を結成しては【安居知世議員・自民党】
質問金沢漆器や金箔に代表される金沢の職人は、あくまでもものづくりに専念しており、販売が得意なわけではない。そこで新たな枠組みとして、美術工芸大学や21世紀美術館、地元企業が連携して商品開発・販売を行う「チーム金沢」を結成してはどうか。
答弁「ライフ&ファッション 金沢ウィーク」は、美術工芸大学と地元企業が連携して商品開発を行い、販売に結びつけている。そういう意味で「チーム金沢」と同様のねらいを持っていると理解してほしい。(市長)
▲TOPへ


戻る
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。