本文へジャンプ

福祉と安全

小児救急医療体制の現状と課題は【松井純一議員・公明党】
自殺対策専門窓口の設置を【不破大仁議員・自民党】
アートを活用して障害のある人の自立支援を【角野恵美子議員・公明党】
原油高騰への積極的な対策を【升きよみ議員・日本共産党】
緊急地震速報対応マニュアルの策定を【小林誠議員・市民】
介護保険料の引き下げを【森尾嘉昭議員・日本共産党】
危機管理監の設置を【黒沢和規議員・自民党】
障害者自立支援法に対する考えは【粟森慨議員・市民】

 
小児救急医療体制の現状と課題は【松井純一議員・公明党】
質問小児救急医療体制の未整備地域の約8割は医師不足を理由に挙げ、整備済みの地域でも受診の空白時間帯を生じているところが2割程度あるが、本市の小児救急医療体制の現状と課題を伺う。
答弁金沢市においては、受診の空白時間帯はない。今後、一次救急対応の診療所と二次、三次救急対応の医療機関との有機的な連携体制を確立していくことが課題である。(市長)
▲TOPへ

 
自殺対策専門窓口の設置を【不破大仁議員・自民党】
質問自殺対策として、本市以外の中核市の34市中、5市が独自に協議会や庁内会議を設置し、2市が専門窓口を設けている。本市においても、自殺対策の専門的な窓口あるいは専門会議等を設けてはどうか。
答弁福祉健康センターでは、精神疾患に関する精神相談事業や、うつ予防連絡会を開催し、関係機関のネットワークづくりを推進している。全庁的な連携体制を密にして、自殺予防の確実な成果につなげたい。(福祉健康局長)
▲TOPへ

 
アートを活用して障害のある人の自立支援を【角野恵美子議員・公明党】
質問本市では、平成19年4月から障害者就労活動支援事業として、すぐれた芸術的才能を持つ知的障害のある人を発掘し、アートによる自立を目指す取り組みをしているが、今後はどのように取り組んでいくのか。

湯涌創作の森
答弁現在、2人が湯涌創作の森で絵画制作に取り組んでいる。この事業を、障害のある人の自立につながる就労の新分野と考えており、今後も知的障害のある人の芸術的才能を見出し、創作活動等を支援していきたい。(市長)
▲TOPへ

 
原油高騰への積極的な対策を【升きよみ議員・日本共産党】
質問原油高騰により、消費者を初め中小企業などから悲鳴が上がっており、政府・与党も灯油代補助支援や中小企業向け貸し付け支援等を進めようとしているが、本市としても積極的な対策が必要ではないか。
答弁市としては国の動向も見なければならないが、大変心配しており、それぞれのセクションで対応を検討している。急を要する面もあり、適正に、時を逸することのない対応をしたい。(市長)
▲TOPへ

 
緊急地震速報対応マニュアルの策定を【小林誠議員・市民】
質問緊急地震速報への対応について、さきの定例会で市長は、学校などでの実験の検証結果を注視したいと答弁したが、今後、本市の小中学校、市立病院など各種公共施設における緊急地震速報対応マニュアルの策定について、どう考えているのか。
答弁緊急地震速報の導入に当たっては、対応マニュアルの策定と訓練が必要と考えており、来年度、市庁舎など数カ所をモデル施設に選定し、施設に応じたマニュアルを作成するとともに、訓練も実施したい。(市民局長)
▲TOPへ

 
介護保険料の引き下げを【森尾嘉昭議員・日本共産党】
質問本市では、平成18年に介護保険料の基準額を、3,930円から4,750円へと20パーセントも引き上げたが、決算では一転して5億800万円の黒字となった。介護保険料を引き下げるべきではないか。
答弁介護保険費特別会計の平成18年度決算は、介護給付の適正化による保険給付の減などから黒字となった。保険料は18年度から20年度までの3カ年の収支を見込んで設定しており、引き下げは考えていない。(市長)
▲TOPへ

 
危機管理監の設置を【黒沢和規議員・自民党】
質問災害時等に各部局を掌握し、他自治体や各関係機関などと連絡調整を図り、一体的かつ迅速、機動的対応を行う総括責任者として、危機管理監を置くことを検討してはどうか。
答弁広く市民の生命・財産を脅かす事案に対処するため、ことし立ち上げた安全安心政策会議が、危機情報の共有・一元化と、対応の意思決定を担っていく。危機管理監の設置は、最近の被災都市での危機管理体制を検証する中で研究していきたい。(市長)
▲TOPへ

 
障害者自立支援法に対する考えは【粟森慨議員・市民】
質問障害者自立支援法は、利用者の生活水準の低下と事業者の運営継続が困難となる状況を招いた。今後、さらに法改正が想定され、市町村や障害のある方に混乱を来すことが危惧されるが、市長はどのような制度改正が必要と考えるか。
答弁いまだに制度の変更がなされており、利用者や事業者に不安と混乱を招いたと率直に思う。制度改正に当たっては、将来にわたって障害のある方が、地域で安心して暮らせる制度となるよう望んでいる。(市長)
▲TOPへ


戻る